アーカイブ - 2012年 3月 28日

E1278 - 書架は不要(2):電子書籍の利用と管理<文献紹介>

E1278 - 書架は不要(2):電子書籍の利用と管理<文献紹介>

本書は『書架は不要:図書館における電子書籍』(E1131参照)の続編に当たり,電子書籍が紙の書籍の売り上げを超えるなど電子書籍市場が転換点を迎え,その対応に取り組んでいる米国の図書館における電子書籍及び電子書籍リーダーの利用と管理について検討している。編者のポランカ(Sue Polanka)氏は米国オハイオ州に本部を置くライト州立大学図書館の参考調査担当課長であり,各章の執筆者は大学図書館員,学校図書館員,公共図書館員,大学教員,ベンダーである。...

E1277 - 2020年,学術論文の90%はOA誌に掲載される?<文献紹介>

E1277 - 2020年,学術論文の90%はOA誌に掲載される?<文献紹介>

2006年創刊のオープンアクセス(OA)誌PLoS ONEは,2011年には1年間で約14,000本の論文を掲載する世界最大の学術雑誌となった。同誌のように著者が支払う掲載料を収入源とし,広い分野を対象に,多数の論文を簡単な査読の下で出版するOA誌は「OAメガジャーナル」と呼ばれ,PLoS ONEの成功を受け,他の商業出版社も相次いで同様のOA誌を創刊している。...

E1276 - Google助成のデジタル人文学プロジェクトから得られた教訓

E1276 - Google助成のデジタル人文学プロジェクトから得られた教訓

米国のイリノイ大学アーバナシャンペーン校のバーベル(Virgil E. Varvel Jr.)氏らによるレポート“Google Digital Humanities Awards Recipient Interviews Report”(2011年12月付)は,同大学とインディアナ大学が共同で設立したHathiTrustリサーチセンター(HTRC)の今後の在り方を考える上での検討資料として作成されたものである。Googleは2010年7月にデジタル人文学研究プロジェクトへの助成を発表しており(E1081参照),そこでは資金面だけでなく,Googleブックスプロジェクトが抱える膨大な量のデジタルテキストデータを研究者へ提供している。そのため,HathiTrust(CA1760参照)の有するデジタルテキストの活用を支援する目的で設立されたHTRCにとっては,同様の研究支援を行っているGoogleの助成プロジェクトから学ぶところがあると判断したものと思われる。...

E1275 - シンポジウム「東日本大震災の記録の収集と保存」<報告>

E1275 - シンポジウム「東日本大震災の記録の収集と保存」<報告>

2012年3月14日,国立国会図書館(NDL)東京本館で,シンポジウム「東日本大震災の記録の収集と保存-震災アーカイブの構築に向けて-」が開催された。その様子はNDL関西館へも中継され,合計270名が参加した。シンポジウムでは3本の講演及び報告に続いてディスカッションが行われた。...

E1274 - 東日本大震災後の図書館等をめぐる状況(2012/3/28現在)

E1274 - 東日本大震災後の図書館等をめぐる状況(2012/3/28現在)

東日本大震災後の図書館等をめぐる状況について,『カレントアウェアネス-E』での既報(E1155E1161E1166E1172E1177E1205E1222E1248E1263参照)に続き,2012年2月下旬から3月下旬にかけての主な情報をまとめた。...

『カレントアウェアネス-E』212号発行

英オックスフォード大学インターネット研究所、iBooks Authorを利用した初のデジタル教科書を公開

2012年3月22日に、英国オックスフォード大学のインターネット研究所(Internet Institute)が、アップル社のiBooks Authorを活用して作成した、初のデジタル教科書を公開したようです。公開された“Geographies of the World's Knowledge”は、2011年に刊行された同名の文書をiBooksとして作りなおしたもので、デジタル時代における情報の拡散の在り方について、テキストとグラフを用いてまとめているようです。なお、“Geographies of the World's Knowledge”はiTunesを通じて無料でダウンロードできるようです。

Geographies of the World's Knowledge by Mark Graham, Monica Stephens, Scott A. Hale & Kunika Kono (iTunesでの紹介ページ)
http://itunes.apple.com/us/book/geographies-worlds-knowledge/id508820339?ls=1

岩手県立図書館、館報「としょかんいわて」2012年3月号で東日本大震災特集2

岩手県立図書館が、館報「としょかんいわて」のNo.170(2012年3月号)で、「東日本大震災特集2:大震災から1年を迎えて~県内図書館の取り組み~」という特集を組み、以下の県内6館からの報告を掲載しています。

・洋野町立種市図書館「海辺の図書館の使命」
・北上市立中央図書館「山田町立図書館への支援」
・遠野市立図書館「震災以降の図書館の取り組み」
・奥州市立胆沢図書館「東日本大震災からの取り組み」
・大船渡市立図書館「大震災後の1年を振り返って」
・一関市立一関図書館「震災からこの1年の取り組み」

としょかんいわて No.170(岩手県立図書館 2012/3/27付け情報)
http://www.library.pref.iwate.jp/0311jisin/info/info_20120327.html

電子書籍版ハリー・ポッターが販売開始

2012年3月27日、J・K・ローリング(J.K. Rowling)氏による「ハリー・ポッター」シリーズ全7巻(英語版)の電子書籍版とオーディオブック版が、ウェブサイト“Pottermore”で販売開始になったようです。電子書籍版のフォーマットはEPUBとKindle、オーディオブック版はmp3とされています。価格(English(GB)版)は1~3巻が4.99ドル、4~7巻は6.99ドルとなっています。INFOdocketの3月27日付け記事には、OverDrive社が図書館向けに販売する際の価格は、1~3巻が22.95ドル、4~7巻は26.95ドルという情報が記載されています。

J.K. Rowling’s Pottermore Website Starts Selling Harry Potter E-Books(INFOdocket 2012/3/27付け記事)
http://infodocket.com/2012/03/27/j-k-rowlings-pottermore-website-starts-selling-harry-potter-e-books/

J.K. Rowling's Website Starts Selling Harry Potter E-Books(WSJ.com 2012/3/27付け記事)

NPO法人キャンサーリボンズらと図書館の協働による「がんと暮らす情報コーナー」設置プロジェクト

がん患者を支援するNPO法人キャンサーリボンズ、アフラック社、図書館の三者が協働し、闘病記文庫の付近等の図書館内に、キャンサーリボンズや企業が作成した冊子を並べた「がんと暮らす情報コーナー」を設置するという活動が行われているようです。2011年12月から、神奈川県の川崎市立麻生図書館、静岡県の三島市立図書館、静岡県立こども病院図書室、鳥取県立図書館の4館で試験導入が始まり、利用者の好評を得たため今後も継続設置されるそうです。同プロジェクトでは2012年内に更に10館でのコーナー設置を目指しているそうです。

NPO法人キャンサーリボンズ×図書館×アフラック 「がんと暮らす情報」プロジェクト(PDF:2ページ)
http://ribbonz.jp/assets/files/press-20120309.pdf

キャンサーリボンズと図書館とアフラックによる「がんと暮らす情報コーナー」プロジェクトのニュースリリースを配信しました。(キャンサーリボンズ 2012/3/7付けプレスリリース)
http://www.ribbonz.jp/news_index/140.htm

がんについて考える(タウンニュース 2012/3/16付けニュース)
http://www.townnews.co.jp/0205/2012/03/16/138690.html

ITHAKA S+R、英国の化学研究支援担当者へのインタビュー調査をまとめた中間報告書を公開

2012年3月27日に、米国の非営利団体ITHAKAの戦略・研究部門であるITHAKA S+Rは、調査プログラムResearch Support Services for Scholars(RSS4S)において、中間報告書である“Interim Report: Interviews with Research Support Professionals”を公開しました。この中間報告書では、英国で化学研究を支援する立場の専門職に対して、研究者の研究ニーズや実際の研究活動のあり方等についてインタビュー調査した結果をまとめたもののようです。なお、RSS4Sは、類似のレポートとして、歴史学研究への支援を担当する職員等へのインタビュー調査をまとめた中間報告書を2月14日に公開しています。

Interim Report: Interviews with Research Support Professionals (PDF)
http://www.researchsupportservices.net/wp-content/uploads/2012/03/IthakaSR_ChemistryProject_InterimReport_03272012.pdf

ネルソン・マンデラ氏のデジタルアーカイブが公開

2012年3月27日に、南アフリカ共和国の元大統領ネルソン・マンデラ氏の写真や動画、書簡や私文書等を提供する“Nelson Mandela Digital Arhives”が公開されました。これは、Nelson Mandela Centre of MemoryとGoogleとの協同で開発したもので、ネルソン・マンデラ氏の生涯をたどりながら、その時々の資料と解説を提供するもののようです。

Nelson Mandela Digital Archives
http://archives.nelsonmandela.org/

米国ノースダコタ州の図書館ネットワークODINが、Ex Libris社の図書館システムAlephのクラウド版“AlephPlus”を導入

米国ノースダコタ州の様々な館種の60以上の図書館が参加するネットワーク“Online Dakota Information Network”(ODIN)が、導入しているEx Libris社の図書館システムAlephを、同社のクラウド環境へ移行させたと発表しました。このサービスは“AlephPlus”と呼ばれているようです。ODINがクラウドへの移行を選んだ「切実な」理由のひとつとして、Ex Libris社にインフラの管理やAlephの更新を任せることで、ODINのスタッフは加盟館に対するサポート等に集中できるという点が挙げられています。なお、Ex Libris社は図書館システムVoyagerに対してもクラウド版となる“VoyagerPlus”を提供しているようです。

ODIN migrates to the Ex Libris Cloud by upgrading to AlephPlus(Library Technology Guides 2012/3/27付けプレスリリース)
http://www.librarytechnology.org/ltg-displaytext.pl?RC=16688

ODIN
http://www.odin.nodak.edu/

VoyagerPlus
http://upgradevoyager.com/

【イベント】日本アーカイブズ学会2012年度大会(4/21-22・東京)

2012年4月21日と22日に、学習院大学で日本アーカイブズ学会2012年度大会が開催されるそうです。21日には日本アーカイブズ学会登録アーキビストに関する規程案の審議を含んだ総会や、ベトナム国家記録アーカイブズ局局長・ICA副会長のヴー・ティ・ミン・フォン博士による講演会が行われる予定です。22日には、午前中に様々なテーマの自由論題研究発表会が、午後には「東日本大震災1年―これまでの活動と今後の課題―」をテーマとする企画研究会が行われるそうです。

日本アーカイブズ学会2012年度大会について(日本アーカイブズ学会 2012/3/27付けニュース)
http://www.jsas.info/modules/news/article.php?storyid=101

「日本アーカイブズ学会登録アーキビスト(仮称)」の資格認定制度の提案の「別案」が公開
http://current.ndl.go.jp/node/19760

【イベント】図書館総合展フォーラム2012 in 仙台「東日本大震災とMALUI連携」(5/27)

2012年5月27日に、宮城県仙台市の東北大学川内北キャンパスで「図書館総合展フォーラム2012 in 仙台」が開催されることが発表されました。参加申し込みの受付が開始されています。同フォーラムでは、「東日本大震災とMALUI連携」をテーマとし、今後の防災・減災や、震災のアーカイブ化を始めとする「知のインフラ」の構築に関した講演、事例報告、パネルディスカッションが行われるそうです。あわせて、翌28日には東北の被災地を巡るオプショナルツアーが開催されるそうです。なお、「MALUI連携」とは、博物館・美術館(Museum)、文書館(Archives)、図書館(Library)、大学(University)、産業(Industry)の連携を指す用語とのことです。

図書館総合展フォーラム2012 in 仙台、開催のお知らせ(第14回図書館総合展)
http://2012.libraryfair.jp/node/285