アーカイブ - 2012年 10月 4日

東京文化財研究所、明治期美術雑誌『みづゑ』の創刊号から10号までをデジタル化して公開

2012年10月4日、東京文化財研究所が、「東京文化財研究所所蔵資料アーカイブズ『みづゑ』の世界」(試行版)を公開しました。同研究所では、国立情報学研究所(NII)と協力して明治期の美術雑誌『みづゑ』のデジタル化作業を行っており、まずは試行版として明治38年の創刊号から明治39年の10号までをPDFファイルで公開しています。

東京文化財研究所所蔵資料アーカイブズ「みづゑ」の世界
http://mizue.bookarchive.jp/

参考:
東京文化財研究所、美術雑誌『みづゑ』の明治期刊行分のデジタル化を進行中
http://current.ndl.go.jp/node/19347

Serials Solutions社のウェブスケール図書館業務管理システム“Intota”は現在開発パートナー向けリリース第2弾のテスト中

2012年10月3日、米Serials Solutions社が、ウェブスケール図書館業務管理システム“Intota”の開発状況について、現在、開発パートナー向けリリースの第2弾を提供し、利用してもらっているところだと発表しました。

Serials Solutions® Announces Second Development Deployment for Intota™ Library Management(Serials Solutions 2012/10/3付けプレスリリース)
http://www.serialssolutions.com/en/news/detail/serials-solutions-announces-second-development-deployment-for-intota-librar

参考:
E1307 - 次世代型図書館業務システム主要5製品の特徴とその現状
http://current.ndl.go.jp/e1307

E1282 - 2012年の図書館システム市場動向は?(米国)
http://current.ndl.go.jp/e1282

Serials Solutions社がウェブスケール図書館業務管理システム“Intota”の開発パートナーを発表

フィンランドの公共図書館におけるグリーンライブラリーの示し方(記事紹介)

国際図書館連盟(IFLA)のIFLA Journal誌の2012年10月号に、Vallila Library(ヘルシンキ市図書館の1つ)におけるグリーンライブラリーとしての活動が紹介されています。同館は、ヘルシンキ市環境センター(Helsinki City Environmental Center)のEcoCompass環境ラベルを与えられた最初の図書館とのことですが、グリーンライブラリーとして、建物の環境への配慮やリサイクルなどへの取組みだけでなく、図書館サービスの面においてもグリーンライブラリーとしてのあり方を問い直し、環境問題に関する情報へのアクセスの促進や、環境問題にフォーカスしたイベントの開催するなどしたとのことです。

Ref.
Showing the green way: Advocating green values and image in a Finnish public library
Harri Sahavirta 239p~
http://www.ifla.org/files/hq/publications/ifla-journal/ifla-journal-38-3_2012.pdf

Out now: October 2012 issue of IFLA Journal(2012/10/3)

日本科学未来館の企画展「科学で体験するマンガ展」で、震災被害により閉館中の「石ノ森萬画館」の資料が特別展示中

日本科学未来館で2012年7月7日から開催されている企画展「科学で体験するマンガ展」において、東日本大震災で被災した石巻市の「石ノ森萬画館」に展示されている石ノ森章太郎氏ゆかりの品々の一部を、同企画展会場内で特別展示しています。特別展示は10月3日(水)から企画展終了日の10月15日(月)までとなっています。

科学で体験するマンガ展
http://www.kagaku-manga-ten.jp/

企画展『科学で体験するマンガ展』~時を超える夢のヒーロー~ (日本科学未来館)
http://www.miraikan.jst.go.jp/spevent/kagaku-manga-ten/

タンザニア国立図書館に中国館が開館

タンザニア国立図書館に中国館が開館し、9月24日に開館式典が行われました。中国館は、中国国務院新聞弁公室から電子閲覧端末20台、1000種類の出版物や映像資料、10万タイトルのデジタル資料など総額30万ドル分の資料の寄贈を受け設置されたもので、館内に特別区域を設けて設置されたとのことです。

式典には中国国務院新聞弁公室主任の張雁彬氏、中国駐タンザニア大使の呂友清氏、タンザニア教育部事務総長のゲシンバ氏らが出席し、ゲシンバ氏からは「これらは将来に向けて中国とタンザニアの両国が理解と交流を深めるための“知識の宝庫”、“電子の架け橋”になるであろう」とコメントがあったとのことです。

Ref.
OPENING CEREMONY AND BOOKS DONATION OF CHINA LIBRARY AT NATIONAL CENTRAL LIBRARY(Tanzania Library Service Board 10/1付ニュース)
http://www.tlsb.or.tz/index.php/news/more/opening_ceremony_and_books_donation_of_china_library_at_national_central_li/

坦桑尼亚国家图书馆中国馆搭建中坦友谊新纽带(中国国务院新闻办公室HP 9/25付発表)

英国国立公文書館、アジア各国を写した植民省の写真コレクションをデジタル化公開

2012年9月26日、英国国立公文書館(TNA)が、19世紀半ばまでさかのぼる植民省の写真コレクションをデジタル化公開するプロジェクト“Through a Lens”のアジア版“Through a lens: Asia”を公開しました。公開された写真は香港や中国、日本のほか、マレーシアやシンガポール、スリランカ等を写したものも含まれています。資料はFlickr上でも公開されており、利用者はタグやコメントを付けることができるようになっています。なお、“Through a Lens”プロジェクトは、これまでに、アフリカ版、アメリカ版も公開されています。

Through a lens: Asia
http://www.nationalarchives.gov.uk/asia/

Asia Through a Lens (Flickr)
http://www.flickr.com/photos/nationalarchives/collections/72157631176086816/

Asia through a lens: early Colonial Office photos released online (TNA 2012/9/26付けの記事)
http://www.nationalarchives.gov.uk/news/768.htm

フランス国立図書館、チャットレファレンスを開始

2012年9月17日に、フランス国立図書館がチャットレファレンスを開始しました。月曜日から金曜日、13時から17時までのサービスとなっています。

Poser votre question
http://www.bnf.fr/fr/collections_et_services/poser_une_question_a_bibliothecaire/s.sindbad_votre_question.html?first_Art=non

Chattez avec un bibliothécaire (BNF 2012/9/17付けの記事)
http://www.bnf.fr/fr/la_bnf/actualites_bibliotheque.html

秋田県立図書館、電子書籍貸出サービスを開始へ

2012年10月19日から秋田県立図書館が電子書籍の貸出サービスを開始すると報じられています。10月3日付けの朝日新聞デジタルの記事によると、秋田県立図書館は同館所蔵の貴重書を電子書籍化し、スマートフォンやタブレット端末で利用できるようにするようです。また、購入する書籍も復刊本や雑誌のバックナンバーなどを中心にすることで、書店の売れ筋とは重ならないようにする方針のようです。同館ではこのほかにも、秋田県立美術館や県立博物館等と共同で、デジタルアーカイブの計画も進めているとのことです。

朝日新聞(秋田版)に当館の新たな試みが紹介されました! (秋田県立図書館ブログ 2012/10/3付けの記事)
http://blog.keiyou.jp/akitalib/post/2012/10/03/634848721628302500.aspx

クリエイティブを支援する“図書館ラボ”10選(記事紹介)

Online Education Databasesが、米国の公共図書館にある“図書館ラボ”10館を紹介した記事を掲載しています。ニューヨーク州の公共図書館Fayetteville Free Libraryの“FFL Fab Lab”、シカゴ公共図書館の“YOUMedia”等が取り上げられています。

10 Most Amazing Library Laboratories (OEDb)
http://oedb.org/library/beginning-online-learning/10-most-amazing-library-laboratories

参考:
3Dプリンターを備えた作業スペースを提供する公共図書館(米国)
http://current.ndl.go.jp/en/node/19518

NISOとUKSG、KBARTフェーズ1推奨指針の準拠表明機関5機関を新たに公表

2012年10月3日、米国情報標準化機構(NISO)と英国逐次刊行物グループ(UKSG)は、2010年1月にKBARTワーキンググループの公表したフェーズ1の推奨指針への準拠を表明した機関として、既存の77機関に加え新たに、BioOne、JSTOR、LOCKSS、英国王立化学協会(The Royal Society of Chemistry)、SpringerLinkの5機関を発表しました。

NISO and UKSG Announce Five More Publishers Endorse KBART (NISO 2012/10/3付けの記事)
http://www.niso.org/news/pr/view?item_key=262f31e63b4894e5b7f76c8512f89f8e86d55cd2