アーカイブ - 2011年 9月 2日

静岡県立中央図書館、期間限定で浮世絵ブックカバーを公開

2011年9月2日から30日までの期間限定で、静岡県立中央図書館が県民の日記念で作成した浮世絵ブックカバーを、同館のウェブサイトで公開しています。

期間限定 浮世絵ブックカバー公開 (静岡県立中央図書館 2011/9/2付けのお知らせ)
http://www.tosyokan.pref.shizuoka.jp/contents/info/2011info/info2011_0530_2.html

参考:
静岡県立中央図書館、お茶に関する浮世絵を使ったブックカバーを公開
http://current.ndl.go.jp/node/18391

オランダ大学図書館・王立図書館コンソーシアム、大学図書館特殊コレクション部門におけるボーンデジタル資料の収集保存に関する提言をまとめたレポートを公開

2011年8月30日に、オランダの国立デジタル保存連合(Nationale Coalitie Digitale Duurzaamheid)のウェブサイトで、“Born-digital Bijzondere Collecties”と題するレポートが公開されています。これは、オランダの大学図書館13館および王立図書館からなるコンソーシアム“Unibersiteitsbibliotheken & Koninklijke Bibliotheek”(UKB)が6月17日付けでまとめたものです。レポートでは、ボーンデジタル資料の保存に関するガイドラインやベストプラクティス、ケーススタディ等の分析を踏まえ、大学の生み出す文化遺産としても、また大学での研究資源としても貴重なボーンデジタルの資料を長期的に保存する役目を負うのは大学図書館の特殊資料の部門であるとし、そのための方策を取るようにと提言しているようです。

Born-digital Bijzondere Collecties (PDF)
http://www.ncdd.nl/documents/UKBBornDigitalBijzCollecties_FINAL.pdf

図書館と図書館にかかわる人たちのサイト“Jcross”、全国から寄せられた図書館テーマ展示の写真を公開開始

株式会社ブレインテックが運営する「図書館と図書館にかかわる人たちのサイト」“Jcross”では、図書館にまつわる様々なアイテムを集める「コレクション」企画の第3弾として、図書館のテーマ展示の写真を募集していました。2011年8月22日、全国の図書館から寄せられた写真の公開が始まったそうです。

図書館の「テーマ展示」(Jcross)
http://www.jcross.com/collection/index.php?425a3c6820e842afac8d71ef040e1425

図書館と図書館にかかわる人たちのサイト“Jcross”、図書館展示の写真を募集中
http://current.ndl.go.jp/node/18664

岡山県立図書館、来館者数・貸出冊数共に6年連続全国1位 購入冊数も1位に返り咲き

日本図書館協会(JLA)の調査によると、2010年度における岡山県立図書館の来館者数と貸出冊数が全国の都道府県立図書館の中で最も多かったそうです。また、2009年度は2位だった購入冊数も1位だったとのことです。来館者数は998,604人、貸出冊数は1,314,578冊、購入冊数は52,072冊とのことです。来館者数が2004年の開館以来初めて100万人を下回ったそうですが、これはシステム更新に伴って2011年2月に半月間休館した影響とのことです。

岡山県立図書館 来館者全国1位 10年度集計(山陽新聞 2011/9/1付け記事)
http://www.sanyo.oni.co.jp/news_s/news/d/2011090122455094/

参考:
岡山県立図書館、来館者数・貸出冊数共に5年連続全国1位
http://current.ndl.go.jp/node/16704

学芸員が県民の「思い出の品」を展示へと作り上げる和歌山県立博物館の「マイ・ミュージアム・ギャラリー」

毎日jpの2011年9月1日付け記事で、和歌山県立博物館の「マイ・ミュージアム・ギャラリー」という取組が紹介されていました。この取組は2007年に開始されたもので、県民らの所蔵するさまざまな「もの」に関する「思い出」を同館学芸員が聞き取り、「もの」と「思い出」を合わせて展示へと作り上げるというものです。これまでに、壺、カメラ、テレホンカードといったさまざまなものが展示されてきており、第26回となる現在の展示では、「おじいちゃんの本は、ぼくの未来を変える。」として、吉川英治の『三国志』が展示されているそうです。

和歌山県立博物館友の会マイ・ミュージアム・ギャラリー―あなたの思い出ともに―
http://www.hakubutu.wakayama-c.ed.jp/mymuseum.htm

国立情報学研究所(NII)、平成23年度NACSIS-CAT/ILLワークショップの講義資料・成果物を公開

国立情報学研究所(NII)が、2011年7月20~22日に開催した平成23年度NACSIS-CAT/ILLワークショップの講義資料と、受講者によるグループ討議の成果物を公開しています。グループ討議では2班に分かれて「脱ガラパゴス・世界で生き残るために~運用体制の観点からの目録所在情報サービスの課題解決~」と「人材育成の観点から見た目録所在情報サービスの課題解決~図書館員ならメタデータが理解できて当然やろう?~ 」という討議が行われたようです。

教育研修事業 - NACSIS-CAT/ILLワークショップ - カリキュラム- 平成23年度
http://www.nii.ac.jp/hrd/ja/ciws/h23/curritxt.html

佐賀県立図書館、映画公開に合わせ作家・滝口康彦氏に関する展示を開催

佐賀県立図書館は、2011年9月1日から、10月公開の映画『一命』の原作『異聞浪人記』の作者である滝口康彦氏に関連する展示を開催しています。作品の展示のほか、『異聞浪人記』の文章の掲示、草稿(複製物)や遺品(愛用の万年筆・眼鏡)の写真の展示、映画の宣伝用ポスターのプレゼント等を行っているようです。また、広島県立図書館でも連携企画として関連資料の展示が行われるようです。

佐賀が生んだ時代小説家 滝口康彦氏の作品等を展示します(佐賀県立図書館)
http://www.pref.saga.lg.jp/kentosyo/takiguchi/takiguchitenji.html

【祝】カンヌ映画祭出品!映画「一命」記念展示!!(佐賀県立図書館のブログI Love SAGA! 2011/9/1付けの記事)
http://sagakentosyo.sagafan.jp/e412310.html