アーカイブ - 2011年 8月 19日

東京大学、スマートフォン向けOPACのベータ版を公開

東京大学情報基盤センターが、東京大学OPACをスマートフォンから利用しやすいようにした「東京大学OPAC mobile」のベータ版を公開しています。同センターが主催する「図書系職員のためのアプリケーション開発講習会」の成果とのことです。

東京大学OPAC mobile beta
https://mbc.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/UTOPACmobile/index.html

東京大学OPAC mobileについて
https://mbc.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/UTOPACmobile/about.html

参考:
東京大学附属図書館、OPACから大学生協在庫をリレー検索できるブックマークレットを試行公開
http://current.ndl.go.jp/node/9486

第4期科学技術基本計画が閣議決定される

2011年8月19日に、第4期科学技術基本計画が閣議決定されました。図書館に関連する事項としては、「研究情報基盤の整備」の推進方策として、以下のような事項が記載されています。
・機関リポジトリ構築を推進し、論文・データ等の体系的収集、保存やオープンアクセスを促進
・論文誌の電子化や国立国会図書館・大学図書館の資料の電子化及びオープンアクセスの推進
・領域横断的な統合検索、構造化、知識抽出の自動化を推進
・研究情報全体を統合して検索、抽出できる「知識インフラ」としてのシステムを構築

科学技術基本計画(文部科学省のサイト)
http://www.mext.go.jp/a_menu/kagaku/kihon/main5_a4.htm

第4期科学技術基本計画の概要
http://www.mext.go.jp/component/a_menu/science/detail/__icsFiles/afieldfile/2011/08/19/1293746_01.pdf

第4期科学技術基本計画
http://www.mext.go.jp/component/a_menu/science/detail/__icsFiles/afieldfile/2011/08/19/1293746_02.pdf

参考:

情報処理推進機構、情報システムの機能・サービスに応じたセキュリティ要件定義の支援のための「セキュリティ要件確認支援ツール」を公開

2011年8月17日に、独立行政法人情報処理推進機構が、情報システムのセキュリティ要件定義を支援する「セキュリティ要件確認支援ツール」を公開したようです。「セキュリティ要件確認支援ツール」は、情報システムの企画、調達、設計、構築、運用等の各場面で、検討対象(機能・サービス)に応じた情報システムのセキュリティ要件定義を容易にすることを目的としたツールとのことです。

セキュリティ要件確認支援ツール
https://isec-sras.ipa.go.jp/

セキュリティ要件確認支援ツールの公開~さまざまな情報システムにおける適切なセキュリティ要件定義を容易に~ (情報処理推進機構 2011/8/17付けのニュース)
http://www.ipa.go.jp/about/press/20110817.html

米国の1930年代から50年代のラジオ番組の音源を提供するウェブサイト“Old Radio World”

“Old Radio World”という、米国の1930年代から50年代にかけてのラジオ番組約1,000件の音源をMp3形式で提供しているウェブサイトが公開されているようです。このウェブサイトはBrandon L. Tran氏が個人で開設しているもののようで、コメディやドラマ、ミステリー、サイエンス・フィクション、西部劇等のジャンルに分けて提供されています。

Old Radio World
http://www.oldradioworld.com/

日本学術会議、提言「学術統計の整備と活用に向けて」を公表

2011年7月28日付けで、日本学術会議が新たに提言として「学術統計の整備と活用に向けて」を8月16日に公表しています。提言の内容は、(1)学術統計の精度および比較可能性の向上、(2)学術統計データ収集と各種調査の適正な実施、(3) 学術統計データ分析の専門家育成、(4)評価の在り方、特に数値化・定量化し難いものの評価に関わる検討、(5)学術統計に関する啓発と情報発信、(6) 学術誌に関する戦略的取組みに向けたデータ収集と分析、以上の6項目にまとめられているようです。

学術統計の整備と活用に向けて (PDF)
http://www.scj.go.jp/ja/info/kohyo/pdf/kohyo-21-t130-6.pdf

日本学術会議 (2011/8/16付けの「最近の活動」に上記のリンクがあります。)
http://www.scj.go.jp/

読書は人の為になる チェコの子ども向け読書推進キャンペーン

2011年8月18日付けのNAPLEのブログ記事で、チェコで行われている子ども向けの読書推進キャンペーンの話題が取り上げられています。“Čtení pomáhá”(The Reading is Helpful)と呼ばれるこのキャンペーンは、予め学齢に応じて設定されている図書を子どもが読み、その後キャンペーンのウェブサイトで出される、その図書に関する質問に正解することで、仮想通貨として50チェココルナが子どもに与えられるようです。そして子どもは、その仮想通貨を使って、キャンペーンサイトに掲載されているチャリティ活動に寄付するようです。なお、子どもに与えられる仮想通貨は現実のお金に換金することはできませんが、子どもからチャリティ活動に支払われた寄付については、スポンサーとなっている企業等からの寄付金をもとに支払われるようです。

Čtení pomáhá
http://www.ctenipomaha.cz/

Čtení pomáhá (Bulletin SKIPの記事)
http://skip.nkp.cz/Bulletin/Bull11_215.htm#ti

Interesting Activities: Čtení pomáhá (The Reading Is Helpful)(NAPLE 2011/8/18付けの記事)

総務省、「新ICT利活用サービス創出支援事業(電子出版環境整備事業)」の各プロジェクトに対する評価を公開

総務省が2011年6月27~28日に行われた「新ICT利活用サービス創出支援事業(電子出版環境整備事業)事業評価会」の資料を公開しています。

新ICT利活用サービス創出支援事業(電子出版環境整備事業)事業評価会(総務省 2011/8/19付け)
http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/kenkyu/shuppan/02ryutsu02_03000067.html

参考:
「新ICT利活用サービス創出支援事業」各プロジェクト報告書のリンク集
http://current.ndl.go.jp/node/18193

岩手県立博物館、被災文化財等の救出・復元作業の報告資料を公開

2011年8月3日に、岩手県立博物館は、同館が実施している東日本大震災で被災した博物館等の文化財等資料の救出及び復元作業の状況についての報告資料を公開したようです。

資料1:岩手県立博物館で行っている被災した文化財等資料の救出および復元作業の概要(PDF)
http://www.pref.iwate.jp/~hp0910/news/rescue/rescue1.pdf

資料2:全国で行われている陸前高田市立博物館所蔵生物標本の復元作業について(PDF)
http://www.pref.iwate.jp/~hp0910/news/rescue/rescue2.pdf