アーカイブ - 2011年 8月 17日

専門図書館協議会関東地区協議会、会員館を対象にした「専門図書館における東日本大震災の影響について」のアンケート結果を公表

専門図書館協議会関東地区協議会が、会員館を対象にした「専門図書館における東日本大震災の影響について」のアンケート結果を、2011年7月25日発行のニュースレターと協議会のウェブサイトで公開しています。それによると、回答館143館のうち、被害があったのは74%(106館)で、その内訳は、資料への影響が33%、書架への影響が22%等となっているようです。ニュースレターとウェブサイトでは、被害内容の詳細と当面の対応策が記載されています。

「専門図書館における東日本大震災の影響について」のアンケート結果 (専門図書館協議会関東地区協議会 2011/8/4付けの情報)
https://www.sentokyo-kanto.org/modules/result/index.php?content_id=1%22

メンテナンス作業に伴うサービス停止のお知らせ(8月19日10時~12時)

「カレントアウェアネス・ポータル」は、メンテナンス作業のため、2011年8月19日(金)10時~12時の間、システムを一時停止いたします。ご迷惑をおかけしますが、どうぞご了承ください。

公共図書館の端末からのデモ活動ウェブサイトへのアクセス不可問題、一転閲覧可能に(スペイン)

2011年5月15日以降にスペインで行われている政府への抗議活動“15-M”を呼び掛けている特定のウェブサイトに、マドリード市内の公共図書館の利用者用端末からアクセスがブロックされていたことが明らかになり、当局による「検閲」として非難されていた問題で、8月11日に市当局はアクセスできるようにしたようです。市当局は、アクセスがブロックされていたことについては、セキュリティ上の理由で設定されていたフィルタリングによるものと説明しており、今回そのフィルタリングの例外措置を講ずることでアクセス可能になったようです。

Las bibliotecas municipales madrileñas bloquean el acceso a las páginas web del 15-M (20minutos 2011/8/10付けの記事)
http://www.20minutos.es/noticia/1131015/0/veto/bibliotecas/15m/

Denuncian que el Ayuntamiento de Madrid censura las web del 15-M (terra noticias 2011/8/10付けの記事)

映画保存協会、ブログで「水損フィルム(8mm)の応急処置」を紹介

映画フィルムの保存活動に取り組むNPO法人・映画保存協会が、ブログで「水損フィルム(8mm)の応急処置」を紹介しています。フィルムの中でも一般家庭で保管されていることが多い8mmフィルムを、専門的な知識や技術を持たない方でも実行できる応急処置の方法について写真や動画を使って解説しています。

水損フィルム(8mm)の応急処置
http://www.filmpres.org/archives/3551

水損フィルム(8mm)の応急処置(PDF文書:4ページ)
http://www.homemovieday.jp/files/fps-fsp2011-1.pdf

映画フィルム救済・ご相談窓口 Film Salvation Project
http://www.homemovieday.jp/sos/

ソーシャルメディアを利用して集められた市民の意見をもとに建設されている公共図書館(カナダ)

政府の助成を得て新しく公共図書館を建設することが決まったものの、その助成金を利用できる時間が残されておらず、市民集会等の意見聴取活動ができなかったことから、ソーシャルメディアを通じて意見を募って建設が進められている公共図書館がカナダにあるようです。この公共図書館は、カナダのブリティッシュコロンビア州の一都市サレー(Surrey)に建設されているものです。設計を担当したBing Thom Architectsが、ウェブサイト“Surrey City Centre Library Blog”やTwitter、Facebook、YouTube等のソーシャルメディアをオンライン上の「アイデアブック」として活用して、新館に対する意見を求めたところ、即座に幅広い年代から意見が集められたようです。寄せられた意見をもとに図書館の設計やデザインが決定され、図書館は現在、建設の最終段階を迎え、旧館からの資料の移転作業等が行われているようです。ウェブサイトでは、図書館の建築や移転の様子が公開されています。

Surrey City Centre Library Blog (図書館のウェブサイト)
http://surreycitycentrelibrary.wordpress.com/

イングランド芸術評議会、英国博物館・図書館・文書館国家評議会(MLA)の図書館振興プログラムの継続実施を発表

英国の博物館・図書館・文書館国家評議会(MLA)から2011年10月に図書館振興事業を引き継ぐ、イングランド芸術評議会(Arts Council England:ACE)は、MLAが2010年に開始した図書館支援プログラム“Future Libraries programme”を、2011年秋から2013年3月にかけて“Futre Libraries 2”として継続すると発表したようです。

Arts Council England announces commitment to library development (Arts Council England 2011/8/5付けの記事)
http://www.artscouncil.org.uk/news/arts-council-england-announces-commitment-library-/

本の内容をコンピュータ解析し、それに似た内容の本を紹介する“BookLamp”

本の内容をコンピュータ解析し、テーマや文章のスタイルの似た本を紹介する“BookLamp”というサービスが公開されています。本の内容の構成要素を分析する“Book Genome Project”というプロジェクトの技術を用いたもので、出版社の協力のもと行われているとのことです。

BookLamp
http://booklamp.org/

米書籍レコメンドベンチャー「BookLamp」が正式オープン、英文書籍を全文解析してユーザーの好みの本を推薦(hon.jp DayWatch 2011/8/17付け記事)
http://hon.jp/news/1.0/0/2655/

ハーバード大学、東日本大震災関連の各種情報をレイヤー表示できる日本地図を公開

ハーバード大学の「2011年東日本大震災デジタルアーカイブ」プロジェクトのサイトで、津波被害、震度、自治体別の犠牲者・避難者数等の震災関連情報や、人口、学校・病院・発電所等の位置、鉄道網等の基本情報を、レイヤーとして重ねて表示できる地図が公開されています。同大学の地理学分析センター(CGA)との提携により作成されたものとのことです。

Mapping the Disasters(「2011年東日本大震災デジタルアーカイブ」プロジェクトのサイト 2011/8/15付けの記事)
http://jdarchive.org/news/2011/08/mapping-the-disasters/

(地図画面)
http://worldmap.harvard.edu/japanmap/