アーカイブ - 2011年 6月

6月 24日

Data Archiving and Networked Services、2011-2015年の戦略計画を発表(オランダ)

2011年6月23日に、オランダの学術データの収集と提供を行うData Archiving and Networked Services(DANS)が、2011-2015年の戦略計画を発表しています。戦略計画には、人文・社会科学領域外へのサービス提供やデジタル情報への永続的アクセスに関する研究推進等が挙げられているようです。

Sustained access to digital research data: Summary of the DANS Strategy Policy 2011-2015 (PDF)
http://www.dans.knaw.nl/sites/default/files/file/Uitgaven/Strategie/Samenvatting%20strategienota_UK_DEF.pdf

6月 23日

EBSCO社、ウェブスケールディスカバリサービス“EBSCO Discovery Service”の検索対象にElsevier社のScienceDirectを追加へ

2011年6月22日、EBSCO社が提供するディスカバリサービス“EBSCO Discovery Service(EDS)”の検索対象に、Elsevier社のフルテキストデータベース“SciVerse ScienceDirect”が追加されると発表されました。これによって、EDSを通じてScience Directに収録された2,000タイトルの査読付き雑誌と20,000冊の書籍のコンテンツ(1,050万の文献・章に相当)が全文検索可能となるそうです。EDSの検索対象には、その他、Wiley Blackwell社、Springer社、LexisNexis、Web of Science、JSTOR、などが含まれているそうです。

EBSCO Publishing and Elsevier Reach Agreement to Provide Full-Text Searching of All SciVerse ScienceDirect Journals & eBooks for EBSCO Discovery Service Customers (EBSCO 2011/6/22付けプレスリリース)
http://www2.ebsco.com/EN-US/NEWSCENTER/Pages/ViewArticle.aspx?QSID=468

参考:

CrossRefの書誌・参照データをPorticoで保存へ

電子学術情報アーカイブのPorticoが、2011年6月20日付けで、論文のリンキングサービスを提供するCrossRefの書誌データや参照データをPorticoで保存することになったと発表しています。2010年11月に原則合意されていたものです。

CrossRef to preserve bibliographic and reference metadata with Portico(Portico 2011/6/20付けのプレスリリース)
http://www.portico.org/digital-preservation/news-events/news/general-news/crossref-preserves-bibliographic-and-reference-metadata-with-portico/

『カレントアウェアネス-E』195号発行

E1186 - 国立国会図書館,「歴史的音源」の提供を開始

E1186 - 国立国会図書館,「歴史的音源」の提供を開始

国立国会図書館(NDL)は,2011年5月31日,歴史的音盤アーカイブ推進協議会(HiRAC)がデジタル化した「歴史的音源」約2,500点を公開した。このうち,著作権及び著作隣接権の保護期間満了が確認された約100点については,インターネットを通じてNDLの施設外からも利用できる。...

国際交流基金関西国際センター、海外図書館向けに日本語資料の収集・整理に役立つ情報ページを公開

2011年6月13日に、独立行政法人国際交流基金関西国際センターが、海外の図書館向けに日本語資料の収集、整理(目録、分類)に必要な情報をまとめたページを公開しています。

海外図書館のみなさまへ (国際交流基金関西国際センターのウェブサイト)
http://www.jfkc.jp/ja/library/overseas/index.html

独立行政法人国際交流基金関西国際センター (2011/6/13付けのニュースに上記へのリンクがあります。)
http://www.jfkc.jp/

E1185 - 2011年IIPC総会及びワーキンググループ<報告>

E1185 - 2011年IIPC総会及びワーキンググループ<報告>

国際インターネット保存コンソーシアム(IIPC)(CA1664参照)の総会及びワーキンググループ等関連会議が,オランダ王立図書館を会場として, IIPC非加盟機関も含めた約100人の参加者を集めて,2011年5月9日~13日に開催された。国立国会図書館(NDL)からは筆者が参加した。...

E1184 - 電子リソース時代に国際ILL/DDを維持するためには

E1184 - 電子リソース時代に国際ILL/DDを維持するためには

北米研究図書館協会(ARL)は,国際ILL/DD(図書館間相互貸借/ドキュメントデリバリー)における著作権等の問題を調査するタスクフォースを設置し,その下に「国際ILL」,「米国法と国際ILL」,「ライセンス契約の動向」という3つのワーキンググループを招集していた。その報告が,2011年6月刊行のResearch Library Issues誌の275号に掲載されている。...

E1183 - フランス国立図書館のウェブアーカイブ事業調査報告書

E1183 - フランス国立図書館のウェブアーカイブ事業調査報告書

2006年に法定納本制度が改正されたフランスでは,以来,フランス国立図書館(BNF)がウェブアーカイブ事業に取り組んでおり(CA1614参照),収集した資料を試験的に館内で公開している。BNFは,ウェブアーカイブ事業で収集した資料の利用が予想される3つのユーザーグループ,すなわち研究者,専門職者(弁護士,マーケティングコンサルタント,ジャーナリスト等),研究図書館であるフランソワ・ミッテラン図書館の一般利用者に対して,同館のウェブアーカイブ事業に関するニーズ調査を2010年末から2011年初頭にかけて行い,2011年5月23日に報告書としてまとめて公開した。報告書にはインタビューの結果とともに,それを踏まえた提言も示されている。...

E1182 - 図書館によるFacebookの活用に向けて

E1182 - 図書館によるFacebookの活用に向けて

東日本大震災発生後の情報伝達手段としてTwitter等が注目を集めたこともあり,2011年4月5日には経済産業省等により「国、地方公共団体等公共機関における民間ソーシャルメディアを活用した情報発信についての指針」が公表され,公的機関におけるソーシャルメディアの活用事例も増え始めている。世界的なソーシャルメディアの一つFacebookに関しても,首相官邸(英語版)が2011年3月21日から,外務省が6月1日から,文部科学省が6月2日からFacebookページを開設するなど,日本でも公的機関による活用が始まっている。...

アイルランド国立図書館のショップが閉店

2011年6月21日のLibray.ie...の記事によると、アイルランド国立図書館のショップが7月15日で閉店するようです。ショップでは閉店に向けてセールを行っているようです。

Shop (National Library of Irelandのウェブサイト)
http://www.nli.ie/xestorefrontweb/default.aspx

NLI’s closing down sale (Library.ie... 2011/6/21付けの記事)
http://www.library.ie/2011/06/21/nlis-closing-down-sale/

情報処理推進機構(IPA)、「東日本大震災に際して提供されたクラウドサービスの事例集」などを公開

2011年6月20日、独立行政法人情報処理推進機構(IPA)が「東日本大震災に際して提供されたクラウドサービスの事例集」、「クラウドサービス安全利用のすすめ」、「震災からの復旧・復興における情報システムの再構築にクラウドサービスが活用される可能性について」の3本の資料を公開しました。「東日本大震災に際して提供されたクラウドサービスの事例集」に関しては、76件の事例が、情報共有・流通基盤(P2P)、被災者救援活動の情報インフラ、行政情報提供サイトの拡張、被災企業等の緊急情報発信・業務処理、といったカテゴリーに分けて紹介されているようです。

震災時の緊急支援に役立てられたクラウドサービスの事例と、復旧・復興に向けたクラウドサービス安全利用に関する資料の公開(IPA 2011/6/20付けプレスリリース)
http://www.ipa.go.jp/security/cloud/cloud_sinsai_R1.html

米ジョージ・メイソン大学、学術コミュニケーションの刷新を目指した新プロジェクト“PressForward”を発表

これまで“Omeka”や“Zotero”等を開発してきた、米国ジョージ・メイソン大学のロイ・ローゼンツヴァイク・歴史・ニューメディアセンター(CHNM)が、2011年6月22日に新たなプロジェクト“PressFoward”を発表しました。この“PressForward”は、研究成果の発信がブログ等のオンラインで発表されるようになってきているにもかかわらず、学術コミュニケーションの在り方が従前の学術出版モデルに依存し、研究成果のオンライン化に対応していないとして、以下の事項に取り組むようです。
・ブログやデジタルプロジェクト等、ウェブ上で公開されている優れた学術成果を集め、スクリーニングし、注目することのできる効果的な方法を開発すること。
・新たな形での学術出版を通じて、学術成果のオープンアクセス化を推進すること。
・上記の学術出版を容易に行えるようにするための新たなプラットフォームを開発し、学術機関や学協会、学術出版へ広めること。

PressForward
http://pressforward.org/

Introducing PressForward (Dan Cohen's Digital Humanities Blog 2011/6/22付けの記事)

カナダ国立図書館・文書館(LAC)、運営状況等に関する2011-2012年の報告を公表

カナダ国立図書館・文書館(LAC)が、同館の運営状況等に関する2011-2012年の報告を公表しています。カナダの各政府機関が公表する“Reports on Plans and Priorities”として公表されたものです。

Library and Archives Canada - Report
http://www.tbs-sct.gc.ca/rpp/2011-2012/inst/bal/baltb-eng.asp

カンザス州の図書館コンソーシアム、電子書籍ベンダーの変更にあたりコンテンツの所有権を主張(米国)

Library Journal誌の記事によると、米国カンザス州の図書館コンソーシアムが、電子書籍ベンダーOverDrive社との契約を終了し他のベンダーに移行するにあたり、OverDrive社から提供されていた電子書籍コンテンツはライセンスによる利用ではなく購入であるとしてその所有権を主張し、それらのコンテンツを新たな電子書籍サービス提供者に移行するよう求めているとのことです。カンザス州のコンソーシアムは、OverDrive社と2011年12月までの契約をしていますが、その後の契約について料金引き上げや契約内容の変更等を示されたため、新たなクラウド型サービスを開始する3M社のサービスに変更する予定とのことです。現行の契約では、契約終了時にOverDrive社は、コンソーシアムが同社から購入したデジタル製品及びコンテンツの他のサービス提供者への移行に協力する、と規定されており、「購入」(purchase)という言葉が使われていることから、所有権を主張しているとのことです。

Kansas State Librarian Argues Consortium Owns, Not Licenses, Content from OverDrive(Library Journal 2011/6/20付けの記事)

貸出・ILLデータをやり取りするプロトコル“NCIP”の実装によるILL業務のコスト削減

2011年6月22日、米国の図書館システムベンダAuto-Graphics社が、“Determining Staff Cost Savings Using the NCIP Calculator”と題したペーパーを公開しました。同社のサイトからPDFファイルをダウンロード可能です。NCIP(NISO Circulation Interchange Protocol;Z39.83)は、ANSI/NISOが定める共通プロトコルで、図書館システムなどの間で貸出・ILLに関するデータをやり取りすることを目的としています。このペーパーはNCIPによるコスト削減をテーマにしており、NCIPの概要の紹介と、貸出・ILLシステムがNCIPを実装することによって可能となるスタッフコストの削減やワークフローの合理化などについて記されています。レポートの結論部分では、ニュージャージー州の図書館の25%がNCIPを実装した場合、13%のコストが削減できると述べられています。また、レポートの終わりにはNCIPの導入によってILL業務がどのように変わるかを示したワークフロー図も掲載されています。

米国国立衛生研究所(NIH)図書館、モバイル用ウェブサイトのベータ版を公開

米国国立衛生研究所(NIH)の図書館が、スマートフォンに対応したモバイル用ウェブサイトのベータ版を公開しています。ただし、医学文献データベースPubMed(モバイル用)へのリンクは、古いバージョンのPubMed(モバイル用)へのリンクとなっているようです。

NIH Library Mobile Beta
http://nihlibrary.ors.nih.gov/mobile/index.htm

The NIH Library Releases a Mobile Version (Beta) of Their Web Site(INFOdocket 2011/6/21付けの記事)
http://infodocket.com/2011/06/21/the-nih-library-releases-a-mobile-version-beta-of-their-web-site/

Serials Solutions社、ウェブスケール図書館管理システムの開発を発表 2012年中にリリース開始の予定

2011年6月22日、米国のSerials Solutions社が、ウェブスケール図書館業務管理システムの開発を発表しました。このシステムは、図書館が持つ紙媒体のコレクションと電子コンテンツを統合して管理できるもので、選書、受入、目録、貸出、評価・レポートなどの機能を備えるほか、同社が提供するSummonや他社のウェブスケールディスカバリサービスとの密な統合も計画されているそうです。また、出版社やコンテンツプロバイダのシステムとシームレスにつながり、図書館は受入から目録までのワークフローをスムーズに再構築することができるとも述べられています。このシステムは2012年末までにリリースが開始され、年間契約ベースで提供される予定とのことです。

Serials Solutions® Announces Development of New Web-Scale Management Solution to Improve the Efficiency of Library Operations (Serials Solutions 2011/6/22付けプレスリリース)

全米人文科学基金(NEH)がデジタル人文学に関する新たな助成プログラムを発表、助成終了後のプロジェクト達成に向けた計画提出を義務付け

2011年6月22日に、全米人文科学基金(NEH)のデジタル人文学事務局(Office of Digital Humanities:ODH)が、スタンフォード大学で開催中のDigital Humanities 2011のカンファレンスの場で、新たな助成プログラムを開始すると発表しました。“Digital Humanities Implementation Grants”というのがそれで、これまでODHが実施してきたスタートアップ・グラントに続くものとして、スタートアップの時期を過ぎたプロジェクトへの助成を行うようです。なお、この助成プログラムでは、全応募者に対して助成終了後もプロジェクトの目標を達成できるかどうか等について説明した、事業継続計画等の提出が義務付けられているとのことです。

Announcing a New Grant Program: Digital Humanities Implementation Grants (Office of Digital Humanities 2011/6/22付けの記事)

ページ