アーカイブ - 2011年 4月

4月 27日

「中国障害者電子図書館」が公開される

2011年4月23日の「世界本と著作権の日」に併せて、中国障害者連合会(中国残疾人联合会)と中国国家図書館(中国国家图书馆)の共同運営による「中国障害者電子図書館」(中国残疾人数字图书馆)が公開されたそうです。中国障害者電子図書館に会員登録した利用者は、通常は中国国家図書館に来館しないと読むことができない国家図書館の電子化図書や有料の電子書籍・電子ジャーナル等を、中国障害者電子図書館を通じて自宅で利用することができるようです。なお、中国障害者電子図書館の公開と併せて、全国障害者読書指導委員会(全国残疾人阅读指导委员会)という組織も発足されたようです。

中国残疾人数字图书馆
http://dlpwd.nlc.gov.cn//index.htm

牵手残疾人 走进图书馆“全国残疾人阅读指导委员会”在京成立 (中国残疾人联合会 2011/4/23付けのニュース)
http://www.cdpf.org.cn/mrxx/content/2011-04/23/content_30326681.htm

关于成立全国残疾人阅读指导委员会并组织残疾人开展读书活动的通知 (中国国家图书馆及び中国残疾人联合会のプレスリリース)
http://www.nlc.gov.cn/dsr2011/pdf/42301.pdf

SPARC Japan、第7回・第8回のセミナーの講演内容等を公開

2011年4月22日にSPARC Japanが、1月14日に開催した第7回SPARC Japanセミナー2010「著者IDの動向」と、2月3日に開催した第8回SPARC Japanセミナー2010「世界における”日本の論文/日本の学術誌”のインパクト」それぞれの講演内容と開催報告をウェブサイトで公開したようです。

第7回SPARC Japanセミナーのドキュメント、開催報告を公開しました。 (SPARC Japan 2011/4/22付けのニュース)
http://www.nii.ac.jp/sparc/2011/04/7sparc_japan_1.html

第8回SPARC Japanセミナーのドキュメント、開催報告を公開しました。 (SPARC Japan 2011/4/22付けのニュース)
http://www.nii.ac.jp/sparc/2011/04/8sparc_japan_1.html

博物館・図書館・文書館国家評議会(MLA)解散後の文書館支援は英国国立公文書館(TNA)の担当に

2011年4月20日に英国のバイジィ(Ed Vaizey)文化相は、博物館・図書館・文書館国家評議会(MLA)解散後の2012年4月から、MLAが担当していた同国の2,000を超す文書館への支援の任務を、英国国立公文書館(TNA)が引き継ぐことになったと発表したようです。文化・メディア・スポーツ省のプレスリリースによると、バイジィ文化相は、「これまでMLAとTNAが文書館部門を支援してきたことに感謝を申し上げたい。また、TNAが今後この重要な管理者としての任務を果たしてくれるであろうことを確信している」と述べているようです。

The National Archives to be advocate for the archive sector (The National Archive 2011/4/20付けのニュース)
http://www.nationalarchives.gov.uk/news/565.htm

The National Archives will take on the leadership role for the archives sector(Department for Culture, Media ad Sport 2011/4/20付けのプレスリリース)

京都大学防災研究所、阪神・淡路大震災時に設立の「被災者復興支援会議」の資料を収録したデータベースを公開

2011年4月8日に、京都大学防災研究所巨大災害研究センターが「被災者復興支援会議資料データベース」を公開したようです。同センターの説明によると、このデータベースは、阪神・淡路大震災後に、行政と被災した人々の間と繋ぐ「中間組織」として設立された「被災者復興支援会議」の活動記録と会議で利用された全資料を集めたものとのことで、東日本大震災の被災者支援を考える上で非常に重要なデータであると考え、公開したとのことです。

被災者復興支援会議資料データベース
http://www.drs.dpri.kyoto-u.ac.jp/hukko_shien/index.htm

京都大学防災研究所巨大災害研究センターのウェブサイト(2011/4/8付けのお知らせに上記データベースへのリンクがあります。)
http://www-drs.dpri.kyoto-u.ac.jp/top.html

米国Amazon.com社、作家紹介等を行う“Backstory”を公開

2011年4月25日に、米国Amazon.com社が、作家紹介等を行う“Backstory”というページを開設したようです。開設に際して“Backstory”では作家へのインタビューを行った動画を“Author Interviews@Amazon”として公開しており、利用者はAmazon.comのFacebookやブログ“Omnivaracious”を通じて、自分のお気に入りの作家に対して質問を投稿することができるようです。

Backstory
http://www.amazon.com/b?node=390923011

Amazon Books Launches Author Interview Series: "Author Interviews@Amazon" (Amazon.com 2011/4/25付けのニュース)
http://phx.corporate-ir.net/phoenix.zhtml?c=176060&p=irol-newsArticle&ID=1553912

米Amazonが作家紹介コーナー「The Backstory」をオープン、読者が有名著作者に質問も (hon.jp 2011/4/26付けの記事)
http://hon.jp/news/1.0/0/2331/

4月 26日

沖縄県立図書館が『沖縄県立図書館100周年記念誌』を刊行

2011年4月26日付けの沖縄県立図書館のお知らせによると、同館が2010年に創立100周年を迎えたことから、記念事業のひとつとして記念誌を発刊したとのことです。記念誌は同館で閲覧等ができるほか、同県内の各関係機関等にも配付されたようです。

『沖縄県立図書館100周年記念誌』発刊 (沖縄県立図書館 2011/4/26付けのお知らせ)
http://www.library.pref.okinawa.jp/okilib/oshirase/100_kinensi/index.html

米国シカゴ大学図書館のニュースサイトがリニューアル

米国シカゴ大学図書館の提供するニュースサイトが、リニューアルされていたようです。同サイトでは、同館のイベントや提供サービスのお知らせだけでなく、「ビジネス・経済」「人文・社会科学」「法律」「科学」「特殊コレクション」の5つの主題それぞれについて、広く図書館に関するニュースを提供しているようです。

University of Chicago Library News
http://news.lib.uchicago.edu/

「図書館かわいいプロジェクト」、ウェブマガジン『Libkawaii』のサイトを開設

「図書館かわいいプロジェクト」による、「図書館×かわいい」をコンセプトとしたウェブマガジン『Libkawaii』のサイトが開設されています。ウェブマガジンの刊行頻度は季刊で、2011年7月に第1号を公開予定とのことです。

Libkawaii | 図書館かわいいプロジェクト
http://libkawaii.com/

(コンセプト)
http://libkawaii.com/concept.html

【イベント】九州大学大学院統合新領域学府ライブラリーサイエンス専攻開講記念講演「大統領図書館の歴史と役割」(5/27・福岡)

2011年5月27日に、九州大学大学院統合新領域学府ライブラリーサイエンス専攻が、福岡アメリカン・センターにおいて、米国国立公文書館大統領図書館局長のシャロン・ファセット氏による記念講演「大統領図書館の歴史と役割」を開催するようです。なお同専攻は、2010年12月18日に開催した専攻設置記念シンポジウムの報告書「ライブラリーを科学する」を、同大学の機関リポジトリで公開しています。

5/27(金)九州大学大学院統合新領域学府ライブラリーサイエンス専攻開講記念講演「大統領図書館の歴史と役割」開催のご案内 (九州大学大学院統合新領域学府ライブラリーサイエンス専攻 2011/4/19付けのお知らせ)
http://lss.ifs.kyushu-u.ac.jp/?p=346

ライブラリーを科学する : 九州大学大学院統合新領域学府ライブラリーサイエンス専攻設置記念シンポジウム報告書 (九州大学学術情報リポジトリの報告書掲載ページ)
http://hdl.handle.net/2324/19427

デジタル教科書教材協議会、「DiTTビジョン」と「DiTT第一次提言書」を発表

2011年4月25日に、デジタル教科書教材協議会(DiTT)は、学校教育におけるデジタル教科書教材の普及に向けた計画としての「DiTTビジョン」と、デジタル教科書の普及促進に関する提言をまとめた「DiTT第一次提言書」を公開したようです。「DiTTビジョン」は、2015年までに日本の全ての小中学生にデジタル教科書・教材を配布し、2020年度までにデジタル教科書を用いた学校教育の実現を目指すための活動指針となっているようです。また「第一次提言書」では、「現代に求められている人材像と教育」、「2015年のあるべき教育の姿」、「機能仕様と課題」、「制度と課題」、「国内・諸外国の状況」の解説を踏まえ、最後に「政策提言」が示されているようです。

DiTTビジョン
http://ditt.jp/office/DITTVISION.pdf

DiTT 第一次提言書
http://ditt.jp/office/DITTteigen_1.pdf

仙台市図書館、臨時窓口でサービスを提供中

東日本大震災により休館となっている仙台市図書館は、市民図書館、若林図書館、太白図書館に設置した臨時窓口や移動図書館により、貸出などのサービスを行っているとのことです。また、広瀬図書館は2011年4月19日からサービスを限定した形で再開館しているとのことです。

東日本大震災:仙台臨時図書館、1日200人が利用 /宮城(毎日jp 2011/4/25付けの記事)
http://mainichi.jp/area/miyagi/news/20110425ddlk04040023000c.html

仙台市図書館(お知らせ欄に臨時窓口についての情報あり)
http://lib-www.smt.city.sendai.jp/

シャープ、電子コンテンツの制作ソフトウェア「XMDFビルダー」を無償提供へ

シャープ株式会社が、電子書籍フォーマット「XMDF」形式の電子コンテンツが制作できるソフトウェア「XMDFビルダー」の新バージョンを、出版社や電子書籍制作会社向けに2011年7月より無償提供すると発表しています。

シャープ、XMDF形式の電子コンテンツ制作ソフト「XMDFビルダー」を無償提供(INTERNET Watch 2011/4/22付けの記事)
http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20110422_441701.html

シャープ、商用XMDFコンテンツ制作ソフトを無償化--市場拡大目指す(CNET Japan 2011/4/23付けの記事)
http://japan.cnet.com/news/service/35001734/

4月 25日

国立国会図書館、被災地域の自治体のウェブサイトを収集・保存

国立国会図書館は、インターネット資料収集保存事業において、東日本大震災の被災地域の自治体のウェブサイトを重点的に収集しており、2011年4月25日に、その一部をウェブサイトで公開しました。今後も準備が整い次第、順次公開していく予定です。また、米国の非営利団体Internet Archiveやハーバード大学ライシャワー日本研究所でのウェブサイトの保存プロジェクトにも協力しています。

[被災地域ウェブサイトの保存]
http://warp.da.ndl.go.jp/WARP_disaster.html

「インターネット資料収集保存事業(ウェブサイト別)」(2011/4/25付けで東日本大震災関連のウェブサイト収集・保存についての「お知らせ」あり)
http://warp.da.ndl.go.jp/search/

Yahoo! JAPAN、無料で絵本が読める「えほんの自由図書館」を開始

2011年4月25日、Yahoo! JAPANは、被災地支援の一環として、無料で絵本が読める「えほんの自由図書館」を開始しました。同サイトでは現在10タイトルが提供されており、一部の絵本は携帯電話で読むことも可能です。

Yahoo!きっず「えほんの自由図書館」
(PC版)
http://shinsai.yahoo.co.jp/ehon/
(携帯電話版)
http://shinsai.mobile.yahoo.co.jp/ehon/

Yahoo! きっず「がんばれ日本 被災した子どもたちを応援しよう」
http://event.kids.yahoo.co.jp/saigai/index.html

第53回「こどもの読書週間」(2011年4月23日~5月12日)

2011年4月23日から5月12日までは第53回「こどもの読書週間」です。2011年の標語は「友だち100冊つくるんだ」となっています。これに合わせて、各地の公共図書館で読み聞かせや子どもの読書に関する展示などのイベントが行われているようです。

社団法人 読書推進運動協議会
http://dokusyo.or.jp/

子どもの読書活動推進ホームページ(文部科学省)
http://www.mext.go.jp/a_menu/sports/dokusyo/shuppan/030301.htm

子どもの読書活動の推進に関する法律(文部科学省)
http://www.mext.go.jp/a_menu/sports/dokusyo/hourei/cont_001/001.htm

歴史資料ネットワーク、文化財レスキュー活動のため被災地へ

歴史資料ネットワーク(史料ネット)が東日本大震災で津波被害に遭った宮城県名取市内の学校に残された古文書保存のため、2011年4月25日から現地入りすると報じられています。歴史資料ネットワークは阪神・淡路大震災をきっかけに発足した、歴史資料保全を目的としたボランティア団体で、水害などの被害にあった古文書を再生させる文化財レスキュー活動などを行っています。

「古文書を救え」文化財レスキュー、週明け宮城へ(MSN産経ニュース 2011/4/23付けニュース)
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110423/dst11042311260017-n1.htm

4/25 宮城県農業高校水損和書レスキュー(史料ネットのブログ 2011/4/20付け記事)
http://blogs.yahoo.co.jp/siryo_net/34544541.html

歴史資料ネットワーク(史料ネット)
http://www.lit.kobe-u.ac.jp/~macchan/

参考:
歴史資料ネットワーク、被災地域での歴史資料保全についてのお願いを発表
http://current.ndl.go.jp/node/17825

風水害の被害にあった資料の救出・保全のための呼びかけ

【イベント】情報メディア学会第10回研究大会(6/25・東京)

2011年6月25日に東京大学で情報メディア学会第10回研究大会が開催されるそうです。基調テーマは「ロボットと情報メディアの未来」で、坂元昂氏による記念講演、シンポジウム、展示出展機関による報告、ポスター発表者によるライトニングトークというプログラムになっています。現在、ポスター発表者を受け付けているとのことです。

第10回研究大会開催のご案内(情報メディア学会)
http://www.jsims.jp/kenkyu-taikai/yokoku/10.html

英国国立公文書館、デジタルアーカイブシステム“Safety Deposit Box”で英国女王賞を受賞

英国国立公文書館(TNA)が英Tessella社と共同開発したデジタルアーカイブシステム “Safety Deposit Box”(SDB)によって英国女王賞(Queen’s Award for Enterprise)のイノベーション部門賞を受賞したそうです。英国女王賞は企業等の優れた活動を対象とした賞で、年1回、女王の誕生日(4月21 日)に贈られるものだそうです。SDBの導入機関は、TNAの他に、ウェルカム図書館、オランダ国立公文書館、オーストリア国立公文書館などがあるようです。

The National Archives and Tessella win Queen's Award for Enterprise (TNA 2011/4/21付けニュース)
http://nationalarchives.gov.uk/news/567.htm

SDB Digital Preservation > Safety Deposit Box
http://www.digital-preservation.com/solution/safety-deposit-box/

(SDBの案内パンフレット)
http://www.digital-preservation.com/wp-content/uploads/SDB4.pdf

英国図書館、4万件の電子メールを含む詩人ウェンディ・コープ氏のアーカイブを購入

2011年4月20日、英国図書館(BL)が詩人ウェンディ・コープ(Wendy Cope)氏のアーカイブを32,000ポンドで取得したと発表しました。このアーカイブには詩のノート、学生時代の宿題、教師時代の資料といった紙資料に加えて、40,000件もの電子メールが含まれているそうです。Wired Campusの記事によれば、BLが大規模な電子メールのコレクションを受け入れるのは、2007年のハロルド・ピンター(Harold Pinter)氏のアーカイブ以来、2度目になるそうです。

'Some sort of record seemed vital.' British Library acquires the archive of Wendy Cope (BL 2011/4/20付けプレスリリース)
http://pressandpolicy.bl.uk/Press-Releases/-Some-sort-of-record-seemed-vital-British-Library-acquires-the-archive-of-Wendy-Cope-4e6.aspx

Archive Watch: British Library Purchases Poet’s 40,000 E-Mails (Wired Campus 2011/4/22付け記事)

国際子ども図書館、ホームページをリニューアル

国立国会図書館国際子ども図書館は、2011年4月23日に、ホームページをリニューアルしました。

国際子ども図書館
http://www.kodomo.go.jp/index.html

国際子ども図書館のホームページをリニューアルしました(国際子ども図書館 2011/4/23付け新着情報)
http://www.kodomo.go.jp/news/2011-15.html

2011年4月25日 国際子ども図書館のホームページをリニューアルしました(国立国会図書館 2011/4/25付けのニュース)
http://www.ndl.go.jp/jp/news/fy2011/1191531_1670.html

ページ