アーカイブ - 2011年 4月 22日

大阪大学出版会、『阪神・淡路大震災における避難所の研究』の全文をウェブで公開

大阪大学出版会が、書籍『阪神・淡路大震災における避難所の研究』の全文(PDFファイル)をウェブで公開しています。

【無料公開書籍】『阪神・淡路大震災における避難所の研究』(大阪大学出版会のサイト)
http://www.osaka-up.or.jp/kokai.html?s=books&ie=UTF8&qid=1282799113&sr=1-1

国立国会図書館東京本館は、2011年4月25日(月)から通常の開館時間となります。

国立国会図書館東京本館は、2011年4月25日(月)から、通常どおり平日19時まで開館します。利用できない資料があった洋図書についても、全面的に利用を再開します。また、『国立国会図書館 月報』2011年4月号に、「東日本大震災の影響について」という記事を、書庫の写真付きで掲載しています。

東日本大震災/サービスの臨時変更(開館時間について)
http://www.ndl.go.jp/jp/news/news_earthquake.html

東京本館でご利用いただけない資料について
http://www.ndl.go.jp/jp/news/materials.html

2011年の“Preservation Week”は4月24日~30日(米国)

米国図書館協会(ALA)の下部組織である図書館コレクション・テクニカルサービス協会(ALCTS)は、2011年の“Preservation Week”を4月24日から30日までとしています。この間、図書館等の関連機関が資料保存に関するイベントを開催し、例えば、ハーバード大学ラモント図書館では、コンサベーターたちが資料の状態をチェックしたり保存方法について相談に乗ってくれる保存クリニックを開くそうです。Preservation Weekのサイトにはイベントの企画・広報用ツールも紹介されています。

Pass It On: Preservation Week April 24–30, 2011 (ALCTS)
http://www.ala.org/ala/mgrps/divs/alcts/confevents/preswk/index.cfm

2011 Preservation Week Event Map (ALCTS)
http://www.ala.org/ala/mgrps/divs/alcts/confevents/preswk/cal.cfm

Learn to Preserve the Treasures in Your Library (Harvard College Library)

文部科学省、2011年度子どもの読書活動優秀実践校・図書館・団体(個人)を公表

2011年4月22日に文部科学省が、2011年度(平成23年度)の子どもの読書活動優秀実践校・図書館・団体(個人)の文部科学大臣表彰被表彰者一覧をそれぞれ公表したようです。

平成23年度子どもの読書活動優秀実践校・図書館・団体(個人):文部科学大臣表彰被表彰者一覧 (学校版)
http://www.mext.go.jp/a_menu/sports/dokusyo/shoukai/cont_003/__icsFiles/afieldfile/2011/04/22/1305289_01_1_1.pdf

平成23年度子どもの読書活動優秀実践校・図書館・団体(個人):文部科学大臣表彰被表彰者一覧 (団体・個人版)
http://www.mext.go.jp/a_menu/sports/dokusyo/shoukai/cont_002/__icsFiles/afieldfile/2011/04/22/1305291_01.pdf

平成23年度子どもの読書活動優秀実践校・図書館・団体(個人):文部科学大臣表彰被表彰者一覧 (図書館版)
http://www.mext.go.jp/a_menu/sports/dokusyo/shoukai/cont_001/__icsFiles/afieldfile/2011/04/22/1305285_01_1.pdf

大分県立図書館、「学校図書館ハンドブック」をウェブサイトで公開

2011年4月22日に、大分県立図書館は、「学校図書館ハンドブック」を同館のウェブサイトで公開したようです。この「学校図書館ハンドブック」は、新学習指導要領で求められる学校図書館の資料と機能の充実を図ることを目的に、県内の小中学校教諭、学校司書、公共図書館司書等の協働によって作成されたものとのことです。ハンドブックでは、学校図書館に求められている役割から具体的な実務まで、図書館運営全般にわたる内容が網羅されており、同館の学校図書館支援サービスや県内公共図書館が取り組んでいる学校支援の事例も紹介されているとのことです。なお、ハンドブック自体はすでに2011年1月に刊行され、同県の小・中学校や県内公共図書館に配布されているようです。

学校図書館ハンドブック (大分県立図書館のウェブサイト)
http://library.pref.oita.jp/kento/information/paper-publication/handbook/

「学校図書館ハンドブック」作成のお知らせ (大分県立図書館 2011/1/26付けの報道発表)
http://kyouiku.oita-ed.jp/kikaku/2011/02/post-131.html

参考:
全国学校図書館協議会、『学力向上のための読書活動:「学校図書館活用ハンドブック」』をPDF公開

ニューヨーク公共図書館(NYPL)の「ライオン」はもうすぐ100歳

ニューヨーク公共図書館(NYPL)入口にある二体のライオン像(PatienceとFortitude)が、2011年5月23日に100歳を迎えるようです。2011年4月21日付けのNew York Timesのブログ記事では、ライオン像の建立の経緯を解説しており、また同記事によると、NYPLはこれにあわせて記念イベントの企画をしているとのことです。

The Library Lions (New York Public Libraryのウェブサイト)
http://www.nypl.org/help/about-nypl/library-lions

特種紙商事、米国議会図書館の「被災した大切な資料や物品の保存」 を翻訳

2011年4月22日、米国議会図書館(LC)が作成した被災資料などの保存方法を紹介する“Preserving Treasures After the Disaster”というページを特種紙商事株式会社が翻訳した「被災した大切な資料や物品の保存」を公開しました。LCのページでは写真や動画も掲載されています。

被災した大切な資料や物品の保存(PDF)
http://www.tokushu-papertrade.jp/digimon/mon-blog/%E3%80%8C%E8%A2%AB%E7%81%BD%E3%81%97%E3%81%9F%E5%A4%A7%E5%88%87%E3%81%AA%E8%B3%87%E6%96%99%E3%82%84%E7%89%A9%E5%93%81%E3%81%AE%E4%BF%9D%E5%AD%98%E3%80%8D.pdf

Preserving Treasures After the Disaster (LC)
http://www.loc.gov/preservation/family/ftpreserv.html

「被災した大切な資料や物品の保存」 米国議会図書館資料保存のページから(特種紙商事のブログ「ブログもんじょ箱」 2011/4/22付け記事)

オックスフォード大学ボードリアン図書館、楽譜のデジタル化作業にクラウドソーシングを採用へ

英国のオックスフォード大学ボードリアン図書館が、2011年夏にデジタル化される予定の楽譜約6,000点について、クラウドソーシング(インターネット上の不特定多数に業務をアウトソーシングすること)の手法を適用しようとしているそうです。これらの大部分は目録が取られておらず、一般ユーザの力を借りて音楽記号の認識などを行いたいとしています。“What's the score at the Bodleian?”と命名された同プロジェクトに多くの人を巻き込むため、この名前がプロジェクトの主旨を分かりやすく伝えるものになっているか等を調査するアンケートが行われています。

What's the Score at the Bodleian? (プロジェクトのブログ)
http://whatsthescoreatthebodleian.wordpress.com/

"What's the Score at the Bodleian?" Survey (アンケート)
http://www.surveymonkey.com/s/whats-the-score

Bodleian Library
http://www.bodleian.ox.ac.uk/bodley

引退した図書館巡回車、宮城県内の避難所を巡る

北海道滝川市立図書館で使われていた図書館巡回車プラタナス号が、市民から寄付された約2,000冊の絵本・児童書を子どもたちに届けるため、4月19日からの4日間、宮城県内の避難所を巡回しているとのことです。図書には滝川市の子どもたちからのメッセージカードが添えられているそうです。

滝川の図書館車、宮城走る 3月末引退 市民寄付の2000冊配布(どうしんweb 2011/4/22付けニュース)
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/topic/287695.html

滝川市立図書館(「被災地の子どもたちに絵本を届けようについて」として同プロジェクトについて記述あり)
http://www.city.takikawa.hokkaido.jp/kyouikubu/tosyokan/tosyokan.jsp

被災地の新聞を避難先の公共図書館で

鳥取県立図書館や沖縄県宮古島市図書館が、東日本大震災の被災地で発行されている新聞を取り寄せて提供していると報じられています。地元紙を通じて細かい復旧状況や避難所の状況などを知ることができ、県内に滞在している避難者に喜ばれているとのことです。

地元紙取って情報面を支援 沖縄・宮古島市図書館(河北新報ニュース 2011/4/21付けニュース)
http://www.kahoku.co.jp/news/2011/04/20110421t73039.htm

被災地の新聞、図書館で閲覧へ/仙台市民が提供(宮古毎日新聞 2011/4/8付けニュース)
http://www.miyakomainichi.com/2011/04/17217/