アーカイブ - 2011年 3月 7日

ニュージーランドの国勢調査、クライストチャーチの地震により中止に

ニュージーランド統計局(Statistics New Zealand)は、2011年2月22日にクライストチャーチ付近で起きた地震により、同年3月に予定していた国勢調査を中止し、2011年中は行わない予定であることを発表しています。同国の国勢調査は5年に1度実施されており、過去にも1931年と1941年の2度、中止されているとのことです。

About 2011 Census(ニュージーランド統計局)
http://www.stats.govt.nz/Census/2011-census.aspx

「デジタルキュレーションと保存に関する文献リスト2010」と「学術情報のデジタル出版に関する文献リスト2010」

Digital Schlarshipで、“Digital Curation and Preservation Bibliography 2010”と、“Scholarly Electronic Publishing Bibliography 2010”という二つの文献リストが公開されています。執筆者は、両方の文献とも、同ウェブサイトを運営しているベイリー(Charles W. Bailey)氏です。前者の“Digital Curation and Preservation Bibliography 2010”は、2000年から2010年までの、デジタルキュレーションとデジタル保存等に関する英語文献約500件の情報を掲載したもので、後者の“Scholarly Electronic Publishing Bibliography 2010”は、1990年から2010年までのデジタル著作権や電子書籍、オープンアクセス等の、学術情報のデジタル出版に関する英語の書誌情報、約3,800件を掲載しているとのことです。いずれもペーパーバック版は有料ですが、同ウェブサイトからダウンロードできるPDF版はオープンアクセスとのことです。

100万冊を配る“World Book Night”(英国)

2011年3月5日に英国とアイルランドで“World Book Night”というイベントが開催されたようです。これは、出版者や書店員、ジャーナリストや図書館員等からなるイベントの委員会が選んだ25タイトルのそれぞれのコピー4万冊、計100万冊を、ボランティア2万人がロンドンのトラファルガー広場等で道行く人に配るというもののようです。配られた本には、ベネット(Alan Bennett)氏やル・カレ(John le Carre)氏等の著作も含まれているようです。このイベントは、Canongate Booksという英国の出版社のJamie Byng氏の発案によるもので、出版社協会(Publishers Association)、書籍販売協会(Booksellers Association)、Reading Agency with librariesやBBC等の各機関・団体が協力したとのことです。なお、イベントのウェブサイトでは、すでに次回の2012年の開催に向けて参加者の登録を受け付けているようです。

World Book Night
http://www.worldbooknight.org/index.php

The great books giveaway (Guardian 2011/3/4付けの記事)

国際図書館連盟(IFLA)、2011年年次大会への参加費用を賞品にしたエッセイコンテストを実施

国際図書館連盟(IFLA)の大学・研究図書館分科会(Academic and Research Libraries Section)が、エッセイコンテストを実施するとして、アフリカ、ラテンアメリカ、アジア太平洋という3つの地域の図書館員から作品を募集しています。各地域の優勝者3名には、2011年8月に行われるIFLA年次大会への参加費用が支払われるとのことです。

Academic and Research Libraries Essay Contest 2011(IFLA 2011/3/3付けのニュースリリース)
http://www.ifla.org/en/news/academic-and-research-libraries-essay-contest-2011

国際ブルーシールド委員会、ニュージーランド・クライストチャーチの地震被害に対する声明を発表

2011年3月4日付けの国際図書館連盟(IFLA)のウェブサイトに、ニュージーランド・クライストチャーチの地震被害に関する、国際ブルーシールド委員会(International Committee of the Blue Shield)からの声明が掲載されています。声明では、今回の地震で人命が失われたこととともに、文化遺産地域や施設が甚大な被害を受けたことに対して、深い哀悼の意が表明されているようです。さらに、今後当局によって文化遺産の保護が適切に行われるであろうことを強く期待している等と述べられているようです。

Blue Shield Statement on Christchurch (IFLA 2011/3/4付けのニュース)
http://www.ifla.org/en/news/blue-shield-statement-on-christchurch

メンテナンス作業に伴うサービス停止のお知らせ(3月9日10時~12時)

「カレントアウェアネス・ポータル」は、メンテナンス作業のため、2011年3月9日(水)10時~12時の間、システムを一時停止いたします。ご迷惑をおかけしますが、どうぞご了承ください。