アーカイブ - 2011年 12月 15日

福島県の県立図書館・大学図書館等3館が図書館相互協力協定「ふくふくネット」を締結

2011年12月8日、福島県立図書館と福島大学附属図書館、そして福島県立医科大学附属学術情報センターの3館が図書館相互協力協定「ふくふくネット」を締結したようです。この「ふくふくネット」では、資料の相互利用や職員の相互研修、資料等の交換に関することが主な協定内容となっているようです。

福島県立図書館 国立大学法人福島大学附属図書館 公立大学法人福島県立医科大学附属学術情報センター協定締結式 (福島県立図書館 2011/12/15付けの記事)
http://www.library.fks.ed.jp/ippan/gyoji/gyoujihoukoku/23gyouji_houkoku_fukufukunet_teiketushiki.htm

ケンブリッジ大学図書館、『プリンキピア』を含むニュートンの手稿資料をデジタル化公開

2011年12月9日付けのケンブリッジ大学図書館の記事によると、同館は、所蔵しているアイザック・ニュートンの手稿資料等4,000ページ以上をデジタル化し、電子図書館“Cambridge Digital Library”で公開したようです。公開された資料の中には『プリンキピア』(Philosophiae naturalis principia mathematica)も含まれており、同館では今後も資料の公開を続けていくとしています。

Newton Papers (Cambridge Digital Libraryのウェブページ)
http://cudl.lib.cam.ac.uk/collections/newton

Cambridge University Library gives Newton papers to the world (Cambridge University Library 2011/12/9付けの記事)
http://www.lib.cam.ac.uk/newspublishing/index.php?c=1#news321

物理学者アイザック・ニュートンの大学ノート・自筆書、英Cambridge大学図書館が電子化、ダウンロード可能に (hon.jp 2011/12/13付けの記事)

欧州委員会(EC)がオープンデータ戦略を発表、2012年春にデータ利用のためのポータルサイト開設へ

2011年12月12日に欧州委員会(EC)は、欧州全体で毎年400億ユーロの経済効果をもたらすものと期待されるとして「欧州オープンデータ戦略」(Open Data Strategy for Europe)を発表したようです。ECのプレスリリースによると、EU及びEU加盟各国のデータを広く活用できるようにすることを目的に、2012年春にもオープンデータポータルサイトを開設するようです。また、2003年に加盟各国に対して示された公的機関情報の再利用に関するEU指令をアップデートするため、公的機関が作成したアクセス可能な全ての文書については、第三者の著作権を侵害しない限り商用/非商用を問わずあらゆる目的で利用できるようにする一般原則を定めること等も提案しているようです。

Digital Agenda: Turning government data into gold (EUROPA 2011/12/12付けの記事)
http://europa.eu/rapid/pressReleasesAction.do?reference=IP/11/1524

EU gets open data strategy (Guardian 2011/12/12付けの記事)

Springer社、同社のAPIを活用したプログラミングコンテスト“Springer API Challenge 2.0”を実施

学術出版大手のSpringer社が、第1回目となった2010年に引き続き、同社のAPIを活用したプログラミングコンテスト“Springer API Challenge 2.0”を実施するそうです。アプリケーション開発において使用するAPIには、“Springer Metadata API”、“Springer Images API”、“Springer Open Access API”の3種類があり、各APIに対して「メタデータ内の傾向を分析し、それに基づいた新しい検索システムを開発せよ」等の目標が設定されている点が2010年とは異なるようです。コンテストには、個人または3名までのチームが参加でき、作品の提出締切は2012年5月31日で、受賞作品は6月に発表されるとのことです。

Springer API portal
http://dev.springer.com/

Springer API Challenge 2.0 open now (Springer 2011/12/13付けプレスリリース)
http://www.springer.com/about+springer/media/pressreleases?SGWID=0-11002-6-1317921-0

参考:
Springer社、APIコンテストを実施

オープンソースのディスカバリインタフェース“eXtensible Catalog”のデモサイトが公開

2011年12月14日、米ロチェスター大学が中心となって開発しているオープンソースのディスカバリインタフェース“eXtensible Catalog”(XC)のデモサイトが公開されています。デモサイトに登録されているのは同大学の書誌レコードと所蔵レコード各260万件とのことです。日本では九州大学がXCを導入して“Cute.Catalog”という名称でサービスを提供しており、デモサイトのひとつとしても紹介されています。また、12月8日付けで、XCで使用されている“NCIP Toolkit”のバージョン1.0がリリースされたと発表されています。

XCデモサイト (XC)
http://extensiblecatalog.org/xc/demo

Cute.Catalog (九州大学のXC)
http://catalog.lib.kyushu-u.ac.jp/

XC Discovery Interface Demo Website (XC Drupal Toolkit)
http://www.extensiblecatalog.org/software/drupaltoolkit/demo

XC Discovery Interface Demo Website (XC 2011/12/14付け情報)

OCLC、FASTに収録された160万件の件名データをLinked Dataとして公開

2011年12月14日、OCLC Researchが、FAST(Faceted Application of Subject Terminology)に収録された160万件の典拠データをLinked Data形式で公開開始しました。FASTは、米国議会図書館件名標目表(LCSH)を簡易なフォーマットで表現してウェブ上で利用しやすくしたものです。これに先だって、2011年11月にはFASTのデータを検索するためのインタフェース“searchFAST”が公開されています。なお、米国議会図書館(LC)は“Authorities & Vocabularies”というサービスを通して、2009年からLCSHをLinked Data形式で提供しています。

FAST Linked Data (OCLC)
http://id.worldcat.org/fast/

searchFAST
http://fast.oclc.org/searchfast/

FAST (Faceted Application of Subject Terminology) (OCLC)
http://www.oclc.org/research/activities/fast/default.htm

奈良文化財研究所、「墨書土器字典画像データベース」を一般公開

2011年12月15日、奈良文化財研究所(奈文研)が「墨書土器字典画像データベース」を一般公開しました。墨書土器(墨で文字や模様が書かれた土器)の文字の画像と、墨書土器そのもののデータをリンクさせたデータベースとのことです。現在、平城宮墨書土器210点分のデータが収録されているそうです。同日、合わせて「木簡字典」のリニューアルも発表されています。

墨書土器字典画像データベース(奈文研)
http://bokushodoki.nabunken.go.jp/index.html

本日リニューアル!&墨書土器字典もオープンしました!(奈文研 2011/12/15付けお知らせ)
http://jiten.nabunken.go.jp/news/list/44.html

弘前大学附属図書館、 「津軽領元禄国絵図写」デジタル版を公開

2011年11月30日に、弘前大学附属図書館が「津軽領元禄国絵図写」のデジタル版を公開したようです。ウェブサイトの説明によると、「津軽領元禄国絵図写」は、弘前藩が江戸幕府から元禄時代に徴収された津軽領国絵図の写と見られているとのことです。

津軽領元禄国絵図写ビューア
http://www.ul.hirosaki-u.ac.jp/collection/rare/viewer/

弘前大学附属図書館 (2011/11/30付けの「お知らせ」に、「[図書館案内] 津軽領元禄国絵図写デジタル版を掲載しました。」とあります。)
http://www.ul.hirosaki-u.ac.jp/