アーカイブ - 2011年 11月 28日

SHERPA/RoMEOによると、セルフアーカイブを全く認めないジャーナルは5%

SHERPA Services Blogに、学術雑誌出版社のセルフアーカイビングに関する著作権ポリシーを集めたデータベース“SHERPA/RoMEO”のデータを分析した結果が掲載されています。対象データは2011年11月15日時点の約19,000タイトルのジャーナルで、以下の内容等が含まれているようです。

・ジャーナルの50%が“Green”、10%が“Blue”、27%が“Yellow”、13%が“White”だった(各色の意味については“RoMEO colours”を参照)。
・エンバーゴ期間内に制限なしに論文をセルフアーカイブできるかどうかについては、ジャーナルの13%が出版社版・著者版などを含めて全く許可していなかった。
・エンバーゴ期間終了後に、制限なしに論文をセルフアーカイブできるかどうかについては、ジャーナルの9%が全く許可していなかった。
・エンバーゴ期間終了後に、何らかの制限を満たせば(出版社から許可を取る、必要な料金を支払う等)論文をセルフアーカイブできるかどうかについては、ジャーナルの5%が全く許可していなかった。
・エンバーゴ期間の長さについては、12か月(47%)、24か月(28%)、6か月(17%)の順で多かった。

文部科学省、「歴史地震史料調査」を含めた「東北地方太平洋沖で発生する地震・津波の調査観測」の公募を開始

2011年11月25日、文部科学省が、2011年度からの5か年事業として、東北地方太平洋沖で発生する地震・津波の調査観測を開始し、調査を実施する機関の公募を行うと発表しました。調査対象となっている7種類のサブテーマには「歴史地震史料調査」が含まれており、岩手県から千葉県にかけての沿岸における過去の地震や津波に関する古文書・古絵図等を収集して、発生場所や時期、規模、被害状況等を解析し、収集した史料のデータベース化を行う、とされています。

平成23年度「東北地方太平洋沖で発生する地震・津波の調査観測」に関する公募について(文部科学省 2011/11/25付け情報)
http://www.mext.go.jp/b_menu/boshu/detail/1313573.htm

図書館の利用と学生の業績との相関関係を調べる“Library Impact Data Project”の発表資料(英国)

英国のハダースフィールド大学など8大学が、2011年2月1日から7月31日まで、図書館の利用と学生の業績との間の相関関係を統計的に実証することを目的として行っていた“Library Impact Data Project”の発表資料が公開されていました。同プロジェクトでは、学生の成績を4種類(First-class = 1、Upper second class = 2:1、Lower second class = 2:2、Third-class = 3)に分け、2005年度~2009年度の5年間における貸出冊数、電子リソースログイン数、入館数などについて調査したようで、PowerPoint資料のp.13やp.17にグラフが掲載されています。

The Library Impact Data Project. In: Internet Librarian International 2011, 27-28 October 2011
http://eprints.hud.ac.uk/11659/

The End is Nigh… (Library Impact Data Project 2011/10/22付け記事)
http://library.hud.ac.uk/blogs/projects/lidp/2011/10/22/the-end-is-nigh/

大日本印刷、出版コンテンツの著作権契約管理サポートサービスを電子書籍向けに強化して提供開始

大日本印刷株式会社は、2010年に開発した各種出版コンテンツの著作権契約の管理業務サポートサービスを、電子書籍向けに強化して2011年11月25日からASPサービスで提供開始したと発表しました。同サービスでは、短編1話分・連載1回分・セット商品のような多様な電子書籍の契約情報を管理して印税計算を行うシステムや、支払通知書の作成・発送などをDNPが受託するサービスが提供されるようです。既に、東京大学出版会にて実用を見込んだトライアル導入が決定しているそうです。

電子書籍向けの著作権契約管理業務サポートサービスを強化(大日本印刷 2011/11/25付けプレスリリース)
http://www.dnp.co.jp/news/10015009_2482.html

国立国語研究所、音声データ661時間分や転記テキスト752万語等を含む「日本語話し言葉コーパス」第3刷の申込受付を開始

2011年11月28日、国立国語研究所が「日本語話し言葉コーパス」第3刷の受付を開始しました。これは、同研究所が情報通信研究機構・東京工業大学と共同開発した、大量の日本語の自発音声に研究用情報を付加した話し言葉研究用のデータベースで、2004年6月に第1刷が、2008年5月に第2刷が作成されています。第3刷は、17枚のDVDから成り、音声データ661時間分や転記テキスト752万語など17種類のデータ・ツールが含まれているようです。

日本語話し言葉コーパス
http://www.ninjal.ac.jp/csj/

申込方法
http://www.ninjal.ac.jp/csj/apply/

参考:
国立国語研究所、書籍やブログなどから抽出した1億語の現代日本語コーパスを検索できる「中納言」を公開
http://current.ndl.go.jp/node/18854

BioMed CentralとBGI、論文とデータセットを合わせて公開できるオープンアクセス誌“GigaScience”を創刊

英国のBioMed Centralと中国のBGI(旧名:Beijing Genomics Institute)が共同で、生命・生物医学分野を対象とした“GigaScience”というオープンアクセスジャーナルを創刊し、現在投稿を受け付けているようです。同誌の特徴は、従来の形式の論文とデータセットを合わせて公開できるという点にあるようです。各論文はオランダ国立図書館の“e-Depot”でただちにアーカイブされ、データセットはDOIが付与された後に“GigaDB”というデータベースに登録され、クリエイティブコモンズのCC0ライセンス(パブリックドメイン)で公開されるようです。

GigaScience
http://www.gigasciencejournal.com/

GigaScience – a repository for large datasets (BioMed Central Blog 2011/11/23付け記事)
http://blogs.openaccesscentral.com/blogs/bmcblog/entry/gigascience_a_repository_for_large

GigaDB
http://gigadb.org/

SAGE社の新しい電子書籍用プラットフォームに、TEMIS社の“Luxid for Content Enrichment”が採用

学術出版大手のSAGE社が、同社が2012年にリリース予定の新しい電子書籍プラットフォーム“SAGE Knowledge”のために、米TEMIS社が販売する“Luxid for Content Enrichment”等を導入したそうです。“Luxid for Content Enrichment”は、概念・意味抽出やコンテンツの自動分類・リンキングといった手法を用いて非構造・多言語データの管理を行うソリューション、とされています。TEMIS社の製品は、Elsevier、Nature Publishing Group、Springer、Thomson Reuters、HighWire Press、米国国立農学図書館(NAL)等でも採用されているようです。

SAGE Invests in User Experience (TEMIS 2011/11/21付けプレスリリース)
http://www.temis.com/?id=95&selt=14

Luxid for Content Enrichment (TEMIS)
http://www.temis.com/index.php?id=235&selt=1