アーカイブ - 2011年 11月 17日

メンテナンス作業のお知らせ(11月18日14~16時ごろ)

2011年11月18日の14~16時ごろ、メンテナンス作業を実施するため、一時的に「カレントアウェアネス・ポータル」に接続できないことがあります。ご迷惑をおかけしますが、どうぞご了承ください。

総務省、2020年頃のICTサービス・システム等に関する意見募集を開始

2011年11月17日、総務省が、「知識情報社会の実現に向けた情報通信政策の在り方」に係る2020年頃のICTサービス・システム等に関する意見募集を開始しました。募集期間は12月16日までです。ICTの進展を含む2020年頃までの社会像や、今後取り組むべき課題及びICTサービス・システム等について意見が求められています。

「知識情報社会の実現に向けた情報通信政策の在り方」に係る2020年頃のICTサービス・システム等に関する意見募集(総務省 2011/11/17付け報道資料)
http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01tsushin01_02000023.html

意見募集要項(Wordファイル)
http://www.soumu.go.jp/main_content/000135738.doc

オーストラリア国立図書館の情報探索システムTroveの機能拡張作業についての記事

オーストラリア国立図書館の情報探索システムTroveの機能拡張作業についての記事が、D-Lib Magazineの2011年11/12月号に掲載されています。2011年5月に実施されたバージョン4.0へのバージョンアップについてのもので、この時に、1億2千万件の電子ジャーナルの記事等が検索対象として追加されたのことです。なお、2011年11月15日にTroveはバージョン4.4になり、ロゴも新しくなったとのことです。

Extending the Scope of Trove: Addition of E-resources Subscribed to By Australian Libraries(D-Lib Magazine Volume 17, Number 11/12)
http://www.dlib.org/dlib/november11/holley/11holley.html

Trove
http://trove.nla.gov.au/

Site news(バージョンアップについての情報)
http://trove.nla.gov.au/general/completedlist

参考:
オーストラリア国立図書館の情報探索サービス“Trove”が政府のICT優秀賞を受賞

Google Scholar、“Citations”機能を一般公開

2011年7月にGoogle Scholarに追加された新機能“Citations”は、当初は一部の研究者のみに限定されていましたが、2011年11月16日に一般公開されたようです。利用申請をすることで、自身のプロフィールページが与えられ、被引用数などの各種指標を確認できるようになるようです。

Google Scholar Citations Open To All (Google Scholar Blog 2011/11/16付け記事)
http://googlescholar.blogspot.com/2011/11/google-scholar-citations-open-to-all.html

利用登録ページ
http://scholar.google.com/citations?view_op=new_profile&hl=en

Googleがデジタル化した「5百万冊の本から学んだこと」

TED(Technology Entertainment Design)のウェブサイトで、2011年7月に行われた「5百万冊の本から学んだこと」(What we learned from 5 million books)という講演の動画が公開されています。TEDは、TEDカンファレンスと呼ばれるイベントを主催し、そこで多様な分野の専門家が行った講演の動画をウェブ上で公開しています。ここで、「5百万冊の本」は、Googleがデジタル化した図書の一部を指しています。講演では、5百万冊の図書のなかで特定の単語や文章がどのように登場するかを調べられる“Google Books Ngram Viewer”というツールを使って分かった様々なことが紹介されています。

5百万冊の本から学んだこと(日本語字幕付き)
http://www.ted.com/talks/lang/ja/what_we_learned_from_5_million_books.html

Salem Press社、米国の図書館関係の助成金情報を提供するウェブサイト“The Library Grants Center”を公開

Salem Press社が、米国の図書館関係の助成金情報を提供するウェブサイト“The Library Grants Center”を公開しました。助成の種類や対象となる館種を限定しているものが多い既存の情報源とは異なり、汎用的なツールを作ることを目的としているようです。このウェブサイトでは、国レベルの助成をまとめた“National Library Grants”、州レベルの助成をまとめた“State Library Grants”、助成に関する情報源をまとめた“Library Grants: How-To”という3種類のコンテンツが掲載されているようです。

The Library Grants Center
http://salempress.com/store/grants/grants.htm

米ロチェスター大学、オープンソースのディスカバリインタフェース“eXtensible Catalog”に関する書籍のPDF版を公開

米ロチェスター大学の機関リポジトリで、オープンソースのディスカバリインタフェース“eXtensible Catalog”(XC)に関する書籍“Scholarly Practice, Participatory Design and the eXtensible Catalog”のPDF版が公開されているようです。同書は、同大学がXCを開発する過程で実施した研究者の行動調査の結果などをまとめたものです。

Scholarly Practice, Participatory Design and the eXtensible Catalog (UR Research)
http://hdl.handle.net/1802/12375

参考:
研究者はいかに学術情報を利用しているか? “eXtensible Catalog”プロジェクトに関する書籍が出版
http://current.ndl.go.jp/node/18168

オープンソースの図書館システム“Kuali OLE”のバージョン0.3がリリース

2011年11月16日、Kuali財団が、オープンソース次世代図書館システム“Kuali OLE”(Open Library Environment)バージョン0.3のリリースを発表しました。デモサイトも公開されています。開発のロードマップによると、バージョン0.3ではコア技術部分の実装が終わったという段階のようで、今後バージョンアップを重ねていき、2012年12月にバージョン1.0がリリースされる予定のようです。

Kuali Announces Release of Kuali OLE 0.3 (Kuali Foundation 2011/11/16付けプレスリリース)
http://kuali.org/news/kuali-announces-release-kuali-ole-03

Kuali-OLE開発ロードマップ
http://kuali.org/OLE/Timeline

Test Drive (デモサイト)
http://demo.ole.kuali.org/ole-demo/portal.jsp

OLE 0.3 Drivers Manual (マニュアル)

米国議会図書館(LC)が電子書籍の探し方についてまとめたウェブページ“Finding E-books: A Guide”

米国議会図書館(LC)のデジタルレファレンス担当部署が、電子書籍に関する情報をまとめた“Finding E-books: A Guide”というウェブページを公開しているようです。LC内外の電子書籍の探し方、電子書籍リーダーやフォーマットの一覧、著作権の問題、(視覚障害者向け)オーディオブックの入手先などの情報が紹介されています。

Finding E-books: A Guide (LC)
http://www.loc.gov/rr/program/bib/ebooks/

Virtual Programs and Services, Digital Reference Section (LC)
http://www.loc.gov/rr/program/