アーカイブ - 2011年 10月 6日

札幌市中央図書館の電子図書館実証実験、パソコンモニターが始まる

2011年10月4日から、札幌市中央図書館が電子図書館実証実験パソコンモニターを開始したようです。同館のウェブサイトでは、実証実験で利用されるコンテンツや電子図書館の画面等が公開されています。

電子図書館実証実験パソコンモニター始まりました (札幌市の図書館 2011/10/4付けの記事)
http://www.city.sapporo.jp/toshokan/info/system111004.html

参考:
電子図書館実証実験、札幌市中央図書館でも実施へ
http://current.ndl.go.jp/node/18812

「米国デジタル公共図書館」、初のカンファレンスに向け新サイトを公開

米国ハーバード大学バークマンセンターを中心に、設立に向けた検討が進められている「米国デジタル公共図書館」(Digital Public Library of America:DPLA)の新たなウェブサイトが、2011年10月4日に公開されました。これは、10月21日に米国国立公文書館(NARA)で開催されるDPLA初のカンファレンスに向けて作成されたもののようです。一般公開で開催されるカンファレンスでは、DPLAのあり方に関するコードやコンセプト等を広く募集した、2011年夏のベータスプリントから選ばれた9つの企画のプレゼンテーションが行われるようです。ウェブサイトでは、カンファレンスの参加申込が行われているほか、9つの企画の紹介リストも提供されているようです。

Digital Public Library of America
http://dp.la/
http://www.digitalpubliclibraryofamerica.org/

Public Conference to Showcase Innovative Ideas for the Digital Public Library of America (Berkman Center for Internet & Society 2011/10/5付けの記事)

10月6日を「デジタルアーカイブの日」とする活動(米国)

デジタルアーカイブに対する関心を喚起するために、10月6日を「デジタルアーカイブの日」とする活動があるようです。主催者は、米国バージニア大学のデジタルアーキビストであるGretchen Gueguen氏や、メリーランド大学のデジタルコレクションの責任者であるJennie Levine Knies氏等のようです。主催者のウェブサイトでは、デジタルアーカイブに携わるアーキビストやデジタル人文学研究者等に対して、ソーシャルメディアを通じて自身の仕事の紹介や、デジタルアーカイブとは何か等といった質問に応えるよう呼び掛けているようです。

Day of Digital Archives
http://dayofdigitalarchives.blogspot.com/

イタリア語版Wikipediaが停止

2011年10月5日に、Wikipediaのイタリア語版が停止していると各紙が報じています。これは、プライバシー侵害の申し立てがあった場合、ウェブサイト管理者は48時間以内に内容を訂正しなければならないとする条項を含んだ法案が国会に提出されたことに対する抗議活動のようです。イタリア語版Wikipediaのトップページではこの抗議活動に関する説明が掲載されているようです。

Wikipedia (イタリア語版)
http://it.wikipedia.org/wiki/Wikipedia:Comunicato_4_ottobre_2011

Wikipedia Italia chiusa per protesta contro Ddl intercettazioni (FullPress 2011/10/5付けの記事)
http://www.fullpress.info/Internet/Wikipedia-Italia-chiusa-per-protesta-contro-Ddl-intercettazioni/7-42424-1.html

Italy wiretap law: Wikipedia hides pages in protest (BBC 2011/10/5付けの記事)

名古屋文理大学、ソーシャルリーディングの教育分野における活用に関する実証実験を実施

情報メディア学科の新入生全員にiPadを無償配布している名古屋文理大学が、ロゴスウェア、名古屋教育ソリューションズ、翔泳社の3社と協同して、ソーシャルリーディングの教育分野における活用に関する実証実験を開始したそうです。翔泳社のIT関連書籍を電子書籍化し、電子書籍上のコメント共有を持つロゴスウェアの“Libra”というプラットフォームを用いて実験を行うとのことです。研究期間は2011年8月1日から2012年2月末日とされています。

ロゴスウェア、名古屋文理大学長谷川聡先生と産学協同プロジェクトをスタート(CNET Japan 2011/10/5付けニュース)
http://japan.cnet.com/release/30009016/

Libra
http://libra.logosware.com/

NTTドコモ、写真・画像から文字列を抽出できる「文字認識API」を無償でトライアル提供

NTTドコモが、写真や画像に含まれる文字列を認識・抽出する「文字認識API」の無償トライアル提供を開始すると発表しました。API利用受付申請期間は2011年10月5日~11月30日、API提供期間は12月上旬~2012年5月31日と予定されています。文字認識APIには、処理時間が3秒程度の「行画像文字認識API」(行画像=文字を1行だけ含むような画像)と、2分程度の「情景画像文字認識API」(情景画像=通常の風景写真などの画像)の2種類があり、どちらもJavaライブラリとして提供されるほか、後者についてはWeb APIでも提供されるようです。

文字認識API(NTTドコモ)
http://recognize.jp/

NTTドコモ、独自開発した文字認識技術をAPIでトライアル提供(マイコミジャーナル 2011/10/5付けニュース)
http://journal.mycom.co.jp/news/2011/10/05/081/

参考:
CA1718 - 動向レビュー:電子化の現場からみたOCRの動向 / denshikA
http://current.ndl.go.jp/ca1718

E960 - BL新聞デジタル化プロジェクトでのOCRの正確性評価<文献紹介>
http://current.ndl.go.jp/e960

東京都立中央図書館、「江戸・東京デジタルミュージアム」を開設

2011年10月5日に、東京都立中央図書館が江戸・東京の歴史や文化を楽しみながら学ぶことができるウェブサイト「江戸・東京デジタルミュージアム」を開設したようです。ウェブサイトでは、歌舞伎と相撲を紹介する「大江戸エンターテインメント」と、江戸の衣食を知る「大江戸スタイル」という2つのテーマについて、解説とともに同館の資料を閲覧できるようです。なお、今後の更新で全8テーマを紹介する予定とのことです。

江戸・東京デジタルミュージアム
http://www.library.metro.tokyo.jp/edo/tokyo/index.html

ウェブサイト「江戸・東京デジタルミュージアム」の開設 (東京都 2011/10/5付けの記事)
http://www.metro.tokyo.jp/INET/OSHIRASE/2011/10/20la5100.htm