アーカイブ - 2011年 10月 25日

Serials Solutions社、開発中のウェブスケール図書館業務管理システムに関するオンラインセミナーの動画を公開

米Serials Solutions社が2011年10月18日から22日にかけて開催した、以下のオンラインセミナーの動画が公開されています。テーマは同社が現在開発中のウェブスケール図書館業務管理システムなどです。

・Using Linked Data to Create Efficiencies in the Library
・How System Interoperability Streamlines and Improves Library Management
・Uncover Cost Savings with Web-Scale Management
・What's New and Upcoming with the Summon Service

Serials Solutions at upcoming events in London and Charleston; recent webinar recordings available (LIS-E-RESOURCES 2011/10/25付け) ("Recent Webinar Recordings"以下に4本の動画へのリンクがあります)
https://www.jiscmail.ac.uk/cgi-bin/webadmin?A2=LIS-E-RESOURCES;8f717141.1110

10月27日は世界視聴覚遺産の日

毎年10月27日は、ユネスコの定める「世界視聴覚遺産の日」(World Day for Audiovisual Heritage)とされており、2011年のテーマには“Audivisual Heritage: See, Hear, and Learn”が掲げられています。この日にちなんで世界各国ではイベントが予定されており、日本では10月27日に東京の求道会館で、11月5日には東京国立近代美術館フィルムセンター等でイベントが開催されるようです。

World Day for Audiovisual Heritage 2011
http://www.pia.gov.ph/wdavh2011/?m=1

World Day for Audiovisual Heritage 2011 (UNESCOのウェブサイト)
http://www.unesco.org/new/en/communication-and-information/access-to-knowledge/archives/world-day-for-audiovisual-heritage/world-day-for-audiovisual-heritage-2011/

ユネスコ「世界視聴覚遺産の日」 (東京国立近代美術館フィルムセンターのウェブサイト)

国立国会図書館、ISIL(図書館及び関連組織のための国際標準識別子)のページを開設

国立国会図書館は、2011年10月20日付けで、「図書館及び関連組織のための国際標準識別子」(ISIL)のページを開設しました。ISILは、図書館をはじめ博物館、美術館、文書館などの類縁機関に付与される国際的なIDで、国立国会図書館が、日本の国内登録機関として日本国内のISIL付与及び管理を行います。ISILのページでは、ISILを持つ機関の基本的な情報を登録したファイル(ISIL管理台帳)を公開しています。

図書館及び関連組織のための国際標準識別子(ISIL)
http://www.ndl.go.jp/jp/library/isil/index.html

参考:
CA1715 - 図書館及び関連組織のための国際標準識別子ISIL / 宮澤 彰
http://current.ndl.go.jp/ca1715

米カリフォルニア大学、大学出版局の共同オンラインプラットフォーム“University Press Scholarship Online”に参加へ

2012年3月、米カリフォルニア大学が、英オックスフォード大学出版局の運営している他大学出版局の書籍もオンラインで提供するプラットフォーム“University Press Scholarship Online”(UPSO)に参加すると発表されました。UPSOには現在6大学が参加しており、21分野の7,000タイトル以上の図書が利用可能とされています。UPSOは、OpenURLやDOIをサポートし、コンテンツはPorticoでアーカイブされているそうです。

University of California Press joins UPSO (UPSO 2011/10/24付けプレスリリース)
http://www.universitypressscholarship.com/newsitem/44/university-of-california-press-joins-upso

米国計算機学会(ACM)、研究者が自著論文の出版社版を無料公開できる新サービス“ACM Author-Izer”を開始

米国計算機学会(ACM)が、ACMのジャーナルに論文を掲載した研究者を対象とした新サービス“ACM Author-Izer”を開始しました。このサービスを使うと、著者は自著論文の出版社版を自身のウェブページなどで無料公開できるようです。ACMはオープンアクセスポリシーとして著者に論文のセルフアーカイブを許可(Green road)しており、ACM Author-Izerはそれを拡充するものだとされています。ACM Author-Izerを利用するためには、ACM Digital Libraryにログインし、論文を公開するウェブページのURLなどを入力して、ウェブページに埋め込むためのHTMLコード(論文ダウンロード用URL、このURLからダウンロードされた論文の統計含む)を取得するという流れになるようです。

ACM AUTHOR-IZER SERVICE
http://www.acm.org/publications/acm-author-izer-service

ACM Author-Izer Service (サービスを解説したPowerPointファイル)
http://www.acm.org/publications/Author-Izer-2011-update.pptx

デジタルキュレーションセンター(DCC)、データセットの引用方法を解説したガイドブックを公開

2011年10月21日に、英国のデジタルキュレーションセンター(DCC)は、研究者等がデータセットを引用して出版物にリンクさせる方法を解説したガイドブック“How to Cite Datasets and Link to Publications”を公開したようです。DCCの説明によるとこのガイドブックは、研究者の他に、リポジトリ管理者やデータアーキビスト等が自組織で保存しているデータをより引用しやすくするのにも役立つとのことです。

How to Cite Datasets and Link to Publications (PDF)
http://www.dcc.ac.uk/webfm_send/525

How to Cite Datasets and Link to Publications (HTML)
http://www.dcc.ac.uk/resources/how-guides/cite-datasets

フランス・ボルドー市に期間限定で船上図書館“Biblio.Bato”が登場

2011年10月25日、フランスのボルドー市に、フェリーを改造して作られた期間限定の船上図書館“Biblio.Bato”が登場したようです。これは同国の文化省との協力で実現したもので、Biblio.Batoはレストランやクラブ、コンサートホール等を備えたI-Boatと呼ばれるフェリーの一部に設置されているようです。図書館では、貸出やレファレンス等の通常の図書館サービスを提供しているほか、ボルドー市の公共図書館としては初めてテレビゲームを備えているようです。

Biblio.bato (bordeaux.frのウェブサイト)
http://www.bordeaux.fr/ebx/portals/ebx.portal?_nfpb=true&_pageLabel=pgFicheOrga&classofcontent=organisme&id=42718

Bordeaux lance ≪Biblio.bato≫ (Bibliofrance.org 2011/10/24付けの記事)

〈大震災〉出版対策本部らが岩手県陸前高田市に建設した子ども向け図書館が11月にオープン

大手出版社等から成る〈大震災〉出版対策本部が、「あしたの本プロジェクト」や三井物産らと協力して岩手県陸前高田市に建設を進めてきた子ども向け図書館が11月にオープンするとのことです。また、〈大震災〉出版対策本部の10月までに実施した図書や図書カード寄贈等の活動をまとめたPDF文書が公開されています。

「一本杉」のもとに子どもたちを…図書館開設へ(Yahoo!ニュース 2011/10/24付けニュース)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111024-00000804-yom-soci

対策本部活動概要(3月~10月)(〈大震災〉出版対策本部 2011/10/24付けPDF文書)
http://www.shuppan-taisaku.jp/wp-content/uploads/2011/10/document20111024.pdf

参考:
〈大震災〉出版対策本部、岩手県陸前高田市に子ども向け図書館を建設
http://current.ndl.go.jp/node/19090

子どもたちへ<あしたの本>プロジェクト、セブン&アイの協力を受けて移動図書館の定期巡回を開始
http://current.ndl.go.jp/node/19340