アーカイブ - 2011年 1月 12日

米国議会図書館(LC)、ホームページをリニューアル

2011年1月10日から、米国議会図書館(LC)のホームページが新しいものとなったようです。LCのブログ記事では、ページの幅を800ピクセルから1024ピクセルに拡大したことや、ページを大きく3つの縦の列に分け、“who we are”(LCについて)、“what we have”(所蔵資料について)、“what we do”(活動について)のそれぞれに対応する内容が掲載されていることなどが紹介されています。

The Library of Congress(ホームページ)
http://www.loc.gov/index.html

There’s No Place Like (a New) Homepage(2011/1/7付けLCのブログの記事)
http://blogs.loc.gov/loc/2011/01/theres-no-place-like-a-new-homepage/

米国デューク大学図書館の資料保存事業に125万ドルの助成

米国のデューク大学図書館が、新たに資料保存の専門職を設置する同館の事業に対して、アンドリュー・メロン財団から125万ドルの助成を受けると発表しています。資料保存に関するポストを新たに追加し、現在利用を制限している資料等を利用可能にするための取組みを行うとのことです。

Mellon Awards Libraries $1.25 Million for Conservation(デューク大学図書館のニュースリリース)
http://library.duke.edu/news/main/2011/article3.html

オーストラリア・クイーンズランド州の洪水被害に関する質問に、国立図書館がFAQで回答

オーストラリア国立図書館が、クイーンズランド州の洪水被害に関連した問い合わせとそれに対する回答を、同館のFAQに掲載しています。「クイーンズランドの浸水予想マップはどこで見ることができるか?」という質問に対して、回答では、クイーンズランドの最近の洪水情報は所蔵していないが、1974年のクイーンズランド州ブリスベーン近郊の洪水マップはデジタル化して公開していること等が記載されています。

FAQ - Where can I find flood inundation maps of Queensland?
http://www.nla.gov.au/infoserv/faq/index.php?sid=9415363&lang=en&action=artikel&cat=1&id=45110&artlang=en

英国で情報公開法と公文書管理法改正の動き、政府文書の移管および機密保持期間の短縮へ

2011年1月7日付けの英国国立公文書館(TNA)のニュースによると、英国で情報公開法(Freedom of Information Act)と公文書管理法(Public Records Act)の改正の動きがあり、それに伴い、英国政府機関の文書をTNAへ移管するまでの期間、および文書公開までの期間が、30年から20年に短縮される可能性があるようです。

Changes to the 30 year transfer rule for government records (2011/1/7付け TNAのニュース)
http://www.nationalarchives.gov.uk/news/531.htm

世界知的所有権機関(WIPO)がレポートを刊行 テーマは知的所有権と伝統文化に関する図書館等の法的課題

世界知的所有権機関(WIPO)が2010年12月付けで、“Intellectual Property and the Safeguarding of traditional cultures : Legal Issues and Practical Options for Museums, Libraries and Archives”と題するレポートを刊行しています。執筆者は、WIPOのMolly Torsen氏とJane Anderson氏です。レポートでは、「伝統的文化表現」(Traditional Cultural Expression)の保護と保存、そして促進を取り巻く法的問題を分析し、特に知的所有権による伝統的文化表現の保護が、博物館、図書館、文書館に対して引き起こす課題に焦点を当てているようです。また、参照事例も紹介しているとのことです。

Intellectual Property and the Safeguarding of traditional cultures : Legal Issues and Practical Options for Museums, Libraries and Archives
http://wipo.int/export/sites/www/tk/en/publications/1023.pdf

プライスウォーターハウスクーパース(PwC)、電子書籍と電子書籍端末に関する市場予測レポートを発表

コンサルティング等のサービスを提供するプライスウォーターハウスクーパース(PwC)が、電子書籍と電子書籍端末に関する市場予測をまとめたレポート“Turning the Page : The Future of eBooks”を発表しています。対象は、英国、米国、オランダ、ドイツとのことで、レポートでは、現状分析や専門家の見解、出版社や書店等に対する提言等が記されているようです。

The future of eBooks
http://www.pwc.com/gx/en/entertainment-media/publications/future-of-ebooks.jhtml

オランダ王立図書館(KB)、ProQuest社と提携し貴重資料をデジタル化

オランダ王立図書館(KB)が、ProQuest社と提携し同館が所蔵する1700年までの貴重資料3万冊をデジタル化するようです。ProQuest社の“Early European Books”プロジェクトの一環として行われ、KBはデンマーク王立図書館、イタリア・フィレンツェ国立中央図書館に次いで3つ目の提携機関になるとのことです。

New Agreement with Dutch National Library Extends ProQuest's Early European Books Program (ProQuest社のプレスリリース)
http://www.proquest.com/en-US/aboutus/pressroom/11/20110111.shtml