アーカイブ - 2010年 9月 30日

国際公文書館会議オスロ大会で、世界アーカイブズ宣言が採択される

2010年9月17日にオスロで開催された、国際公文書館会議(International Council on Archives:ICA)の年次大会において、世界アーカイブズ宣言(Universal Declaration on Archives)が採択されました。宣言では、アーカイブズの持つ唯一無二という特徴と、記録が必要とされている限りそれへの継続的なアクセスを提供するための必要な管理について、簡潔に表明しているとのことです。

Universal Declaration on Archives (英語版)
http://www.ica.org/sites/default/files/ICA_Universial%20Declaration%20on%20Archives_2010_Eng.pdf

インペリアル・カレッジ・ロンドン図書館、OPACの書誌詳細画面にQRコードとSNSのアイコンを追加

インペリアル・カレッジ・ロンドン図書館が、OPACの書誌詳細画面にQRコードとソーシャルネットワーキングサービス(SNS)のアイコンを追加したと発表しています。SNSでは、Delicious、Twitter、Facebookの3つのサービスが対象となっています。

Library catalogue enhancements - new developments for smartphones and social networking(インペリアル・カレッジ・ロンドン図書館のニュースリリース)
http://www3.imperial.ac.uk/library/news/catalogueenhancements

デジタル人文学に関するQ&Aのウェブサイトが開設される

コンピューターと人文学協会(Association for Computers and the Humanities)という国際的な学会組織が、“Chronicle of Higher Education”の運営する“ProfHacker”とともに、デジタル人文学に関する情報共有の場としてQ&Aのウェブサイト“Digital Humanities Questions & Answers”を開設しています。ウェブサイトでは、デジタル人文学に関する、アプリケーションやツール、データベース、インターフェースなど、それぞれのカテゴリごとに質問と回答が掲載されているとのことです。

Digital Humanities Questions & Answers
http://digitalhumanities.org/answers/

米ソニー、“Reader Library Program”の協力館30館を公表

米ソニー社が、同社の電子書籍閲覧端末“Reader”を使った、公共図書館での電子書籍の利用促進のためのプログラム“Reader Library Program”の協力館30館を公表しています。協力館はすべて、OverDrive社のネットワークのメンバー館だとのことです。プログラムは数週間のうちに開始されるようです。

Sony Announces Inaugural Participants in Reader Library Program(米ソニー社のニュースリリース)
http://news.sel.sony.com/en/press_room/consumer/computer_peripheral/e_book/release/58621.html