アーカイブ - 2010年 9月 15日

博物館に関するテクノロジーの動向を占う、博物館版「ホライズン・レポート2010」が公開

2010年9月15日、米国のニューメディアコンソーシアム(New Media Consortium)は、博物館に関するテクノロジーとその実践について約5年先までの動向をまとめた、「ホライズン・レポート 2010 博物館版」(Horizon Report 2010 Museum Edition)を発表しました。それぞれの期間別に、下記の6つのテクノロジーを取り上げています。

1年以内:「モバイル」「ソーシャルメディア」
2年から3年以内:「拡張現実」「位置情報サービス」
4年から5年以内:「動作感知コンピューティング(Gesture-Based Computing)」「セマンティックウェブ」

The Horizon Report 2010 Museum Edition
http://www.nmc.org/pdf/2010-Horizon-Report-Museum.pdf

ニューヨーク市立大学、デジタル人文学に関するリソースガイドを公開

ニューヨーク市立大学(CUNY)のアカデミックコモンズのウェブサイトで、デジタル人文学に関するリソースガイドのページが作成・公開されています。このリソースガイドは、CUNYの“Digital Humanities Initiatice”というプロジェクトの一環で作成されたもので、デジタル人文学に関する包括的な情報提供を目的としたものではないものの、デジタル人文学に足を踏み入れようとする研究者に対して、重要な情報と有益なクイックレファレンスを提供するものとのことです。ウェブページは、デジタル人文学に関する定義やサンプルとしてのプロジェクトの紹介の他、「デジタル人文学に関するTwitter」「継続的に見るべきブログ」、「カンファレンス・イベント情報」「研究助成情報」「デジタル人文学の研究センター」「ツール」等、14項目に分けて情報提供を行っています。

Open Knowledge Foundation等10機関、"LOD2"プロジェクトを開始

2010年9月6日から8日にかけて、ドイツのライプツィヒで、欧州委員会の資金援助のもと、Linked Dataの統合・組織化を目指すプロジェクト“LOD2”のキックオフミーティングが行われ、LOD2プロジェクトが開始されました。このプロジェクトは、Linked Dataの大規模な統合・組織化を行い、メディアと出版等3つのアプリケーションシナリオにおいて、その利点を広く示すことを目的とするもので、ドイツのライプツィヒ大学や英国の“Open Knowledge Foundation”等の10機関が参加し、今後4年間継続されるようです。

LOD2
http://lod2.eu/Welcome.html

AKSW coordinates EU-funded research project LOD2 aiming to take the Web of Linked Data to the next level (2010/9/5付け Agile Knowledge Engineering and Semantic Webの記事)

学生は有料の文献調査ツールより、無料の検索エンジンを好むという研究報告(英国)

2010年9月8日に英国ノッティンガム大学で開催された“Association for Learnining Technology (ALT)”の第17回年次大会で、英国ミドルセックス大学のHanna Stelmaszewska氏らが、「電子リソース探索システム:それらは学術資料の調査に役立っているのか、それとも邪魔をしているのか?」(Electronic resource discovery systems: do they help or hinder in searching for academic material)と題する研究報告を行ったようです。報告では、大学図書館が高額の予算を使って電子書籍やフルテキストデータベース、電子ジャーナルを提供しているにもかかわらず、文献調査を行う学部学生にとっては、それらのシステムが複雑で時間のかかるものとなっており、その代わりに、操作しやすいGoogleやYouTubeといった無料の検索エンジンを好んで利用しているとの結果が発表されたようです。

Association for Learning Technology 2010のウェブサイト(研究報告のパワーポイント資料があります)
http://altc2010.alt.ac.uk/talks/15054