アーカイブ - 2010年 8月 6日

カート・ヴォネガット記念図書館が2010年秋に開館(米国)

2007年に亡くなった米国の作家カート・ヴォネガット氏を記念する図書館“Kurt Vonnegut Memorial Library”が、2010年秋に、ヴォネガット氏の出身地のインディアナンポリスに開館する予定とのことです。ヴォネガット氏の作品を揃えるとともに、博物館・美術館等の機能も持った文化・教育センターのような場所となるとのことです。

Kurt Vonnegut Memorial Library
http://www.vonnegutlibrary.org/

Kurt Vonnegut Memorial Library planned(2010/8/5付けLibrary in the Newsの記事)
http://www.ilovelibraries.ala.org/news/?p=1025

図書館のない地域で本を貸し出す自動販売機を設置(カナダ)

カナダのオタワ市内に、近くに図書館がないため、コミュニティセンターに設置された自動販売機で本の貸し出しを行っている地域があるとのことです。予算不足等により図書館が建設できないため代替措置として2010年4月からの1年間の試験的プログラムとして実施されているとのことですが、開始以降、1700点の本やDVDの貸出があったとのことです。

Vending machine library hits the spot(2010/7/25付けOttawa Citizenの記事)
http://www.ottawacitizen.com/business/Vending+machine+library+hits+spot/3319678/story.html

経済産業省、活字コンテンツ・電子書籍の流通等に関する報告書を公開

経済産業省のサイトで、「平成21年度コンテンツ取引環境整備事業(デジタルコンテンツ取引に関するビジネスモデル構築事業)報告書」(2010年3月31日付け)が公開されています。内容は、活字コンテンツに関するビジネスの現状、活字コンテンツのインターネット流通に関する動き、諸外国の動向、活字コンテンツの電子流通のあり方、等となっています。

平成21年度コンテンツ取引環境整備事業(デジタルコンテンツ取引に関するビジネスモデル構築事業)報告書
http://www.meti.go.jp/meti_lib/report/2010fy01/E001134.pdf

米国の視覚障害者団体、メニュー画面に音声ガイドが付いた新しいKindleを評価

全米視覚障害者連合(NFB)は、2010年7月に発表されたAmazon社の電子書籍リーダーKindleの新機種について、メニュー画面にも音声ガイド機能が付いたことにより視覚障害者などにも操作可能になったことを評価しているとのことです。

National Federation of the Blind Commends Amazon on Unveiling of New Accessible Kindle(2010/7/29付けPR Newswireの記事)
http://www.prnewswire.com/news-releases/national-federation-of-the-blind-commends-amazon-on-unveiling-of-new-accessible-kindle-99555314.html

司書になりたかった教皇ベネディクト16世

現ローマ教皇ベネディクト16世が枢機卿であったころの13年前に、前教皇のヨハネ・パウロ2世に対して、バチカンの秘密文書保管所や図書館でアーキビストや司書職に就かせてほしいと願い出たものの、断られてしまっていたことをTelegraph.co.ukほか、各紙が紹介しています。

Pope Benedict wanted to be a librarian (2010/8/5付け Telegraph.co.ukの記事)
http://www.telegraph.co.uk/news/worldnews/europe/vaticancityandholysee/7928493/Pope-Benedict-wanted-to-be-a-librarian.html

Revealed, the day the Pope was told: No, you can't be a librarian (2010/8/5付け dailymail.co.ukの記事)
http://www.dailymail.co.uk/news/worldnews/article-1300631/I-want-librarian-spend-life-study-Astonishing-request-Pope-Benedict-head-Catholic-Church.html

Google、世界中の本の数を1億2986万4880と推定

Googleが世界中の本の数を推定しており、Inside Google Booksブログでその推定方法について説明があります。Google Booksでは150以上の機関からメタデータを集めており、その10億件のレコードから、重複レコードや非図書・雑誌のレコードを除いていくなどすると、現時点では、1億2986万4880となったとのことです。

Books of the world, stand up and be counted! All 129,864,880 of you.(2010/8/5付けInside Google Booksブログの記事)
http://booksearch.blogspot.com/2010/08/books-of-world-stand-up-and-be-counted.html

SPARC、調査結果をオープンアクセスにすることよる経済的還元についての研究報告を公表

米国のSPARCが、連邦政府から資金提供された調査の結果をオープンアクセスにすることによる経済的還元についての研究を行い、その研究報告“The Economic and Social Returns on Investment in Open Archiving Publicly Funded Research Outputs”を公表しています。調査結果のアクセシビリティや、調査と開発(R&D)分野での経済的・社会的な効果についての研究などがまとめられています。

NEW STUDY EXAMINES THE ECONOMIC RETURNS OF PUBLIC ACCESS POLICIES(SPARCのニュースリリース)
http://www.arl.org/sparc/media/10-0804.shtml

英国内の博物館、図書館、文書館コレクションを登録し、横断検索する“Culture Grid”が公開

2010年8月5日、英国“Collections Trust”によるオンラインサービス“Culture Grid”が公開されました。“Culture Grid”は、英国内の博物館、図書館、文書館のコレクションを横断検索することができるもので、それらのデータ提供機関にとっては、“Clture Grid”によって今まで以上に自館所蔵のコレクションを共有したり、新たな利用者を獲得したり、また、画像購入のサービスを通じて自館の資金を得る機会にもつながると説明されています。

Culture Grid
http://www.culturegrid.org.uk/

Culture Grip opens up UK collections online (2010/8/5付け Culture Trustのニュースリリース)
http://www.collectionstrust.org.uk/press-centre/005071.html

OCLC、SkyRiverの訴えに対する声明を発表

OCLCが、2010年7月28日に提起されたSkyRiverの訴えに対する声明を発表しています。声明には、この訴えがメリットのないものであり、OCLCが現在行っている計画と活動を変更するつもりはない、といった内容が記されています。

OCLC releases statement on lawsuit(OCLCのニュースリリース)
http://www.oclc.org/news/releases/2010/201043.htm

参考:
SkyRiver、OCLCを独占禁止法違反で提訴
http://current.ndl.go.jp/node/16583