アーカイブ - 2010年 8月 19日

文部科学省、子どもが楽しみながらプログラムの基本概念を学べるウェブサイト「プログラミン」を公開

文部科学省は、子どもが楽しみながらプログラムの基本概念を学べるウェブサイト「プログラミン」を公開しています。28匹の「プログラミン」という生物の組み合せと並べ方を考えて絵を動かすというもので、プログラムを通じて子どもたちに創ることの楽しさと方法論を提供することを目的としているとのことです。プログラムの最も基本となる概念に、子どもたちが自発的に触れ、楽しみながらルールを発見していくことができるよう、設計されているとのことです。

プログラミン
http://www.mext.go.jp/programin/

プログラミンについて
http://www.mext.go.jp/programin/about.html

高等教育機関等における電子書籍購入に関する調査報告(英国)

2010年6月に英国Eduserv財団が英国内の高等教育機関等に対して実施した、電子書籍購入に関する調査報告書が公開されています。報告書では、電子書籍購入の要因は、大学教員からの要望であることは少なく、学生からの要望や書架スペースの問題、アクセシビリティ等であったこと、電子書籍を購入している分野は、ビジネスやマネージメント関係、社会科学、医学・薬学分野が他の分野に比べて多いこと、電子書籍購入の予算は厳しく、そのために紙媒体の書籍購入の予算が圧迫されていること等が述べられています。

Eduserv e-Book Survey
http://www.eduserv.org.uk/research/studies/~/media/research/surveys/ebook%20survey%202010%2008%20pdf.ashx

Open Library、ユーザの協力の下で著者データのマージ作業を実施

Internet Archiveが運営するデジタル資料提供サイト“Open Library”が、ユーザの協力の下、著者データのマージ作業を実施しているようです。Open Libraryのアカウントを持つユーザのみ作業を行うことができるとのことです。

Duplicate Authors? Wave your Magic Wand!(Open Library Blog 2010/8/16付けの記事)
http://blog.openlibrary.org/2010/08/16/duplicate-authors-wave-your-magic-wand/

英国図書館(BL)、UK SoundMapプロジェクトを英国全土へ拡大

2010年8月18日、英国図書館(BL)がNoise Futures Networkと協同で行っている「音の風景」を記録するプロジェクト“UK SoundMap”が、これまでシェフィールドのみを対象とした試行段階を経て、英国全土へ収集範囲を拡大したとのことです。今後、プロジェクトは2011年の夏まで続けられ、10,000件以上の記録を収集する想定とのことです。

Capturing the sounds of the UK (2010/8/18付け BLのプレスリリース)
http://www.bl.uk/news/2010/pressrelease20100818a.html

UK SoundMap
http://sounds.bl.uk/uksoundmap/index.aspx

図書館員が活躍する映画11選

2010年8月16日のThe Huffington Postの記事で、図書館員が活躍する映画11作品が紹介されています。“The Music Man”(1962)、"The Librarian: Quest for the Spear" (2004)などが挙げられています。

Librarians Save The Day! 11 Great Movies In Which They Star (2010/8/16付け The Huffington Postの記事)
http://www.huffingtonpost.com/2010/08/16/librarians-save-the-day-1_n_672494.html

『カレントアウェアネス-E』177号発行

E1087 - 統合検索サービス「国立国会図書館サーチ」開発版が公開

国立国会図書館(NDL)は,2010年8月,「国立国会図書館サーチ」の開発版を試行公開した。国立国会図書館サーチとは,NDLが提供するコンテンツに加え,全国の公共図書館,公文書館,美術館や学術情報機関等の書誌データ,デジタルコンテンツを統合的に検索できるサービスである。この「国立国会図書館サーチ」というサービス名称には,NDLが提供する検索サービスの最前面に位置するもの,という意味を込めている。...

E1086 - 米国国家機密解除センター,設立後初の報告書を刊行

2010年7月,米国国家機密解除センター(National Declassification Center:NDC)は,設立後初となる報告書を刊行した。報告書は今後も年に2度,1月と7月に発行されることになっている。...

E1085 - 公共図書館と電子書籍の関係についての報告書(米国)

 

2010年7月,米国の州立図書館機構の長で構成されるCOSLA(Chief Officers of State Library Agencies)は,公共図書館と電子書籍との関係についての報告書を公表した。報告書は,図書館の幹部職員及び図書館外部の専門家に対するインタビューの結果と,今後の行動シナリオという構成になっている。...

2010年の「オープンアクセスウィーク」の日本版サイトが開設

オープンアクセスの促進などをテーマに世界各地で様々なイベントが実施される“Open Access Week”は、2010年は10月18日から24日にかけて開催されますが、その日本版のサイトが開設されています。

オープンアクセスウィーク2010:日本語総合サイト
http://cont.library.osaka-u.ac.jp/oaw/

Open Access Weekのサイト
http://openaccessweek.org/

参考:
2009年「オープンアクセス週間」の日本語版サイト
http://current.ndl.go.jp/node/13573

E1084 - 英国におけるMLA連携のひとつの成果,“Culture Grid”

英国内の博物館・図書館・文書館のコレクションの統合検索が可能なポータルサイト“Culture Grid”が公開された。Culture Gridの運営は,英国博物館・図書館・文書館国家評議会(MLA)の援助で設立されたCollections Trustという非営利団体が行っており,MLAと欧州委員会が資金提供を行っている。...

E1083 - SkyRiver,独占禁止法に違反するとしてOCLCを提訴

書誌データサービスを提供するSkyRiver社(E987参照)は,2010年7月28日,統合図書館システム(ILS)を手がけるInnovative Interfaces社と共に,OCLCを独占禁止法に違反しているとして米国カリフォルニア州の連邦地方裁判所に提訴し,7月29日にその旨をプレスリリースで発表した。訴状の前置き部分には次のような訴えの内容がまとめられている。...

子どもの文学クイズ世界大会が英国エジンバラで開催される

2010年8月14日、子どもの文学クイズの世界大会“Kids' Lit Quiz”が開催され、英国のCity of London School for Girlsが優勝したとのことです。このクイズ大会は、10歳から13歳の子どもを対象としたもので、現在の参加国はニュージーランド、英国、南アフリカそして中国とのことです。各国で予選を行い、このたび決勝戦が英国のエジンバラで行われました。クイズは、この大会の設立者であるWayne Mills氏によって作成され、現代のコミックのキャラクターから古代ギリシアの悲劇まで幅広く出題されるとのことです。なお、この“Kids' Lit Quiz”は非営利のもので、運営はボランティアによって行われているとのことです。

Kids' Lit Quiz World Final Winners (2010/8/17付け SLAの記事)
http://www.sla.org.uk/blg-kids-lit-quiz-world-final-winners.php

World final of Kids Lit Quiz in Edinburgh (2010/8/6付け BBCのニュース)