アーカイブ - 2010年 8月 18日

節電意識の高まりを受けて家庭用電気メーターを図書館で貸出(米国)

Library Journal誌の記事によると、米国では、ハンディ型の電気メーターを貸し出す図書館があるそうです。電力会社と提携して行われているもので、利用者は図書館で借り出して家庭に持ち帰り、各電気機器による電力消費量や料金を調べるのに使うとのことです。

The Latest Public Library Loan? Electricity Meters(2010/8/16付けLibrary Journalの記事)
http://www.libraryjournal.com/lj/home/886381-264/the_latest_public_library_loan.html.csp

利用者が作成したタグやレビューなどの情報がWorldCatホームページに表示

OCLCのWorldCatホームページで、利用者が作成したタグやレビューなどの情報が表示されるようになっています。最近よく付けられているタグ(1時間ごとに更新)、人気のある大学(1日ごとに更新)、最近作成されたレビュー(1時間ごとに更新)、最近作成されたリスト(1時間ごとに更新)が表示されています。

NEW! Top Libraries and Tags, Recent Reviews and Lists(2010/8/16付けWorldCatブログの記事)
http://worldcat.org/blogs/archives/2010/08/new-top-libraries-and-tags-rec.htm

WorldCat
http://www.worldcat.org/

OCLC Adds New Info Features to the WorldCat.org Homepage; Test Out Genre Finder from OCLC Research(2010/8/17付けResourceshelfの記事)

九州地区の大学図書館による、図書館を身近に感じてもらうための取組み“Library Lovers'”

九州地区の国立大学図書館が中心となり実施されている、出会いの場としての図書館をもっと身近に感じてもらうための取組み“Library lovers'”のホームページが開設されています。キャンペーンとして、2010年9月から、「「オススメの1冊」学生コンテスト」を実施するとのことです。

Library Lovers'
http://llw.lib.kumamoto-u.ac.jp/index.html

iPadユーザのうち、読書にiPadを使う人は41%(英国)

英国の調査会社Cooper Murphy Webbが、英国内のiPadユーザを対象としたiPadの使用状況についての調査の結果を公表しています。それによると、回答者の43%が1週間に10時間以上iPadを使用しているとのことです。また、書籍を読む際のデバイスについては回答者の41%がiPadを好んで使うとのことです。

iPad Consumer Usage Study(Cooper Murphy Webb)
http://coopermurphywebb.com/ipad-consumer-usage-study

イギリス調査報告:iPad所有者の多くが、テキスト情報の閲覧にはiPadが最適と回答(TechCrunch JAPAN 2010/8/16付けの記事)
http://jp.techcrunch.com/archives/20100812now-with-more-ipad/

カナダのYellowhead Regional Library、iPadアプリを公開

カナダのアルバータ州にある図書館ネットワークシステムの“Yellowhead Regional Library”が、iPad用の無料アプリ“YourLibrary”を公開しています。このアプリでは、アルバータ州の図書館150館以上が所蔵する約300万タイトルを、書籍に限らずDVDや音楽を含めて横断検索することが可能とのことで、そのほかの特徴としては、人気の資料上位10位までのリストを閲覧できる、書評を読むことができる、検索した資料に関連する資料が表示される等が挙げられています。

YourLibrary
http://itunes.apple.com/us/app/yourlibrary/id373005791?mt=8

A Cool Mobile Resource from Canada: The Yellowhead Regional Library Launches iPad App; iPhone App Went Live in March (2010/8/17付け Resource Shelfの記事)

IFLA教育・研修部会、図書館情報学教育・図書館員の研修に関する新たなプロジェクトを開始

2010年8月10日、IFLAの教育・研修部会が、新たなプロジェクトとして、“International and Comparative Librarianship Communitas”(ICL)の設立を発表しています。これは、図書館情報学教育や図書館員の研修に関して国際的規模でマルチリンガルに行うプロジェクトであり、フォーラムやwiki、データベース、ブログなど様々なツールを通じて、図書館情報学教育や図書館員の研修に関する各国での研究や実践等の情報とリソースについて、西洋諸国に偏らず世界規模で共有と意見交換を目指すとのことです。

ICL Communitas Launched: A Web Resource for Teaching and Learning International and Comparative Librarianship Through International Collaboration (2010/8/10付け IFLA Section on Education and Trainingのプレスリリース)
http://www.ifla.org/files/set/PressRelease-icl%5B1%5D.pdf

International and Comparative Librarianship Communitas