アーカイブ - 2010年 8月 17日

「ぬいぐるみの図書館お泊まり会」の写真(続報)

子どものお気に入りのぬいぐるみが図書館で一夜を過ごす「お泊まり会」(Stuffed Animal Sleepover)は、子ども向けのイベントとして、全米各地の図書館で実施されているようです。写真がウェブで公開されているものをいくつか紹介します。

Stuffed Animal Sleepover(ELANCO Libraryでの写真)
http://www.slideshare.net/elancolibrary/stuffed-animal-sleepover

Pictures from Sleepover on June 30th(Arlington Heights Memorial Libraryでの写真)
http://www.ahml.info/kids/events/sleepover

First-Ever Stuffed-Animal Sleepover(Rockingham Free Public Libraryでの写真)
http://rockinghamlibrary.org/stuffedanimalsleepover.pdf

“Internet of Things Europe 2010”の年次カンファレンスの報告書が公開

2010年6月1日、2日にベルギーのブリュッセルで開催された「モノのインターネット」(Internet of Things)に関する第2回目の年次カンファレンス“The 2nd Annual Conference Internet of Things Europe 2010”の報告書が、欧州委員会のウェブサイトで公開されています。

The 2nd Annual Conference Internet of Things Europe 2010: A Roadmap for Europe
http://ec.europa.eu/information_society/policy/rfid/documents/iotconferencereport2010.pdf

Internet of Things Europe 2010 conference report (2010/8/16付け EC Information Societyのプレスリリース)
http://ec.europa.eu/information_society/newsroom/cf/itemdetail.cfm?item_id=6052

The 2nd Annual Internet of Things Europe 2010: A Roadmap for Europe

9,000件以上がツイートされたTwitter上での図書館会議が終了(ラテンアメリカ)

2010年8月10日から11日にかけて、ラテンアメリカを中心にTwitter上で図書館会議が行われました。これは、ハッシュタグ「#biblioteca」を使って行われた会議で、チリ、メキシコ、プエルト・リコ、コロンビア、ペルー、ベネズエラ、アルゼンチン、ブラジル、ポルトガル、そしてスペインから延べ1,700名を超える人々が参加し、9,000件以上がツイートされたとのことです。会議では、情報や知識、レクリエーションや文化へのアクセスを保証する空間としての図書館について、その振興策をテーマに「話し合われた」とのことです。

Exitosa Jornada de las Bibliotecas en Twitter (2010/8/10付け BiblioRedesの記事)
http://www.biblioredes.cl/node/14710

マルタ航空、マルタ国立図書館の資料修復活動に支援を発表

2010年8月12日、マルタ航空(Air Malta)がマルタ国立図書館所蔵の貴重書や文書資料の修復活動に対する支援を発表しています。これは、2010年8月12日から9月12日までの一ヶ月間、マルタ航空へのマルタ国内からのオンライン予約1件ごとに1ユーロを、修復活動のために寄付するものであるとのことです。

AIR MALTA STEPS IN TO ASSIST IN THE RESTORATION OF BOOKS - ANOTHER GOOD REASON TO BOOK ONLINE (2010/8/12付け Air Maltaのプレスリリース)
http://www.airmalta.com/newsdetails?l=1&n=300

フランス国立図書館、ウェブアーカイビングでURL8億件分を収集

フランス国立図書館(BNF)が、2010年7月8日に実施した大規模なウェブアーカイビング作業で、URLにして8億3,200万件分、ファイルの容量で23.6テラオクテット(1オクテット=8ビット)分のウェブページや画像等を収集したと発表しています。この作業は納本制度に基づいて行われており、2008年まではInternet Archiveと共同で実施されていましたが、今回はBNFが独自に実施したとのことです。

Dépôt légal des sites Web et archives de l'Internet(BNF 2010/8/16付けのニュースリリース)
http://www.bnf.fr/fr/professionnels/pro_actualite_agenda/i.pro_actualites.html

国立国会図書館、新たな検索サービス「国立国会図書館サーチ」の開発版を公開

国立国会図書館(NDL)は、新たな検索サービス「国立国会図書館サーチ」の開発版の公開を開始しました。NDLの所蔵資料に加え、都道府県立図書館及び政令指定都市立図書館の蔵書、国立国会図書館デジタルアーカイブポータル(PORTA)収録の各種デジタル情報など、現時点では、34個のデータベースから収集した約5,500万件の文献情報等を検索できます。あいまい検索などの検索支援機能や検索結果のグルーピング機能などの機能も備えています。2012年1月の本格稼働を目指し、順次、機能強化を行う予定です。利用者の方々からの意見をいただいて、さらに効果的な探し方ができるシステムを構築していくことを計画しています。

国立国会図書館サーチ 開発版
http://iss.ndl.go.jp/

国立国会図書館サーチ(平成22年8月17日開発版)の公開について(2010/8/17付けお知らせ)
http://iss.ndl.go.jp/information/2010/08/releasenote/

北米研究図書館協会、Eサイエンス支援サービスの提供実態を調査

北米研究図書館協会(ARL)が、Eサイエンスの支援サービスの提供実態を調査し、その結果をまとめたレポートをウェブサイト上で公開しています。調査対象はARLのメンバー館で、回答のあった57館のうち44館が、サービスを実施している、あるいは計画している、と回答したとのことです。

E-Science and Data Support Services, Published by ARL(ARLのニュースリリース)
http://www.arl.org/news/pr/escience-12august10.shtml

E-Science and Data Support Services
http://www.arl.org/bm~doc/escience_report2010.pdf

英国リーズで子どものための移動図書館が完成

2010年8月13日、英国リーズで初の、12歳以下の子どもとその家族のための移動図書館が完成したとBBCで紹介されています。この移動図書館は、子ども向けの一般書や宿題に役立つ資料など1,500点以上を所蔵しており、車内には子どもの両親等のためのお勧め本や、ストーリーテリングのためのスペース、車外には引き出し式の日除けも設置されているとのことです。なお、リーズではすでに高齢者向けの移動図書館も運営しており、今回で7つ目の移動図書館となるとのことです。

New mobile library prepares to hit the road (2010/8/12付け Leeds City Councilのプレスリリース)
http://www.leeds.gov.uk/page.aspx?pageidentifier=dca34310-fdfb-42e9-beed-ee8709fbd850&pressReleaseId=4133

Leeds launches a new children's mobile library (2010/8/13付け BBCのニュース)
http://news.bbc.co.uk/local/leeds/hi/things_to_do/newsid_8911000/8911471.stm

各種の統合図書館システム(ILS)の導入状況(米国及び諸外国の研究図書館・公共図書館)

Library Technology Guidesのサイトで、米国及び諸外国の図書館における統合図書館システム(ILS)の導入状況をまとめた情報が公開されています。研究図書館や公共図書館で、どのILSが導入されているかをまとめたもので、下記のような情報が掲載されています。

・北米研究図書館協会(ARL)加盟の125館における導入システム
・都市図書館協議会(Urban Libraries Council:ULC)加盟の136館における導入システム
・全米の州ごとの、公共図書館におけるILSごとのシェア
・全米の州ごとの、研究図書館におけるILSごとのシェア
・オーストラリア、カナダ、デンマーク、フィンランド、フランス、ニュージーランド、スロベニア、スウェーデン、英国、米国の公共図書館におけるILSごとのシェア
・オーストラリア、カナダ、ニュージーランド、スウェーデン、英国、米国の研究図書館におけるILSごとのシェア

Guide to Integrated Library System marketshare and migrations
http://www.librarytechnology.org/web/breeding/ILS-marketshare-migrations/