アーカイブ - 2010年 8月 10日

カーリル、「図書館スタンプラリー」を開始

図書館検索サイト「カーリル」が、夏休み企画として「図書館スタンプラリー」を実施しています。実際に行ったことのある図書館について、カーリル上のその図書館のページでスタンプを集めるもので、その図書館についての一言コメントも書けるとのことです。

スタンプラリー
http://calil.jp/stamp

長期デジタル保存を目指した非営利団体“Open Planets Foundation”が設立

欧州委員会主導の、デジタルコンテンツの保存と長期アクセスに関する4年間のプロジェクト“Planets”の完了に伴い、このほど長期的なデジタル保存を目指した非営利団体“Open Planets Foundation”が設立されたとのことです。Planetsプロジェクトの作業を発展させ、国際的なデジタル保存に関する共同体を構築することを目的としており、参加館に対して、技術や助言、オンラインサービス等を提供するとのことです。設立に際しては、英国図書館(BL)を中心に、オランダ王立図書館やデンマーク王立図書館、Microsoft Research等が資金提供を行ったようです。

Europe lays Foundation for preserving digital heritage(BLのプレスリリース)
http://www.bl.uk/news/2010/pressrelease20100806.html

欧州の図書館・研究機関におけるソーシャルメディアの活用実態

2010年8月8日にEBSCO社がIFLA大会のサテライトイベントで発表した、欧州の図書館等におけるソーシャルメディアの活用実態についての調査結果のスライドがウェブで公開されています。同社の顧客に対して行われたアンケートをまとめたもので、1241機関から回答があり、その半数近くは研究・大学図書館で、その他は研究機関・政府機関等とのことです。主な内容は、次のようなものです。
・回答機関の37%が使用中、48%が使用を計画中、15%は予定なし
・使用の主な目的は、対外アピールを高めること、イメージの向上、コンテンツ提供の促進、ディスカッショングループや協同作業の実施、など
・ソーシャルメディアに費やす時間では、56%の回答者は自分の時間の10%を使っていると回答
・更新の頻度では、一週間に5回未満との回答が最多(56%)
・困難な点(複数回答)では、時間がかかることが最多(42%)
・成功のために必要なこと(複数回答)では、ユーザーのニーズを正しく把握していることが最多(60%)
・国別にみると、中欧・南欧よりも北欧の国の方が肯定度や使用度が高い

Social Media usage in libraries in Europe - survey findings(スライド)

中南米で初となる国立電子図書館イベロアメリカカンファレンスの開催へ(チリ)

チリ国立図書館はイベロアメリカ国立図書館協会(La Asociación de Bibliotecas Nacionales de Iberoamérica)と協同で、2010年9月8日から10日にかけて、チリ国立図書館で、初めての国立電子図書館イベロアメリカカンファレンス(la Primera Conferencia Iberoamericana de Bibliotecas Nacionales Digitales)を開催すると発表しています。カンファレンスでは、ノルウェーやニュージーランド等のイベロアメリカ外の国立図書館等から電子図書館事業に関する報告があるほか、イベロアメリカの各国国立図書館等からの参加者によって、文化遺産のデジタル化事業を進めるにあたりそれに付随する問題点について議論が行われるとのことです。

la Primera Conferencia Iberoamericana de Bibliotecas Nacionales Digitales: Bicentenario, Desafíos y tendencias del patrimonio digital
http://conferencia2010.bn.cl:90/main/index/

IT知識を持ちそれを教育に活用できる大学図書館員「ブレンディッド・ライブラリアン」(米国)

伝統的な図書館員の能力に加えてコンピュータに関する知識を持ち、それを学生への教育に活用する、「ブレンディッド・ライブラリアン」と呼ばれる大学図書館員について、The Chronicle of Higher Educationの記事が紹介しています。記事では、ニューヨーク州の大学で、情報を見つけるだけでなくその情報を評価できるようになることを目標とした授業を担当しているMcBride氏が紹介されています。

A Blended Librarian Talks Information Literacy(2010/8/5付けThe Chronicle of Higher Educationの記事)
http://chronicle.com/blogPost/A-Blended-Librarian-Talks/25938/

Blended Librarian(ブレンディッド・ライブラリアンのウェブサイト)
http://blendedlibrarian.org/

米国の電子出版社、人文学に関するデジタル研究基盤プロジェクトと提携

2010年8月9日、米国の電子出版社Alexander Street Press社が、18、19世紀を対象とした人文学研究のためのデジタル研究基盤プロジェクト“NINES”(Networked Infrastructure for Nineteenth-Century Electronic Scholarship)および“18thConnect”との提携を発表しました。これにより、同社のもつ“The Romantic Era Redefined”や“The American Civil War: Letters and Diaries”などのデジタルコンテンツが、“NINES”や“18thConnect”上で横断検索が可能になるとのことです。

Alexander Street Expands Partnership with NINES to Include The Romantic Era Redefined (2010/8/9付け Alexander Stree Press社のプレスリリース)
http://alexanderstreet.com/pressroom/releases/10.0809.ROMR_NINES.htm

NINES
http://www.nines.org/

18thConnect