アーカイブ - 2010年 7月 13日

Webcat Plusの一致検索の簡易版が公開

国立情報学研究所(NII)が、Webcat Plusの一致検索の簡易版(ベータ版)を公開しています。連想検索、書棚機能が省かれており、名称は“Webcat Plus Minus”とのことです。

Webcat Plus Minus(FAQ)
http://webcatplus.nii.ac.jp/faq_008.html

Webcat Plus Minus
http://webcatplus.nii.ac.jp/pro/

参考:
国立情報学研究所(NII)、Webcat Plusをリニューアル
http://current.ndl.go.jp/node/16387

セマンティックウェブ、Linked Data、Open Dataについてのブリーフィングペーパー(英語)

英国のJISC CETISのサイトで、セマンティックウェブ、Linked Data、Open Data等について解説したブリーフィングペーパーが公開されています。

The Semantic Web, Linked and Open Data(PDFファイル、6ページ)
http://wiki.cetis.ac.uk/images/1/1a/The_Semantic_Web.pdf

スタンフォード大学、新しい工学図書館の排架資料は1万冊のみ

スタンフォード大学が、電子媒体の資料を中心に提供する新しい工学図書館の開館に向けた準備を進めています。排架資料の大部分は1度も使われていなかったため、新しい工学図書館の排架資料は大幅に減らされ2万冊になる予定であったようですが、米国の公共ラジオ局NPRが報じたところによると、排架資料はさらに減らされて1万冊になるとのことです。また、同大学の図書館長が、将来的に排架資料は全て無くなるだろうと予想しているとのことです。

Stanford Ushers In The Age Of Bookless Libraries(NPR 2010/7/8付けの記事)
http://www.npr.org/templates/story/story.php?storyId=128361395

米国の官報“Federal Register”のウェブサイトがリニューアルへ

米国国立公文書館(NARA)と米国政府印刷局(GPO)により運営されている、Federal Register(官報)のウェブサイトが、“Federal Register 2.0” (FR 2.0)としてリニューアルされるとのことです。レイアウトの改善、関心の高いトピックや関連文書の表示、ビジネス・環境・科学技術などの分野ごとのページの開設、などが行われるとのことです。2010年7月26日からプロトタイプが一般公開され、2011年に正式版となる予定とのことです。

National Archives Unveils New Federal Register 2.0 Web Site to Mark 75th Anniversary(2010/7/12付けNARAのプレスリリース)
http://www.archives.gov/press/press-releases/2010/nr10-119.html

(説明資料)
http://www.ofr.gov/documents/FR2_0_Public_Handout.pdf

Government Documents: Launching (Beta) on July 26th: Federal Register 2.0 (FR 2.0)(2010/7/12付けResourceshelfの記事)

「第1回ケータイコミック大賞」が『のだめカンタービレ』に決定される

携帯電話向け電子書籍配信サービスを行う4社が共同開催した「第1回ケータイコミック大賞」が、『のだめカンタービレ』(二ノ宮知子著、講談社)に決定されたとのことです。

ケータイコミック販売大手4社が第1回ケータイコミック大賞を発表、作品は「のだめカンタービレ」に (2010/7/12付け hon.jpの記事)
http://hon.jp/news/1.0/0/1630/