アーカイブ - 2010年 6月 24日

文部科学省、「図書館におけるリスクマネージメンントガイドブック」を公表

文部科学省のウェブサイトに、「図書館におけるリスクマネージメンントガイドブック -トラブルや災害に備えて-」(PDF版)が掲載されています。国内外の図書館の実情や図書館の特性を踏まえ、図書館が直面する様々なトラブルや災害などの危険を整理し、それらに対する考え方と対応を示したものとのことです。

図書館におけるリスクマネージメンントガイドブック-トラブルや災害に備えて-
http://www.mext.go.jp/a_menu/shougai/tosho/houkoku/1294193.htm

宇部市立図書館と山口大学図書館、相互利用に関する協定を締結

宇部市立図書館と山口大学図書館が、相互利用に関する協定を締結したようです。2010年8月1日からは、貸出資料の返却をそれぞれの図書館で行うことができるとのことです。また、2011年からは、両館での相互貸借も始められる予定です。

連携協定:宇部市立図書館と山大図書館、相互利用へ--8月1日から /山口(毎日jp 2010/6/24付けの記事)
http://mainichi.jp/area/yamaguchi/news/20100624ddlk35040338000c.html

このウイスキーに合う本は?(日本)

ニッカウヰスキー株式会社は、ウイスキーと読書のコラボレーションイベント「バー読」を実施してきましたが、このほど、同社のウイスキーに合う本を一般に募集する「バー読大賞」を開催するそうです。応募期間は6月29日までで、応募のための条件として、「丸善インフォメーション」のメールマガジン会員登録が必要だということです。

バー読大賞大募集!
http://www.maruzen.co.jp/shopinfo/feature/bar-doku/?mailmg=20100623

参考:
バーでお酒を飲みながらの読書、「バー読」
http://current.ndl.go.jp/node/15084

ウェブ上で電子書籍を作成できる個人向けサービス「パブー」が開始

ブックレビューコミュニティサイト「ブクログ」を運営する株式会社paperboy&co.が、2010年6月22日から、ウェブ上で電子書籍の作成・公開・販売ができる個人向けサービス「パブー」を開始しています。利用料金は無料で、ブログを書くような感じで作成ができるとのことです。公開された作品は「パブー」のサイトでの閲覧に加え、自動作成されるEPUB及びPDFのファイルで電子書籍リーダー等での閲覧も可能とのことです。書籍を有料とする場合には10円~3000円の販売価格を設定でき、販売価格から手数料30%分を差し引いた70%分が作者の報酬になるとのことです。

パブー
http://p.booklog.jp/

ブックレビューコミュニティ「ブクログ」 個人が手軽に制作・販売できる電子書籍作成サービス「パブー」の提供を開始 ~iPad、Amazon Kindleでの閲覧にも対応~ (2010/6/22付けpaperboy&co.のニュース)
http://www.paperboy.co.jp/news/201006221410.php

ペパボ、電子書籍をオンラインで作成できる「パブー」サービス開始(2010/6/22付けINTERNET Watchの記事)

米国図書館協会、公共図書館におけるパブリックアクセス調査結果を公開

米国図書館協会(ALA)が、全米の公共図書館におけるパブリックアクセス調査をまとめた“Libraries Connect Communities”の2009-2010年版を公開しています。67%の図書館が地域で唯一のパブリックアクセス提供機関となっていることや、1年前には11台であった1館当たりのコンピュータ提供台数が14.2台に増えていることなどが主な調査結果として示されています。

Libraries Connect Communities: Public Library Funding & Technology Access Study 2009-2010
http://ala.org/ala/research/initiatives/plftas/2009_2010/index.cfm

オランダ王立図書館、2009年の年報を公開

オランダ王立図書館(KB)が、2009年の年報を公開しています。オランダ語版と英語版があります。

KB-Jaarverslag 2009
http://www.kb.nl/nieuws/2010/jaarverslag.html

英語版の年報
http://www.kb.nl/bst/jaar/kb2009/eng/kbannualreport2009.pdf

参考:
オランダ王立図書館、2008年の年報公開(英語版あり)
http://current.ndl.go.jp/node/13999

『カレントアウェアネス-E』173号発行

E1065 - 国立情報学研究所オープンハウス2010<報告>

2010年6月3日と4日の2日間にわたり,国立情報学研究所(NII)において「NIIオープンハウス2010」が開催された。特に2010年はNIIの10周年記念イベントを兼ねており,多様なテーマの講演,展示等が催された。ここでは筆者が参加した6月4日のプログラムについて報告する。...

E1064 - スミソニアン協会,資料デジタル化についての戦略文書を公表

スミソニアン博物館等を運営する米国のスミソニアン協会(以下「スミソニアン」とする)は,2010年5月に,今後5年間における資料デジタル化の戦略を示した文書「デジタル・スミソニアンの創造」(“Creating a Digital Smithonian”)を公表した。その概要を紹介する。...

E1063 - “2010 Library of the Year”受賞館が発表される(米国)

2010年6月7日,米国のLibrary Journal誌(LJ)と出版大手のGale社が選定する“2010 Library of the Year”が発表された。受賞したのは,オハイオ州のコロンバス・メトロポリタン図書館(Columbus Metropolitan Library:CML)である。同館は,米国の公共図書館を独自の基準で評価する“Hennen's American Public Library Rating Index”でも,2008年に1位,2009年と2010年に2位になるなど高い評価を受けている。

E1062 - ポール・マッカートニー,LCのガーシュウィン賞を受賞

2010年6月2日,米国議会図書館(LC)がポピュラーソングの分野で優れた功績を挙げたアーティストに贈るガーシュウィン賞が,バラク・オバマ(Barack Obama)米国大統領の手により,ポール・マッカートニー(Paul McCartney)氏に授与された。...

E1061 - 電子ジャーナル契約料を巡りカリフォルニア大とNatureが火花

カリフォルニア大学(UC)と,総合科学雑誌Nature等を発行しているNature Publishing Group(NPG)が,2011年の電子ジャーナルの契約料を巡って,火花を散らしている。...

E1060 - 知識の生成と思索に貢献する“Europeana”を目指して

欧州デジタル図書館“Europeana”が,2005年の設立以来初めてとなる白書を刊行した。「知識=文脈の中の情報」(Knowledge = Information in Context)と題するこの白書は,Europeanaに携わるドイツ・フンボルト大学のグラートマン(Stefan Gradmann)教授によって著されており,Europeanaの役割が,文化遺産のデータを蓄積するにとどまらず,従来の電子図書館の枠組みを超えて,知識を生成することにあると述べられている。...

米国議会図書館、保存すべき録音資料のリストにR.E.M.の楽曲など25点を追加し合計300作品に

米国議会図書館(LC)は、将来にわたって利用可能とすべき米国の録音資料を“National Recording Registry”として選定していますが、その2009年分として選定された25作品が発表されています。今回選定された作品には、メトロポリタンオペラによる「トリスタンとイゾルデ」(1935年)、ディズニー映画『ピノキオ』の主題歌「星に願いを」(1938年録音)、第二次世界大戦参戦についての討論番組(1941年)、ジャズのビル・エヴァンストリオのライブ演奏(1961年)、コメディアンのビル・コスビーのレコード(1964年)、ロックバンドR.E.M.の“Radio Free Europe”(1981年)などが含まれています。文化的・歴史的・芸術的に重要で、10年以上経ったものが選ばれることになっており、今回の追加により、National Recording Registryの作品数は300となっています。

The Sounds of Fighting Men, Howlin’ Wolf and Comedy Icon Among 25 Named to the National Recording Registry(2010/6/23付けLCのニュース。25作品のリストあり)
http://www.loc.gov/today/pr/2010/10-116.html