アーカイブ - 2010年 5月 18日

中津川市立図書館、Nota Incと共同でiPadを使った実証実験を実施

中津川市立図書館が、2010年5月28日から3か月間、図書館蔵書検索サービス「カーリル」を開発したNota Incと共同で、図書館サービス利用システムの実証実験を行うと発表しています。司書の常駐していない公民館の図書室という環境で、図書館サービス利用システムをインストールした多機能情報端末が蔵書検索装置として有効に活用可能か、また「青空文庫」を活用した電子読書システムの試用を通じて、今後「電子書籍」を図書館としてどのように利用できるか、などの実証実験を行なうものとのことです。iPadが用いられる模様です。

図書館における多機能情報端末を使った実証実験を行ないます(2010/5/14付け中津川市の報道発表資料)
http://www.city.nakatsugawa.gifu.jp/press/wp-content/uploads/2010/05/ipad.pdf

図書館における多機能情報端末を使った実証実験を行ないます(2010/5/14付け中津川市の報道発表)
http://www.city.nakatsugawa.gifu.jp/press/?p=2603

奈良県立図書情報館、読み聞かせのスペース「読ボラ図書室」を開設

奈良県立図書情報館が、読み聞かせのためのスペース「読ボラ図書室」を開設したと発表しています。地元の読書ボランティアが運営主体になるとのことです。2010年5月15日には「おはなし広場」と題するオープニングイベントが開催されたようです。

図書情報館に地域とのコラボで 『読(どく)ボラ図書室(としょしつ)』できます!!(奈良県立図書情報館のニュースリリース)
http://eventinformation.blog116.fc2.com/blog-entry-400.html

県立図書情報館:絵本読み聞かせスペースを開設/奈良(毎日jp 2010/5/17付けの記事)
http://mainichi.jp/area/nara/news/20100517ddlk29040275000c.html

EPUB形式の日本語電子書籍の共有サイト「ePubs.jp」が立ち上げ

シナジー・ソフトウェアが、EPUB形式の日本語電子書籍の投稿・共有サイト「ePubs.jp」のベータ版を公開したと発表しています。このサイトでは、EPUB形式の電子書籍の投稿や閲覧を無料で行うことができ、スマートフォンにも対応しているとのことです。今後は、機能追加や外部のコンテンツの有料提供も予定されているとのことです。

日本語の電子書籍を投稿・共有できるサイト ePubs.jp をベータオープンしました(シナジー・ソフトウェアのニュースリリース)
http://www.synergysoftware.jp/archives/313.html

日本語電子書籍の投稿共有サイト「ePubs.jp」--有料課金も予定(CNET Japan 2010/5/17付けの記事)
http://japan.cnet.com/news/media/story/0,2000056023,20413482,00.htm

中国の電子図書館特集(英語文献)

オープンアクセス誌D-lib Magazineの2010年5/6月号で、中国の電子図書館(Digital Libraries in China)の特集が掲載されています。論考のタイトルは次の4つです。
・Overview of Digital Library Developments in China
・Building the New-generation China Academic Digital Library Information System (CADLIS): A Review and Prospectus
・China National Science and Technology Digital Library (NSTL)
・The National Digital LIbrary Project

D-Lib Magazine MAY/JUNE 2010 Volume 16, Number 5/6
http://www.dlib.org/dlib/may10/05contents.html