アーカイブ - 2010年 5月 12日

中国国家図書館、OCLCのILLサービスへの加入を発表

中国国家図書館が、OCLCのILL(図書館間相互貸借)サービス WorldCat Resource Sharingに加入したと発表しています。また、同じプレスリリースには、これまでに中国国家図書館の約230万のレコードがOCLC WorldCatに搭載されているとの情報も掲載されています。

The NLC takes part in OCLC WorldCat Resource Sharing Network(2010/4/28付け中国国家図書館の英語プレスリリース)
http://www.nlc.gov.cn/en/news/nlcnews_2010042801.htm

国家图书馆加入OCLC WorldCat资源共享网络(2010/4/28付け国図新聞の情報)
http://www.nlc.gov.cn/syzt/2010/0428/article_493.htm

国家图书馆加入OCLC WorldCat资源共享网络 (2010/4/29付け中国文化部の情報)
http://www.ccnt.gov.cn/xxfb/xwzx/whxw/201004/t20100429_78833.html

【2010/5/28追記】

エジプト・アレクサンドリア図書館の公式日本語サイトが開設

エジプトのアレクサンドリア図書館の公式日本語サイトが開設されています。

アレクサンドリア図書館公式日本語サイト
http://www.bibalex.jp/Japanese/index.htm

ビブリオテカ・アレクサンドリア・プロジェクト
http://www.bibalex.jp/index.html

参考:
国立国会図書館月報587号(2010年2月)
http://www.ndl.go.jp/jp/publication/geppo/pdf/geppo1002.pdf
(「国立国会図書館 館長対談 第14回 アレクサンドリア図書館長 イスマイル・セラゲルディン 氏 技術が支える知の殿堂」(p.4-9)及び「パピルスからPDFへ よみがえるアレクサンドリア図書館」(p.10-13)あり)

法テラス、図書館との連携を強化へ

法的トラブル解決の支援を行う「法テラス」(日本司法支援センター)は、身近な公共施設である図書館との連携を強化する方針とのことです。まずは全国の公立図書館にポスターを掲出することなどにより、利用者及び図書館員への法テラスの周知を図るとのことです。

「図書館海援隊プロジェクト」との連携開始!(2010/5/11付け法テラスのプレスリリース)
http://www.houterasu.or.jp/content/220511press.pdf

【プレスリリース】文科省「図書館海援隊プロジェクト」との連携開始について(2010/5/11付け「法テラス最新情報」)
http://www.houterasu.or.jp/news/houterasu_info/220511.html

図書館海援隊プロジェクトと日本司法支援センター(法テラス)との連携強化について(2010/5/11付け文部科学省の報道発表)
http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/22/05/1293923.htm

参考:
「図書館海援隊」に新たに8図書館が参加
http://current.ndl.go.jp/node/15789

図書館による貧困・困窮者支援プロジェクト「図書館海援隊」

IFLA、ISBD(国際標準書誌記述)の統合版の草案を公開

国際図書館連盟(IFLA)のISBD(国際標準書誌記述)レビューグループが、2010年5月10日付けで、ISBD統合版(consolidated edition)の草案を公開しています。7月11日まで意見を受け付けるとのことです。2007年に出された予備統合版からの変更点として、コンテンツの形式と媒体の種別等を記述するための新しいエリア「エリア0」の取り込みなどが示されています。

Worldwide review of ISBD
http://www.ifla.org/en/news/worldwide-review-of-isbd

参考:
IFLA、ISBD「エリア0」の記述を定めた文書を公表
http://current.ndl.go.jp/node/15423