アーカイブ - 2010年 11月 12日

2010年チリ地震被災地域の児童・学生への電子図書館50館の寄贈計画

2010年11月11日、チリのVTRというメディア関連企業が、同じくメディア関連企業のLiberty Globalとユニセフの協力を得て、2010年2月27日にチリ中部で発生した地震で被災した同地域の児童・学生に対して、電子図書館と電子書籍端末、そして電子書籍を寄贈する計画を発表しました。「チリのための電子図書館」(Bibliotecas Digitales para Chile)と名づけられたこのプロジェクトでは、電子図書館50館を被災した地域にある教育施設内に設置し、1つの電子図書館あたり50個の電子書籍端末を寄贈するようです。また、電子図書館には、スペイン語の児童書等を出版する“Ediciones SM”社から寄贈された電子書籍50タイトルがあらかじめ登録されており、児童・学生は端末を通じて自由にダウンロードして利用できるようにする計画とのことです。

VTR concreta inédita innovación tecnológica y entrega 50 Bibliotecas Digitales en zona afectada por terremoto (2010/11/11付け VTRのプレスリリース)

“Europeana Open Culture 2010”の講演資料と動画が公開

2010年10月14日と15日に、オランダのアムステルダムで開催された“Europeana Open Culture 2010”のカンファレンスの講演資料と動画が公開されています。“Europeana Open Culture 2010”は、資料をデジタル化し、オープンな形で利用できるようにすることで、博物館・図書館・文書館がどのように公共的な価値を生み出すことができるかを焦点に開催されたようです。また、カンファレンスの基調講演では、大英博物館でWikipediaのプロジェクトに関わったLiam Wyatt氏と、GoogleブックスのJames Crawford氏の2人が登壇したとのことです。

Presentation tab (講演資料を掲載しているEuropeanaのページ)
http://version1.europeana.eu/web/europeana-plenary-2010/presentations

Thank you for attending Europeana Open Culture 2010 (Europeana Open Culture 2010のウェブサイト)
http://version1.europeana.eu/web/europeana-plenary-2010/

YouTubeでのEuropeanaEUのページ

英国ロンドンの公共図書館130館が閉館の危機に

2010年11月10日付けウェブ版のEvening Standard紙に、英国ロンドンの公共図書館の約3分の1にあたる130館が、予算削減によって閉館の危機にあることが明らかになったという記事が掲載されています。また、翌日11月11日の同紙の記事には、著名作家らによる予算削減に対する反対の声が掲載されています。

130 libraries in the capital face axe in spending cuts (2010/11/10付け Evening Standardの記事)
http://www.thisislondon.co.uk/standard/article-23896258-130-libraries-in-the-capital-face-axe-in-spending-cuts.do

総務省の「新ICT利活用サービス創出支援事業」が事業仕分けの対象に

2010年11月15日から開始される政府の「事業仕分け第3弾」において、総務省の「新ICT利活用サービス創出支援事業」が、対象事業の一つとしてあげられています。

電子書籍中間フォーマット策定やEPUB日本語化が、事業仕分けの対象に?(2010/11/12付けINTERNET Watchの記事)
http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20101112_406234.html

事業仕分け第3弾
http://www.shiwake.go.jp/

参考:
総務省、「新ICT利活用サービス創出支援事業」(電子出版の環境整備)の採択案件を発表
http://current.ndl.go.jp/node/17017

米国連邦準備制度のワーキンググループが電子書籍の市場を調査したレポートを公開

2010年10月14日付けで、米国の中央銀行である連邦準備制度付属の図書館の電子書籍ワーキンググループが、電子書籍の市場調査をまとめたレポート“EBooks in Special Libraries:Final Report of the Federal Reserve System Libraries Work Group on EBooks”を公開しています。執筆者はフィラデルフィア連邦準備銀行のLuke Mueller氏です。これは、連邦準備制度付属の図書館にとって役立つサービスを発見することを目的に行われたもので、経済及びビジネス関連の電子書籍を扱う、10の電子書籍アグリゲータ、6つの小売業者、23の出版社を対象に、電子書籍タイトル数や価格設定など数項目を基準に調査したものとのことです。

EBooks in Special Libraries:Final Report of the Federal Reserve System Libraries Work Group on EBooks
http://www.governmentinfopro.com/files/fed-libraries-e-books-report--10-2010.pdf

プリントアウトした紙でウェブ情報を保存しようとする試み“A Paper Internet”

プリントアウトした紙でウェブ情報を保存しようとする“A Paper Internet”という試みが、ボランティアにより行われているようです。縮小印刷でプリントアウトした紙をナイロンに包んで木の箱に入れ、エポキシ樹脂で周囲を固めて密封した「タイムカプセル」を作るというもので、現時点では、Linux0.1のソースコードを印刷したものなどが作成されているとのことです。ウェブサイトには、タイムカプセルを作る詳しい手順等も記載されています。

A Paper Internet
http://carlos.bueno.org/2010/09/paper-internet.html

Saving the web, one page at a time.
http://www.paperinternet.org/

ノルウェーのBIBSYSがOCLCのウェブスケール図書館業務管理システムを採用へ

ノルウェーの大学図書館、研究図書館、国立図書館が参加しているコンソーシアムBIBSYSとOCLCは、OCLCの提供するウェブスケール図書館業務管理システムを採用することで合意したとのことです。

BIBSYS selects OCLC’s Web-scale Management Services(2010/11/9付けOCLCのプレスリリース)
http://www.oclc.org/news/releases/2010/201055.htm

BIBSYS
http://www.bibsys.no/norsk/

参考:
OCLCのウェブスケールの図書館管理システムが本格運用に向けて前進
http://current.ndl.go.jp/node/16431

New York Times、2011年初めにも電子書籍のベストセラーリストの公表へ

2010年11月10日、New York Timesが、2011年初めにも電子書籍(フィクション・ノンフィクション双方)のベストセラーリストの公表を始めると発表しています。これはデジタル出版物の売上とその影響力が拡大していることを受けて開始されるもので、そのリストは、出版社、書店等からの週次のデータを基に作成されるとのことです。

Times Will Rank E-Book Best Sellers (2010/11/10付け New York Timesのニュース)
http://www.nytimes.com/2010/11/11/books/11list.html?_r=1

欧州委員会研究総局、2009年の年次活動報告のウェブサイトを公開

2010年10月28日、欧州委員会研究総局(European Commission’s Directorate-General for Research)は、2009年の年次活動報告のためのウェブサイト“Science at the Service of Europe”を公開しました。医療や流通、エネルギー、環境、研究インフラ等の21項目に分けて、科学研究が欧州の現在にどのように役立っているかを解説したものとなっているようです。

Science at the Service of Europe
http://ec.europa.eu/research/sse/2009/index_en.cfm