アーカイブ - 2010年 10月 29日

オープンソースの機関リポジトリ用システム“IR+”のバージョン2が公開

米国のロチェスター大学が開発している、オープンソースの機関リポジトリ用ソフトウェア“IR+(IR Plus)”のバージョン2が公開されているようです。
irplus
http://code.google.com/p/irplus/

Institutional Repository Software: IR+ 2.0 Released(2010/10/26付けDigitalKoansの記事)
http://digital-scholarship.org/digitalkoans/2010/10/26/institutional-repository-software-ir-2-0-released/

宝塚市立中央図書館、「縁結びの1冊を探せ」と題するイベントを実施

兵庫県の宝塚市立中央図書館が、「縁結びの1冊を探せ!!」と題するイベントを実施しています。同館が舞台となっている小説『阪急電車』で描かれる「縁結びの1冊」が何であるかを、利用者に想像して投票してもらうというものです。

宝塚市立中央図書館:縁結びの一冊を探せ!! 投書コーナー設置 /兵庫(毎日jp 2010/10/29付けの記事)
http://mainichi.jp/area/hyogo/news/20101029ddlk28040451000c.html

『阪急電車』映画化決定記念展示 ~中央図書館~(宝塚市立図書館のニュースリリース)
http://www.library.takarazuka.hyogo.jp/014-news/newsmain.html#arikawa

移動図書館だったバスを使った「移動書店」(米国)

米国カリフォルニア州に、移動図書館だったバスを使った「移動書店」を行っている男性がいるそうです。男性は経営していた書店をたたみ、ミシガン州の図書館から払い下げられた移動図書館のバスを購入し、移動書店を開始したとのことです。

Man reinvents bookstore by putting it on wheels(2010/10/27付けabcニュースの記事)
http://abclocal.go.com/kgo/story?section=news/local/east_bay&id=7750163

第6回SPARC Japanセミナー2010「日本発オープンアクセス」の発表資料が公開

SPARC Japanのウェブサイト上で、2010年10月20日に国立情報学研究所(NII)で開催された、第6回 SPARC Japan セミナー2010「日本発オープンアクセス」の発表資料が公開されています。

Open Access Week 第6回 SPARC Japan セミナー2010 「日本発オープンアクセス」
http://www.nii.ac.jp/sparc/event/2010/20101020.html

第6回SPARC Japanセミナー2010(Open Access Week)の発表資料を公開しました。(2010/10/29付け SPARC Japanのニュース)
http://www.nii.ac.jp/sparc/2010/10/6sparc_japan2010open_access_we.html

ユネスコの「世界視聴覚遺産の日」の世界各国でのイベント

ユネスコが定める「世界視聴覚遺産の日」である10月27日の前後に、世界各地で様々なイベントが実施されたようです。ウェブサイトには世界各地のイベントの概要が掲載されています。

World Day for Audio Visual Heritage 2010
http://www.pia.gov.ph/wdavh2010/

World Day for Audiovisual Heritage(ユネスコのサイト)
http://portal.unesco.org/ci/en/ev.php-URL_ID=25563&URL_DO=DO_TOPIC&URL_SECTION=201.html

カリフォルニア電子図書館による図書のデジタル化が300万冊を突破

2010年10月27日、カリフォルニア電子図書館(California Digital Library)が、図書のデジタル化事業で300万冊を突破したと発表しています。また、これを記念して、カリフォルニア大学図書館の司書が、デジタル化されたお気に入りの図書を公表しています。

UC Libraries Digitize 3,000,000 Books (2010/10/27付け California Digital Libraryのニュース)
http://www.cdlib.org/cdlinfo/2010/10/27/8456/

UC University Librarians' Favorite Digitized Books
http://www.cdlib.org/services/collections/massdig/favorites.html

ダブリン大学トリニティカレッジが研究成果のオープンアクセス化の方針を発表

2010年10月20日、アイルランドのダブリン大学トリニティカレッジ(Trinity College Dublin:TCD)が研究成果のオープンアクセス化の方針を発表しています。この方針は、雑誌論文やその他の学術成果を、TCDの機関リポジトリである“TARA(Trinity’s Access to Research Archive)”を通じて提供するものです。公開される研究成果には、すべての学術論文、査読付きのカンファレンスペーパー等の他にも、教員が執筆した図書や既発表の研究に関連するデータセットの公開も求められているようです。TCDのプレスリリースによると、この種のオープンアクセスの方針の決定は、アイルランドの大学では初とのことです。

TARA (Trinity’s Access to Research Archive)
http://www.tara.tcd.ie/

TCD to Provide Free Online Access to its Research (2010/10/20付け TCDの記事)
http://www.tcd.ie/Communications/news/pressreleases/pressRelease.php?headerID=1585&vs_date=2010-10-20

参考:

Europeanaに新たなバーチャル展示が追加、テーマは「東欧における結婚式」

欧州デジタル図書館Europeanaが新たなバーチャル展示を公開しました。今回のテーマは「東欧における結婚式」(Weddings in Eastern Europe)とのことで、ハンガリー、リトアニア、ポーランド、スロベニアにおける結婚式の伝統について、お見合いから結婚式が終わるまでを、資料を交えて解説しています。

Weddings in Eastern Europe
http://econnect.ait.co.at/wedding-exhibition/

クラウドでコレクションを公開・管理する“Omeka.net”ベータ版が発表される

2010年10月28日、米国ジョージ・メイソン大学の「歴史とニューメディアセンター」(Center for History and New Media)が、“Omeka.net”(ベータ版)を公開しました。この“Omeka.net”は、図書館、博物館、文書館向けのウェブ出版用オープンソースソフト“Omeka”のクラウド版のようです。

Omeka.net
http://omeka.net/

Omeka.net Beta Launches (2010/10/28付け Omekaのニュース)
http://omeka.org/blog/2010/10/28/omeka-net-beta-launches/

参考:
研究者、図書館、博物館、文書館向けのウェブ出版用オープンソースソフト“Omeka”が正式リリース
http://current.ndl.go.jp/node/13156

科学技術振興機構(JST)、J-STAGEとJournal@rchiveのAPIを公開

科学技術振興機構(JST)が、2010年10月28日から、電子ジャーナルサイトJ-STAGEとJournal@rchiveに掲載されている論文情報を横断的に検索できるAPIの提供を開始しています。

最大級の国内電子ジャーナルを自在に利用できるプログラム(API)を提供開始(2010/10/28付けプレスリリース)
http://www.jst.go.jp/pr/info/info769/index.html

J-STAGE/Journal@rchive WebAPI について
http://info.jstage.jst.go.jp/info_server_api/index.html