アーカイブ - 2010年 1月 22日

【イベント】デジタル情報資源の長期保存等についての国際シンポジウム(2月、東京)

2010年2月19日(金)に、デジタル情報資源の長期保存とデジタルアーカイブの長期利用についての国際シンポジウムが、国立国会図書館(NDL)で開催されます。NDLと筑波大学知的コミュニティ基盤研究センターが共同で開催するもので、アメリカ、オーストリア、シンガポールから招いた研究者による講演、NDLによる調査報告、それらに基づいた意見交換が行われるとのことです。

ディジタル情報資源の長期保存とディジタルアーカイブの長期利用に関する国際シンポジウム
http://www.ndl.go.jp/jp/event/events/20100219.html

米国ノースカロライナ大、貴重なオーディオ資料のストリーミング配信を開始

米国ノースカロライナ大学チャペルヒル校が、同校の保存するオーディオコレクションの一部をストリーミング配信する取組み“”を始めました。現在配信されているのは、下記の5つで、今後コンテンツを増やしていく予定です。

Channel 1: Southern Folklife Collection – Old-time Music

Channel 2: Southern Folklife Collection – Country and Bluegrass

Channel 3: Southern Folklife Collection – Folk Revival

Channel 4: Southern Folklife Collection – Rhythm, Blues, and Boogie

Channel 5: Southern Folklife Collection – SFC Mix

SFC Streaming Radio Is Here!
http://www.lib.unc.edu/blogs/sfc/index.php/2010/01/06/sfc-streaming-radio-is-here/

Streaming Music from UNC’s Southern Folklife Collection

コーネル大学図書館、プレプリントサーバ“arXiv”への資金協力を求める

物理学を中心とする約60万本の論文が登録されているプレプリントサーバ“arXiv”を運営しているコーネル大学図書館は、利用の多い機関に対し資金面での協力を求めることを発表しています。プレスリリースには、「arXivのようなオープンアクセス資源を維持するためには、単に費用を負担するだけではなく、その価値を向上し続けなくてはならず、そのための資金は一機関では負担しきれない」とのコメントが掲載されています。利用の多い200機関が、機関へのダウンロードの75%以上をしめており、これらの機関に対して協力を求めるとのことで、既に協力を表明している機関も多いとのことです。なお、利用や投稿は無料を維持するとのことです。

Cornell University Library Engages More Institutions in Supporting arXiv(2010/1/20付けコーネル大学図書館のプレスリリース)
http://news.library.cornell.edu/news/arxiv

Cornell Library Proposes New Model to Keep arXiv Going(2010/1/21付けResourceShelfの記事)

健康や福祉の分野での公共図書館の貢献度を調査するプロジェクト(英国)

英国博物館・図書館・文書館国家評議会(MLA)はこのほど、慈善団体“The Reading Agency”とラフバラ大学に委託して、公共図書館が健康や福祉の面でどのくらいコミュニティに貢献しているかを調査するプロジェクトを開始すると発表しました。プロジェクトチームでは、国民保健サービス(NHS)のような健康情報サービスプロバイダとの連携等に焦点を置き、健康に関連する図書館業務の現状を調査することにしています。調査の第一段階が2010年1月からスタートし、図書館スタッフ、患者、健康・社会ケアの代表者、地方議会議員などへのインタビューや、図書館に対する統計調査が行われる予定です。結果は、2010年5月に報告されるとのことです。

Libraries and community health: new research project
- CILIP Information and Advice Blog 2010/1/19付けの記事
http://communities.cilip.org.uk/blogs/informationadvice/archive/2010/01/19/mla-commission-libraries-and-community-health-project.aspx

ケンブリッジ大学出版局、電子書籍用サイトをスタート

英国のケンブリッジ大学出版局が、電子書籍用のウェブサイト“Cambridge Books Online”をスタートしました。まずは同出版会の6,000冊の電子書籍が、世界中から利用可能になります。2010年春までには、1万冊以上が利用可能になる予定です。図書館向けには、MARCレコードのダウンロードサービス、統計データサービスなども併せて提供されます。

Cambridge Books Online
http://ebooks.cambridge.org/home.jsf

プレスリリース
http://journals.cambridge.org/images/fileUpload/documents/CBO_PR_FINAL_Global.doc

Googleがデジタル化したフランスの書籍の1冊目はノストラダムスの預言書

フランスのリヨン市立図書館との提携により、Googleがデジタル化した最初のフランスの書籍は、16世紀のノストラダムス(Nostradamus)の預言書のようです。32ページ分のデジタル化された画像がGoogleブックスに掲載されています。

Google Digitises First French Book - "The Prophecies" by Nostradamus(Associated Content 2010/1/21付けの記事)
http://www.associatedcontent.com/article/2616347/google_digitises_first_french_book.html

500-year-old Nostradamus prophecies become first French book to be archived on Google(Mail Online 2010/1/21付けの記事)
http://www.dailymail.co.uk/sciencetech/article-1244944/500-year-old-Nostradamus-prophecies-French-book-archived-Google.html