アーカイブ - 2009年 8月 20日

「国立メディア芸術総合センター(仮称)」の必要性に関する民間アンケートの結果

週刊エコノミストとNTTレゾナントはこのほど協同で、文化庁が設立を検討している「国立メディア芸術総合センター(仮称)」について、その必要性を問うアンケートを実施しました。その結果によると、「無駄遣いである」という回答が8割近くを占め、「価値ある文化発信拠点だ」との回答約10%を大幅に上回ったということです。

第11回[ネットで聞きました] 「アニメの殿堂」は必要?」
http://research.goo.ne.jp/database/data/001045/

参考:
文化庁、「国立メディア芸術総合センター(仮称)」の事業内容、施設内容等のアイディアを募集
http://current.ndl.go.jp/node/13551

米SPARC、情報提供で大学のオープンアクセス拡大を後押し

2008年、ハーバード大学文理学部が初めて研究成果のオープンアクセス化を決定して以来、米国では同様の取組を検討する大学が出てきています。2009年6月には、公立大学として初めて、カンザス大学がオープンアクセス方針を採択しました。こうした動きを後押しするため、米SPARCは、オープンアクセス化を検討する際に役立つ資料や情報、ガイダンスを集めたウェブページを開設しています。

Campus Open Access Policies
http://www.arl.org/sparc/advocacy/campus/

After University of Kansas Approves Open Access, SPARC Pushes for More
- Library Journal 2009/8/13付けの記事
http://www.libraryjournal.com/article/CA6676597.html?nid=3285

INTERPOL、世界中の盗品に関するデータベースを作成・公開

国際刑事警察機構(INTERPOL)はこのほど、盗難に遭った芸術作品の違法な取引を減らすことなどを目的に、世界中の盗品に関するデータベースを作成し、公開しました。事前の申請・登録が必要ではあるものの、このデータベースは警察関係者以外でも利用可能となっています。

INTERPOLのメディアリリース
http://www.interpol.int/Public/ICPO/PressReleases/PR2009/PR200978.asp

W3C、SKOSを勧告化

World Wide Web Consortium(W3C)はこのほど、概念スキーマの基本的構造を表現するモデルSKOS(Simple Knowledge Organisation System)をW3C勧告として公開しました。

SKOS Simple Knowledge Organization System Reference
W3C Recommendation 18 August 2009
http://www.w3.org/TR/2009/REC-skos-reference-20090818/

W3C,分類体系用のモデル化言語「SKOS」を勧告化
- ITpro 2009/8/20付けの記事
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20090820/335755/

NDL、10月にアレクサンドリア図書館長の講演会を開催

国立国会図書館(NDL)が、2009年10月2日に東京本館で、アレクサンドリア図書館長イスマイル・セラゲルディン氏の講演会を行います。講演後には、セラゲルディン氏と長尾NDL館長との対談が予定されています。

パピルスからPDFへ:よみがえるアレクサンドリア図書館
http://www.ndl.go.jp/jp/event/events/bibalex.html

WorldCat、図書館検索が可能に

WorldCatで図書館を名称や住所、郵便番号で検索することが可能になっています。検索した図書館の位置はGoogle Mapで確認することができるようです。

New Search for a Library feature provides location, maps & visibility
http://worldcat.org/blogs/archives/2009/08/new-search-for-a-library-featu.htm

Search for a library
http://www.worldcat.org/libraries

ケンブリッジ大学出版部、学術的価値が継続している図書館資料を再出版

ケンブリッジ大学出版部が、同大学の図書館の蔵書から学術的価値が継続している図書をデジタル化し再出版するプロジェクト“Cambridge Library Collection”を行っています。ダーウィンの著作やシェークスピアの研究書など、1780年代後半から1900年台前半までの著作権の保護期間が満了している絶版の図書の中から、研究者や学生らの関心の高いものを選び出して、オンデマンド方式で世界中の読者に販売するようです。

Books of enduring scholarly value(Cambridge University Libraryのニュースリリース)
http://www.lib.cam.ac.uk/newspublishing/index.php?c=#news124