アーカイブ - 2009年 8月 10日

携帯電話のメール機能によるレファレンスサービス(米国)

米国イリノイ州のAlliance Library Systemが中心となり、“My Info Quest”と名付けられた、携帯電話を使用したレファレンスサービスが試験的に行われているそうです(2009年7月から12月まで)。プロジェクトに参加している全米約50の図書館の利用者がサービスの対象者で、質問をメールで送ると、対応時間内(平日の8時-20時、土曜日の9時-17時)であれば、約10分で回答が携帯電話に届くとのことです。参加館はこの業務にスタッフを週当たり2時間割り当てることが義務付けられており、参加館全体で業務を分担することにより、人的資源を効率的に活用することができるとのことです。

Library Reference Services Are on an Info Quest -- ITI NewsLink
http://newsbreaks.infotoday.com/Spotlight/Library-Reference-Services-Are-on-an-Info-Quest-55455.asp

My Info Quest
http://www.myinfoquest.info/

A Text Messaging Reference Service(2009年8月8日付けResourceShelfの記事)

JISC、Second Lifeを講義に活用するためのガイドを作成・公開

英国情報システム合同委員会(JISC)はこのほど、ヴァーチャル世界“Second Life”の講義への活用方法を記したガイドブックを作成しました。これは、Second Lifeの詳細をマスターするためのもの、というよりは、講義を支援するための基礎について述べたものとなっており、目次は下記のとおりです。

・イントロダクション
・開始
・次のステップ
・Second Lifeでの講義のデザイン
・Second Lifeでの学習促進
・よくある間違いと仮定
・実践上の懸案事項
・有益なリンクと書籍

JISC Second Life guide helps lecturers teach in the virtual world(ニュースリリース)
http://www.jisc.ac.uk/news/stories/2009/08/secondlife.aspx

レッシグ教授によるGoogleブック検索和解案についての講演記録

2009年7月31日に開催された、スタンフォード大学のレッシグ(Lawrence Lessig)教授による、Googleブック検索和解案についての講演の記録が、ウェブキャストと音声ダウンロードで公開されています。

(ウェブキャスト)
Lawrence Lessig on the Google Book Search Settlement - “Settlements: Static goods, dynamic bads”
http://blogs.law.harvard.edu/mediaberkman/2009/08/03/lawrence-lessig-on-the-google-book-search-settlement-settlements-static-goods-dynamic-bads/

(音声ダウンロード)
Lawrence Lessig on the Google Book Search Settlement - “Settlements: Static goods, dynamic bads” [AUDIO]

ハーバード大学図書館、OAに好意的な出版社のリストを公開

ハーバード大学図書館が、同大学のオープンアクセスのポリシーを理解し、雑誌に掲載された同大学の研究者の論文を機関リポジトリに登録することなどに協力的な出版社のリストを公開しています。リストはこれからも更新されていくということです。

Featured Publishers & Journals
http://osc.hul.harvard.edu/oapublishers.php

参考:
ハーバード大学教育学大学院、研究成果をOA化へ
http://current.ndl.go.jp/node/13288
ハーバード大学とAPSがOA方針に関する協定を締結
http://current.ndl.go.jp/node/12727

Googleニュース記事検索サービス、記事数がスタート時の4倍に

Google社が2008年9月から開始した新聞記事検索サービス“News Archive Search”で検索できる記事数が、サービス開始時から4倍に増えたということです。提携先も増加しており、カナダで最も歴史ある新聞“Halifax Gazette”紙、フィリピンの“Manilla Standard”紙、タイの“The Nation”などの記事が新たに検索できるようになっています。

Extra! Extra! Updates from our growing newspaper archives
- Google News Blog 2009/8/3付けの記事
http://googlenewsblog.blogspot.com/2009/08/extra-extra-updates-from-our-growing.html

Thomson Reuters社、1999年から2009年までの論文の被引用回数の多い20機関を発表

トムソン・ロイター(Thomson Reuters)社は、1999年1月から2009年4月までの期間で、同社が定めた22の分野を対象に論文の被引用回数の多かった上位20機関を発表しています。1位はハーバード大学で、95,921の論文で合計2,597,786回引用され、9つの分野でトップとなったようです。日本の機関では東京大学が11位となっています。

The Most-Cited Institutions Overall, 1999-2009
http://sciencewatch.com/inter/ins/09/09Top20Overall/

OCLC、WorldCatLocalのユーザビリティに関する研究結果の要約を公開

OCLCは、ALA年次大会用に準備されたWorldCatLocalのユーザビリティに関する研究結果の要約をウェブサイト上で公開しています。この要約は、協力関係にある大学図書館、公共図書館との協同で行なわれた調査のいくつかの重要な結果を取りまとめたもののようです。

WorldCat Local usability studies - summary of findings(WorldCat Blog)
http://worldcat.org/blogs/archives/2009/08/worldcat-local-usability-studi.htm

NDL、「ネット配信」報道記事に関する声明をウェブサイトに掲載

国立国会図書館(NDL)は、2009年8月6日付け日本経済新聞朝刊に掲載された「国会図書館の本 有料ネット配信」という記事に関して、内容に事実と異なるところがあるとして、8月7日付けで同館ウェブサイトに声明を掲載しています。

平成21年8月6日付け日本経済新聞の記事について(2009年8月7日)
http://www.ndl.go.jp/jp/news/fy2009/1187666_1393.html

国会図書館の本、有料ネット配信 400万冊対象、11年にも -- NIKKEI NET(新聞紙版の記事よりも短いもの)
http://www.nikkei.co.jp/news/shakai/20090806AT1C0500805082009.html