アーカイブ - 2009年 7月

7月 14日

JLA、指定管理者制度の導入の検討結果についての調査報告を公表

日本図書館協会のサイトに、「図書館における指定管理者制度の導入の検討結果について 2009 年調査(報告)」が掲載されています。

図書館における指定管理者制度の導入の検討結果について2009 年調査(報告)
http://www.jla.or.jp/kenkai/sitei2009.pdf

2009年のブックトラック・ダンスコンテスト優勝は「バイキング」チーム

下記の記事で、2009年のALA年次大会でのブックトラックを使ったダンスコンテストの模様が紹介されています。5チームが金のブックトラックをめざして争った結果、優勝したのは、バイキングをモチーフとしたチームとのことです。(なお、あるチームの参加者のコメントによると、ウィリーしやすい大会専用モデルのブックトラックを使用しているとのことです。)

Librarians Go Wild For Gold Book Cart
http://www.npr.org/templates/story/story.php?storyId=106561675

7月 13日

学術認証フェデレーションの試行運用参加説明会の開催(2009年8月5日)

学術認証フェデレーション(UPKI-Fed)の試行運用参加説明会が、2009年8月5日に開催されるとのことです。

学術認証フェデレーション(UPKI-Fed)試行運用参加説明会のご案内
https://upki-portal.nii.ac.jp/docs/news/fed/20090805

学術認証フェデレーション
https://upki-portal.nii.ac.jp/docs/fed

ALA情報技術政策局、フェアユースなどについて学べるオンラインツールを提供開始

米国図書館協会(ALA)の情報技術政策局(OITP)が、フェアユースについて学習し、自分の資料の使用はフェアユースに当たるかどうかを判断することを助けるオンラインツール“Fair Use Evaluator”と、資料の教育利用における米国著作権法の例外について学習できるオンラインツール“Exceptions for Instructors eTool”を発表しました。

OITP releases new online copyright education tools
- DISTRICT DISPATCH 2009/7/10付けの記事
http://www.wo.ala.org/districtdispatch/?p=3207

Google画像検索に、著作権ライセンスのタイプで絞り込めるオプション機能登場

Google画像検索に、著作権ライセンスのタイプで検索結果を絞り込める検索オプション(「使用権」オプション)が加わりました。「再利用が許可された画像」「営利目的での再利用が許可された画像」など、5通りのパターンで絞り込むことができます。これにより、自由に再利用できる画像を見つけることが、より簡単になると期待されます。

Find Creative Commons images with Image Search
- Google Official Blog 2009/7/9付けの記事
http://googleblog.blogspot.com/2009/07/find-creative-commons-images-with-image.html

Google画像検索
http://images.google.co.jp/imghp?hl=ja

グーグル、画像検索で使用権によるフィルタリングを可能に
- CNET Japan 2009/7/10付けの記事
http://japan.cnet.com/news/media/story/0,2000056023,20396466,00.htm

Google 画像検索、無料で使える画像など絞り込み検索可能に
- INTERNET Watch 2009/7/10付けの記事

中国で発行された新聞のiPhone向け配信開始へ

中国の電子出版関連会社「方正」の日本法人が、2009年8月からiPhone向けに、中国で発行された新聞の配信サービスを開始すると発表しています。中国で主流となっている電子書籍フォーマット「Apabi」を採用しているとのことです。主に日本在住の中国人向けとされていますが、翻訳版表示機能を備えているため語学用教材としても利用できるとのことです。

中国の電子書籍フォーマット「Apabi」がついに日本上陸、まずはiPhone向け電子新聞アプリとして
http://hon.jp/news/1.0/0/1233/

中国国内の新聞を購読できる「iPhone」用アプリを開発、8月コンテンツ配信サービスを開始
http://www.founder.co.jp/release/release20090706.html

総務省、平成21年『情報通信白書』を公表

総務省は2009年7月10日、平成21年『情報通信白書』を公表しました。総務省の報道資料によると、平成21年の白書は下記の3つの点で、これまでの白書と異なるということです。

(報道資料から抜粋)--------------------------------------------------
第一は、広く一般から公募した表紙絵等やコラムを掲載した、国が発行する白書の中では初めての「読者参加型」白書になりました。

第二に、出典や参考文献などにインターネット上のURLを記載する「クロスメディア白書」に進化しました。

第三に「わかりやすい白書」を志向して、特集テーマを扱う「第1部」と、市場や政策の最新動向を扱う「第2部」の2部構成にし、段落や図表ごとに要約見出しをつけています。
-------------------------------------------------------------------------

平成21年「情報通信に関する現状報告」(情報通信白書)の公表
http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/02tsushin02_000006.html

参考:
総務省、平成21年版情報通信白書の表紙絵とコラムを公募
http://current.ndl.go.jp/node/9845

LC、Facebookに専用ページを開設(米国)

米国の大学図書館や英国図書館が専用ページを開設しているFacebookに、米国議会図書館(LC)の専用ページも開設されているようです。掲示板の提供のほか、イベント情報や数点の写真が掲載されています。

The Library of Congress - Facebook
http://www.facebook.com/pages/Washington-DC/The-Library-of-Congress/90245883058

参考:
“Facebook”にBLのページが登場
http://current.ndl.go.jp/node/7368

m-Librariesに関する第2回の国際会議の資料がオンラインで公開

2009年6月23日から24日にカナダのバンクーバーで行なわれた、m-Librariesに関する第2回の国際会議(The second international m-Libraries Conference)のプレゼンテーション資料がオンラインで公開されています。この会議は、世界中の図書館で実行された携帯端末を通したサービスやリソースの提供の成果を調査し、共有することを目的としているとのことです。

The Second International m-Libraries Conference
http://m-libraries2009.ubc.ca/

参考:
E943 - 携帯電話向け図書館サービスのニーズ調査(英)
http://current.ndl.go.jp/e943

7月 10日

世界規模で出版社や著者を互いに結びつけるSNS“PubMatch.org”

出版社、著者、イラストレーター、写真家、エージェントなどを世界規模で互いに結びつけることを目指す、ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)“PubMatch.org”が立ち上がっています。

PubMatch.org
http://www.pubmatch.org/

July 08, 2009付けPeter Scott's Library Blogの記事
http://xrefer.blogspot.com/2009/07/pubmatch.html

EU、すべてのものがインターネットでつながり得る時代になすべきアクション・プランを発表

インターネットはすでに世界中の15億人を相互に結びつけていますが、同時に、書籍、車、食品といった「モノ」も、インターネットに結びつくようになってきています。このような、すべてのものがインターネットでつながり得る時代において、EUが先導的役割を果たし、その進歩を活用していくと同時に、プライバシー、セキュリティ、個人情報保護といった、問題になるおそれのある事項に適切に対応していくべく、EUが2009年6月18日、なすべき14の事項を定めたアクション・プラン“Internet of Things”を発表しました。この中では、標準化、RFIDについても述べられています。

Internet of Things — An action plan for Europe
http://ec.europa.eu/information_society/policy/rfid/documents/commiot2009.pdf

IP/09/952 When your yogurt pots start talking to you: Europe prepares for the internet revolution
http://europa.eu/rapid/pressReleasesAction.do?reference=IP/09/952
(プレスリリース)

ユタ州立大学出版会、電子書籍の販売を開始

ユタ州立大学出版会が、電子書籍の出版を開始しました。2009年12月まではキャンペーン価格が適用され、1冊約10ドルで、自分のPCや携帯情報端末にダウンロードすることができます。それ以後は1冊約18ドル程度となりますが、それでもペーパーバックよりは20%ほど安いということです。なお、ユタ州立大学出版会では今後、オープンアクセスでの出版も検討しているとのことです。

E-Books from Utah State University Press
http://www.usu.edu/usupress/ebooks/

USU Press puts e-books on Web
- HJNEWS.COM 2009/7/6
http://hjnews.townnews.com/articles/2009/07/06/news/news03-07-06-09.txt

IT戦略本部、電子政府ユーザビリティガイドラインを決定

内閣のIT戦略本部の電子政府ガイドライン作成検討会が2009年7月1日、電子政府ユーザビリティガイドラインを決定、公表しています。

電子政府ガイドライン作成検討会
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/it2/guide/index.html

SAGE社、米国社会学会の主要学会誌を出版へ

米国社会学会は出版大手のSAGE社と契約を結び、これまで同学会が出版してきた“American Sociological Review”を含む主要な学会誌8誌が、SAGE社から刊行されることになったということです。“American Sociological Review”など6誌は2010年から、残りの2誌は2012年からの刊行となります。

The American Sociological Association partners with SAGE to publish its influential journals(SAGE社のプレスリリース)
http://www.sagepub.com/press/2009/july/asa.sp

Who Controls Journals? - INSIDE HIGHER ED 2009/7/7付の記事
http://www.insidehighered.com/news/2009/07/07/sage

米国のフィルムアーカイブ、図書館等における動画コレクションとそのデジタル化に関する環境調査

デジタル図書館連盟(DLF)が米国のフィルムアーカイブ、図書館等を対象として2007~2008年に実施した、動画コレクションの概況(規模、運営資金、保存状態、アクセシビリティ、目録作成、フォーマットやメディア、権利など)やデジタル化の状況に関する調査結果を公表しています。

Environmental Scan of Moving Image Collections in the United States
Jennifer Mohan
http://www.diglib.org/pubs/dlf109.pdf

新たに2つの大学図書館がGoogleとの提携を拡大(米国)

米国のウィスコンシン大学マディソン校およびテキサス大学は、Googleブック訴訟の和解案を受けて、書籍のデジタル化に関するGoogleとの提携内容を拡大修正することを発表しています。

UW-Madison expands agreement with Google
http://www.news.wisc.edu/16886

Libraries and Google amend Book Search agreement
http://www.lib.utexas.edu/about/news/libraries_and_google_amend.html

E933 - ミシガン大,Googleとの資料デジタル化に関する協力体制を拡大
http://current.ndl.go.jp/e933

7月 9日

図書館職員の給与調査2009(米国)

米国図書館協会(ALA)関連専門家協会(ALA-APA)が実施している給与調査の2009年版の概要が、ALAウェブサイトで紹介されいています。調査結果は、1,179館の17,018人の図書館学修士号(MLS)保持者からの回答をまとめたもので、概要によると、ALA認定修士号資格所持者の平均賃金は前年より約1%減の58,860ドル(約547万円)、中央値は前年より約2%増の54,500ドル(約507万円)とのことです。

Librarian Salary Survey reports mean librarian salary $58,860, median $54,500 in 2009
http://www.ala.org/ala/newspresscenter/news/pressreleases2009/july2009/salsurvey_apa.cfm

古代の「コーラン」などのイスラム関連資料をデジタル化して公開(英国)

英国の情報システム合同委員会(JISC)等の支援により、7世紀頃のものである可能性もあるという「コーラン」を含む、バーミンガム大学のMingana Collectionのイスラム関連資料のデジタル化プロジェクトが行われており、「コーラン」などが、Virtual Manuscript Roomというウェブサイトで公開されています。

JISC helps to bring Islamic resources online for the first time
http://www.jisc.ac.uk/Home/news/stories/2009/07/mingana.aspx

Virtual ManuscriptRoom
http://www.vmr.bham.ac.uk/

NDL、国立国会図書館法の改正についてプレスリリース

国立国会図書館(NDL)が2009年7月9日、国、地方公共団体等の提供するインターネット資料の収集に関する国立国会図書館法の改正についてのプレスリリースを発表しました。

国立国会図書館法の改正について(付・プレスリリース)
http://www.ndl.go.jp/jp/news/fy2009/1187551_1393.html

参考:
国立国会図書館によるインターネット情報の収集を可能とする改正法が成立
http://current.ndl.go.jp/node/13535

学生が考える「あったらいいな」と思う図書館の機能

神戸芸術工科大学の学生が回答した「図書館に欲しい機能」が、同大学のブログで紹介されています。大別すると、(1)(本の)オススメ機能、(2)個人スペース、(3)おしゃべりスペース(カフェ)、(4)音楽の貸出と音楽を聴きながら本が読めるスペース、という意見が多かったとのことです。

神戸芸術工科大学の学生が考える、図書館の「あったらいいな」...神戸芸術工科大学
http://shintoshokanlab.kobe-du.ac.jp/node/20157

ページ