アーカイブ - 2009年 7月 21日

英国国立公文書館、2008-2009年の年次報告書を公開

英国国立公文書館(NA)が2008-2009年の年次報告書を公表しています。主な業績として、1911年人口調査(census)のオンライン公開、1915-1978年の内閣文書(Cabinet Papers)のウェブサイトでの提供、公的部門文書の入手支援サービス、今後のアーカイブ政策についての諮問文書の提案、等があげられています。

Annual Report and Resource Accounts 2008-2009 published
http://www.nationalarchives.gov.uk/news/stories/332.htm

参考:
英国の内閣文書(Cabinet Papers)デジタル化についての報告書
http://current.ndl.go.jp/node/13178

ハーバード大学・シカゴ大学、オンラインでの電子書籍提供を強化

ハーバード大学出版局が約1000冊の電子図書を文書共有サイトScribdで販売することや、シカゴ大学出版局が700冊の電子書籍をオンラインで販売すること等が報じられています。

Harvard University Press to Sell Nearly 1,000 Digital Books on Scribd
http://www.msnbc.msn.com/id/31947882/

New Digital Editions from the University of Chicago Press
http://pressblog.uchicago.edu/2009/07/15/digital_editions_from_the_univ_1.html

Harvard University Press and University of Chicago Press Ramp Up E-Book Publishing Efforts

(2009年7月19日付けDigitalKoansの記事)

JISC、「図書館の将来」キャンペーンのドキュメンタリー動画と小冊子を公開

英国情報システム合同委員会(JISC)のウェブサイトで、大学・研究図書館の課題と将来像などに関するキャンペーン“Libraries of the Future”に関する、ドキュメンタリー動画と小冊子(brochure)が公開されています。

Libraries of the Future
http://www.jisc.ac.uk/whatwedo/campaigns/librariesofthefuture.aspx

Libraries of the Future brochure
http://www.jisc.ac.uk/publications/documents/librariesofthefuturebrochure.aspx

ブックオフ、本の買取量に応じて途上国の図書館支援団体に寄付

ブックオフコーポレーション株式会社は、2009年8月の1ヶ月間、同社の「BOOKOFF」等の店舗で買取った本やCD等の量に応じた額を、途上国の図書館建設等を支援するNGO「Room to Read」に寄付を行うというキャンペーンを実施すると発表しています。

「BOOKS TO THE PEOPLE」プロジェクト実施のお知らせ ~この夏、ブックオフに本を売って、開発途上国に図書館をプレゼント~(プレスリリース)
http://www.bookoff.co.jp/files/ir_pr/c4/20090715_btp.pdf

マサチューセッツ工科大学図書館、図書館サービスに関する調査データを公開(米国)

マサチューセッツ工科大学(MIT)図書館が、2005年および2008年に行なった図書館サービスに関する調査のデータを公開しています。図書館サービスの満足度や各コレクションの利用頻度、重要度など様々な項目ついて調査が行なわれたようです。

MIT Libraries Survey Data Available Online(MITのニュースリリースより)
http://news-libraries.mit.edu/blog/libraries-survey/1605/

Library Services Surveys
http://libraries.mit.edu/about/surveys/index.html