アーカイブ - 2009年 7月 17日

渋沢栄一記念財団、実業史錦絵の「絵引」をウェブで公開

渋沢栄一記念財団実業史研究情報センターと国立情報学研究所が協同で開発した「渋沢栄一記念財団 実業史錦絵絵引」がウェブ上で公開されています。「実業史錦絵絵引」は渋沢敬三の考案による「絵引」(えびき)という手法を、ウェブの技術を用いて実現したものとのことです。明治期に出版された錦絵(実業史錦絵)に描かれた道具や人物の説明を、絵から直観的に引き出すことができるとのことです。

実業史錦絵絵引
http://ebiki.jp/

「実業史錦絵絵引」公開 - 実業史研究情報センター・ブログ
http://d.hatena.ne.jp/tobira/20090715/1247622361

オハイオ州公共図書館の資金削減問題、削減幅を縮小へ

米国オハイオ州の公共図書館への資金の削減をめぐる問題は、7月からの新年度に入ってからも2週間の暫定予算が組まれるなどの対応が取られていましたが、このほど正式な2010-2011年の予算が決定されたとのことです。公共図書館向け資金(Public Library Fund:PLF)は一般税収の2.22%から1.97%に低下するものの、削減金額は、当初知事が示していた2.27億ドルから8400万ドルに縮小されるとのことです。それでも図書館への影響は大きいと見られていますが、オハイオ図書館協議会のEvans氏は、削減幅が縮小されたことについて、議会と、議員に影響を与えた市民に感謝の意を表しています。

In Final Ohio Budget, Libraries Will Lose Up to 30% of State Support-- Library Journal, 7/15/2009
http://www.libraryjournal.com/article/CA6671131.html

7/13/09 Public Library Funding Cut in New State Budget
http://www.olc.org/news_story071309.asp

参考:
米国オハイオ州知事、州内の公共図書館に提供する資金の半減を提案

LC、オンラインのみの出版物を納本対象とするための規則改正を検討

2009年7月15日付けの米国のFederal Register(官報)に、議会図書館(LC)による、規則改正の提案が掲載されています。納本制度を所管する著作権局によるもので、これまで納本義務から免除されていたオンラインのみの出版物について、LCの要求がある場合には納本を義務づけるようにするための規則改正を行う、というものです。8月末までパブリックコメントを募集するとのことです。

Mandatory Deposit of Published Electronic Works Available Only Online
http://www.copyright.gov/fedreg/2009/74fr34286.pdf

参考:
E922 - ドイツ国立図書館へのオンライン出版物の法定納本手続き
http://current.ndl.go.jp/e922

NDL、ISSN登録した国内刊行オンラインジャーナルの書誌データを試行提供

国立国会図書館(NDL)は、ISSN登録した国内刊行オンラインジャーナルの書誌データのリストを、NDLのISSN日本センターのホームページ上で試行提供しています。リストは、タブ区切りのテキスト形式(tsv形式)で、3ヶ月に一度更新される予定です。

ISSN日本センター - 国立国会図書館
http://www.ndl.go.jp/jp/aboutus/issn_02.html#onlinej