アーカイブ - 2009年 6月

米国政府印刷局、2008会計年度の年報を発表

米国政府印刷局(GPO)が、2008会計年度の年報を公表しています。また年報の概要を紹介する動画が、YouTubeにアップロードされています。

2008会計年度年報
http://www.gpo.gov/pdfs/congressional/GPO_08AnnualReport_final.pdf

U.S. Government Printing Office: Sustainable Environmental Stewardship
(概要を紹介する動画)
http://www.youtube.com/watch?v=7fBuV10pbmg&feature=channel_page

目指すは本の“iPod”?英企業が新電子書籍リーダーを発売

英国のInteread社が、電子書籍リーダー“Cool-er”を発表しました。デザインとしては、現在流通しているほかのリーダーよりも軽量で、薄く、コンパクトなほか、8色から好みの色のリーダーを選ぶことができます。また、値段も他のリーダーより安価に設定されています。
Cool-erで読む書籍は“coolerBOOKS.com”というウェブサイト等から購入できます。このウェブサイトには75万タイトルの電子書籍が用意されており、好みの本をダウンロードできます。
その他Cool-erが「売り」としている点として、JPEG、PDF、TXTのドキュメントや、EPUBフォーマットの電子書籍を読むことができること、日本語も含む11言語に対応している唯一のリーダーであること、などがあります。

COOLREADERS
http://www.coolreaders.com/default.asp

Cool-er ebook reader: is this the iPod for books?
- Telegraph 2009/5/29付けの記事

テレビ視聴時間が長く、SNSの利用率が低く、新聞の定期購読率が高い日本―比較調査の結果

デロイトトーマツコンサルティング株式会社が、日本、米国、英国、ドイツ、ブラジルにおけるメディア消費動向を比較した調査を実施し、その結果を発表しています。それによると、日本のメディア消費には、テレビの視聴時間が最長、ソーシャルネットワーキングサービスの利用率が最低、新聞の定期購読率が最高(2位の米国より30%近く高い)、といった特徴があるということです。ただし、新聞については、日本国内で若年層の新聞離れが危惧されています。

デロイトトーマツコンサルティング株式会社のニュースリリース
http://www.dtc.tohmatsu.co.jp/data/material/29682254956173.pdf

オバマ大統領夫妻、ローラ・ブッシュ前大統領夫人が創始した“National Book Festival”を継承して実施

ローラ・ブッシュ米国前大統領夫人が2001年から米国議会図書館(LC)とともに実施してきた読書推進イベント“National Book Festival”を、2009年にも同館とバラク・オバマ大統領、ミシェル・オバマ大統領夫人が引き続き実施することが発表されています。

President, Mrs. Obama to be Honorary Chairs of National Book Festival
http://www.loc.gov/today/pr/2009/09-107.html

President, Mrs. Obama Honorary Chairs of Book Festival - Library of Congress Blog
http://www.loc.gov/blog/?p=528

国際連合、世界初の授業料無料のオンライン大学を開校

国際連合が2009年5月19日、世界初の授業料無料のオンライン大学“University of the People”を開校しました。これは、イスラエルの慈善家の寄付のもと、入学希望者から少額の入学金(15~50ドル)と、試験受験料(10~100ドル)だけを徴収して経営するというもので、高等教育を受ける機会を拡大することが目的とされています。なお入学金、試験受験料は、入学希望者の国によって異なるとのことです。

University of the People
http://www.uopeople.org/

UN announces launch of world’s first tuition-free, online university
http://www.un.org/apps/news/story.asp?NewsID=30848&Cr=ict&Cr1

BL、全英学位論文サービス"EThOS"を試験公開 - はやくも最もポピュラーなサービスに

英国の全英電子学位論文プロジェクトが第2フェーズへと移行し、英国図書館(BL)が学位論文ポータル"EThOS (Electronic Theses Online Service)"を2009年1月より試験公開し、サービスを開始しています。

全英の25万件以上の学位論文が検索できるほか、ユーザ登録することでフルテキストのダウンロード、オンデマンドによる電子化注文(有料、一度電子化されたものは無料)ができるようになっています。また、全英100以上の大学の機関リポジトリと連携し、リポジトリにオープンアクセスの学位論文本文がある場合は、そちらにナビゲートするようになっています。

試験公開後3か月で、1か月に55万ヒットと、EThOSはBLで最も使われるサービスとなり、フルテキスト・ダウンロード可能な学位論文は4月現在12500件になっているとのことです。

EThoS Beta - British Library
http://ethos.bl.uk/

EThOS update
http://www.bl.uk/reshelp/atyourdesk/docsupply/productsservices/theses/blthesesoct2008/ethosupdates/index.html

ページ