アーカイブ - 2009年 6月

6月 26日

カナダ図書館協会全国大会の発表資料、報告記事

カナダ図書館協会の第64回全国大会が2009年5月28日~6月1日、モントリオールで開催されました。その発表資料が公式サイトに、報告記事がLibrary Journal誌に掲載されています。

この大会では国立研究評議会(NRC)に対する政府の十分な助成と、国立図書館・文書館(LAC)の館長・運営委員会人事に関する憂慮・要望が決議されました。後者は、LACのキャロン(Daniel J. Caron)新館長が専門職ライブラリアン/アーキビストのいずれでもないこと、LACの運営委員会唯一の専門職ライブラリアンであった次期IFLA会長のペアレント(Ingrid Parent)氏が6月末をもって退職することを憂慮し、専門職ライブラリアン/アーキビストを運営委員会に加えるよう強く要望するものです。

CLA 2009 National Conference: Budget Impacts and Federal Focus - 6/24/2009 - Library Journal
http://www.libraryjournal.com/article/CA6667264.html

64th National Conference and Tradeshow
http://www.cla.ca/conference/2009/postcon.htm

フランス国立図書館におけるウェブアーカイブの取り組みの紹介記事

フランス国立図書館(BnF)が公式ブログで、1996年から現在までの同館におけるフランスのウェブアーカイブの取り組みに関する状況を紹介する記事を掲載しています。2006年8月から同館がフランスのドメインのインターネットサイトを納本制度として収集していることなどが紹介されています。

Les Archives de l’Internet français à la BnF, de 1996 à aujourd’hui !
http://blog.bnf.fr/lecteurs/index.php/2009/06/23/les-archives-de-l-internet-francais-a-la-bnf-de-1996-a-aujourd-hui/

メリーランド大学の研究成果オープンアクセス化ポリシー否決から学ぶ教訓

メリーランド大学では2009年4月23日、評議会を開催し、研究成果のオープンアクセス化ポリシーに関する投票を行いましたが、37対24でオープンアクセス化が否決されました。同種の投票では初めて、オープンアクセス化が否決されたこの事例から学んだ教訓を整理した論考を、Open Access Newsのズーバー(Peter Suber)氏がSPARC Open Access Newsletter誌に掲載しています。

Lessons from Maryland (SPARC)
http://www.arl.org/sparc/publications/articles/lfmd_news.shtml

6月 25日

フランス国立図書館のデジタル化プロジェクト紹介記事-選択から長期保存、共有まで

フランス国立図書館(BnF)が公式ブログで、同館が実施している大規模デジタル化プロジェクトについて、選書から長期保存(SPARプロジェクト)、共有に至るまでの各過程を紹介する記事を掲載しています。

La numérisation à la BnF : de la sélection à la constitution et à l’identification d’un document numérique - Blog Lecteurs de la Bibliothèque nationale de France - BnF
http://blog.bnf.fr/lecteurs/index.php/2009/05/25/la-numerisation-a-la-bnf-selection-des-documents/

La numérisation à la BnF : donner accès, conserver et partager les données numérisées - Blog Lecteurs de la Bibliothèque nationale de France - BnF

ケンブリッジ大学図書館、arcadiaプロジェクトの報告書2点を公開

ケンブリッジ大学図書館が2008年から実施している、デジタル時代の学術図書館の役割を探る3年間のプロジェクト“arcadia@cambridge”の一環として行われた、(1)ケンブリッジ大学学部学生の情報探索・利用・評価行動とそのようなスキルの身に着け方、(2)ケンブリッジ大学・英国放送大学の学生の携帯向け図書館サービスに対するニーズ、に関する調査の報告書をウェブサイトで公開しています。

IRIS Project Report
Information Skills Provision: Mapping the information skills of Cambridge undergraduates and induction / training provision across the University
http://arcadiaproject.lib.cam.ac.uk/docs/Report_IRIS_final.pdf

M-Libraries: Information use on the move
http://arcadiaproject.lib.cam.ac.uk/docs/M-Libraries_report.pdf

June 23, 2009付けPeter Scott's Library Blogの記事

高等教育アカデミーとJISCとによる「オープン教育リソース」プログラム(英国)

英国の高等教育アカデミーとJISC(情報システム合同委員会)は、2010年4月までの期間で、「オープン教育リソース」プログラムを開始したと発表しています。教材やソフトウェア等の様々な教育用のリソースを、教育者・学習者がオンラインで無料で利用できるとのことです。

Open Educational Resources programme officially launches
http://www.jisc.ac.uk/Home/news/stories/2009/06/oer.aspx

Open Educational Resources Programme
http://www.jisc.ac.uk/oer

オックスフォード大学研究所による、英国でのインターネット普及に関する報告書

オックスフォード大学のインターネット研究所(Oxford Internet Institute)が、英国でのインターネット利用の現状などを調査した“The Internet in Britain 2009”という報告書を刊行しています。インターネットを使用する人としない人の格差(digital divide)等に焦点をあてたものとなっています。

The Internet in Britain 2009(2009年6月24日付けDigitalKoansの記事)
http://digital-scholarship.com/digitalkoans/2009/06/24/the-internet-in-britain-2009/

文化庁メディア芸術プラザのサイトがリニューアル

メディア芸術の創作活動等を支援する「文化庁メディア芸術プラザ」のサイトがリニューアルされています。検索機能を備えるなどアーカイブ機能を強化されたとのことです。また、一つのテーマでメディア芸術作品を紹介する「Media Arts File」も開始されています。あわせて、第13回文化庁メディア芸術祭の募集要項が公開されています。

アートサイト「文化庁メディア芸術プラザ」刷新、作品検索を強化 -- INTERNET Watch
http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20090625_296548.html

文化庁メディア芸術プラザ
http://plaza.bunka.go.jp/

BL、Financial Times紙のマーケティング部長を広報・マーケティング責任者として招聘

英国図書館(BL)が2009年6月24日、Financial Times紙のグローバル・マーケティング・ディレクターを務めていたブリンドル(Frances Brindle)氏を、6月から戦略マーケティング・コミュニケーション担当ディレクターに任命したと発表しました。ファンドレイジングなど各種キャンペーン、ブランディング、各種コミュニケーション、展示、マーケティングなどを担当するとのことです。

Frances Brindle appointed British Library Director of Strategic Marketing and Communications
http://www.bl.uk/news/2009/pressrelease20090624.html

米国オハイオ州知事、州内の公共図書館に提供する資金の半減を提案

米国オハイオ州のストリックランド(Ted Strickland)知事が2009年6月19日、財政難を受け、2010会計年度、2011会計年度の2年間、州の一般税収の2.22%を充当してきた公共図書館向け資金(Public Library Fund:PLF)をほぼ半減(2年で合計2.27億ドルを削減)する提案を行いました。同州の公共図書館は、PLFに依存する割合が高く、251の公共図書館のうち7割程度がPLFのみで運営されているとのことで、直ちに州図書館協議会などが「図書館を守れ!(Save Ohio Libraries!)」とキャンペーン活動を繰り広げています。

なお、まだ明示はされていないものの、州内のカレッジ・大学図書館のコンソーシアムであるオハイオリンクと、州立図書館への資金も削減されると報じられています。

Ohio Governor Proposes Halving State Support; Many Libraries Could Close - 6/22/2009 - Library Journal
http://www.libraryjournal.com/article/CA6666479.html

IFLA、著作権についての「カントリーレポート2008」を公表

IFLA(国際図書館連盟)のウェブサイトに、著作権についての「カントリーレポート2008」が掲載されています。対象は以下の17カ国です。

オーストラリア、カナダ、クロアチア、デンマーク、フィンランド、ドイツ、イスラエル、ジャマイカ、日本、リトアニア、オランダ、ノルウェー、ポーランド、ロシア、南アフリカ、スウェーデン、米国

2008 Country Reports now available -- IFLA
http://www.ifla.org/en/news/2008-country-reports-now-available

6月 24日

OCLC、ブックスキャナーのKirtas社とデータ連携で提携

OCLCがブックスキャナー大手のKirtas社と提携して、WorldCat.orgのレコードと、Kirtas社がデジタル化した書籍を販売しているKirtasbook.comのレコードとをリンクすると発表しています。またあわせて、Kirtasbook.comにWorldCat.orgのレコードを提供し、正確な書誌記述を利用者に提供するとしています。

OCLC, Kirtas Technologies partner to provide streamlined access to digital content
http://www.oclc.org/news/briefs/brief291.htm

OCLC and Kirtas Technologies partner to provide members and customers with streamlined access to digitized content

LCのテーマ別ウェブアーカイブ

米国議会図書館(LC)は2000年から、テーマ別、イベント別のウェブアーカイブプロジェクトに取り組んでいます。現在取り組んでいるテーマの一つが、連邦最高裁判所判事の任命手続きで、テーマに関連する団体のウェブサイトだけでなく、関連するブログやTwitter上のつぶやき(Tweet)なども含めてアーカイブするということです。

Web Capture Projects
http://www.loc.gov/webcapture/projects.html

『カレントアウェアネス』300号掲載

『カレントアウェアネス』300号(2009年6月20日発行)の記事を掲載しました。

 おかげさまで『カレントアウェアネス』は創刊300号を迎えました。また『カレントアウェアネス』は,2009年8月で,創刊30周年を迎えることになります。
 これまで,執筆・企画等に参画していただいた皆様,またお読みいただいた皆様のご協力に改めて御礼申し上げますとともに,引き続きのご協力をよろしくお願いいたします。

『カレントアウェアネス-E』152号発行

CA1690 - 動向レビュー:デジタルリポジトリにおけるメタデータ交換の動向 / 栗山正光

1. はじめに 近年、大学図書館を中心に、デジタル化された学術論文や研究資料を蓄積・保存し、インターネットで公開を行う、いわゆるデジタルリポジトリの構築が盛んである。こうしたリポジトリは、収録コンテンツを自機関の成果物に限定するものを機関リポジトリ、特定主題分野に収集対象を定めるものをサブジェクトリポジトリなどと呼びならわしている。…

E940 - イタリアの図書館事情

2009年8月,第75回世界図書館情報会議(WLIC):国際図書館連盟(IFLA)総会がイタリア・ミラノで開催される。これに先立ち,イタリアの図書館事情を,とりわけ図書館協力に焦点を当てて紹介する記事が,IFLA Journal誌35巻2号に掲載されている。この記事をもとに,イタリアの図書館の現況を紹介したい。...

E939 - 欧州におけるデジタルリポジトリの現状と課題とは?

欧州連合(EU)の支援の下,欧州全体でのデジタルリポジトリの連携体制構築を目指す「欧州における研究のためのデジタルリポジトリ基盤ビジョン」(DRIVER)は2008年,2006年の1回目の調査以来2回目となる,EU加盟国を中心とした欧州各国のデジタルリポジトリの概況調査を実施した。このほど,この調査の結果をまとめ,欧州におけるリポジトリ関連のインフラ整備の今後を展望する記事が,オープンアクセス誌“Ariadne”に掲載された。...

NII、生物学・生命科学のポータルサイト“Jabion”をリニューアル

国立情報学研究所(NII)は、2004年から公開されている、生物学や生命科学のポータルサイト“Jabion”をリニューアルしたと発表しました。ニーズの高いコンテンツにアクセスしやすくするためのレイアウトの変更、コンテンツの充実、ゲノムビューワの機能拡充などが実施されたとのことです。

プロとビギナーのための生命科学情報サイト「日本語バイオポータル」リニューアル!(2009年6月24日付けNIIのニュースとプレスリリース)
http://www.nii.ac.jp/index.php?action=pages_view_main&page_id=908
http://www.nii.ac.jp/userimg/newJabion%20press_kouhou.pdf

E941 - 次世代学術コンテンツ基盤ワークショップ<報告>

国立情報学研究所(NII)において2009年6月12日,「次世代学術コンテンツ基盤ワークショップ」が午前と午後の二部構成で行われた。このワークショップは,6月11日から12日の2日間にわたり開催されたNIIオープンハウス2009のプログラムの一つである。...

ページ