アーカイブ - 2009年 5月 11日

伊藤忠記念財団が子ども文庫を運営するボランティアを対象とする助成を募集

財団法人伊藤忠記念財団が、平成21年度子ども文庫助成事業の募集を行っています。

子どもの読書啓発活動に携わっているボランティア個人・団体を対象として、「子ども文庫助成」「病院施設子ども読書支援」「子どもの本100冊助成」「子ども文庫功労賞」の各事業への助成を募集しています。

平成21年度 子ども文庫助成事業 募集概要 - 財団法人伊藤忠記念財団
http://www.itc-zaidan.or.jp/zaidan_bunko_bosyuugaiyou.htm

英国国立公文書館、デジタル時代のアーカイブ政策についての意見募集

英国国立公文書館(NA)は諮問文書“Archives for the 21st century”を公表し、それに対する意見を2009年5月6日から8月12日までの期間で募集しています。諮問文書は、デジタル時代の課題に対応し、より多くの人々に利用されるための今後のアーカイブサービスのあり方について検討するためのものとされています。

Archive strategy consultation launched(NAウェブサイトに掲載のニュース)
http://www.nationalarchives.gov.uk/news/stories/304.htm?WT.lp=n-33642

Archives for the 21st century: consultation(諮問文書についての説明)
http://www.nationalarchives.gov.uk/archivesconsultation/

Archives for the 21st century (諮問文書)
http://www.nationalarchives.gov.uk/documents/archivesconsultation/archives-for-the-21st-century-england.pdf

産業技術総合研究所、「科学情報の活用に関するワークショップ」を開催

2009年6月1日に、つくば市で「科学情報の活用に関するワークショップ」が開催されます(主催:独立行政法人 産業技術総合研究所 評価部)。最近の計量書誌学の動向についての講演や、科学論文データベースを用いた調査・分析のトライアル等が予定されているとのことです。

「科学情報の活用に関するワークショップ」開催のお知らせ(2009/04/24掲載)
http://unit.aist.go.jp/eval/ci/workshop2009.html

人名・組織名等を集約・共有することで、図書館や各関係者はどんな利益が得られるか?-OCLCがユースケースを分析

OCLCのNetworking Names Advisory Groupが2009年5月、異なるコミュニティが作成した人名・組織名等を集約し、ネットワークで共有する“Cooperative Identities Hub”構築を目指す場合にその要素となるもの、また解決すべき課題を特定すべく行った研究の成果をレポートとして発表しました。これは、大学図書館、研究者、アーキビスト、文書館利用者、機関リポジトリマネージャーの各々が、“Cooperative Identities Hub”にどのようにかかわるのかについて14のユースケースを組み立て、分析したものです。

OCLC Research releases new report: Networking Names [OCLC]
http://www.oclc.org/news/briefs/brief279.htm

NDL、 「リサーチ・ナビ」を公開

国立国会図書館(NDL)は、2009年5月11日、「リサーチ・ナビ」を公開しました。

リサーチ・ナビ
http://rnavi.ndl.go.jp/rnavi/

NISO、費用データを交換するCOREプロトコル草案を発表

米国情報標準化機構(NISO)は、図書館システム(ILS)や電子情報資源管理システム(ERMS)の間での費用・コストデータの交換を可能にする、CORE(Cost Of Resource Exchange)プロトコルの草案を発表しています。

2010年3月までトライアル期間となっており、参加館を募集しています。

NISO Announces Cost of Resource Exchange (CORE) Protocol as a Draft Standard for Trial Use
http://www.niso.org/news/pr/view?item_key=6395e18858981a8113beb1ddc8f6593bd83e840c

CrossRefの剽窃行為発見サービス"CrossCheck"への参加出版社が50社に

CrossRefは、2008年6月に正式サービス開始した剽窃行為発見サービス"CrossCheck"に参加する出版社が50社を超えたと発表しています。

CROSSCHECK PLAGIARISM SCREENING SERVICE ADDS 50th PUBLISHER
http://www.crossref.org/01company/pr/press043009.html

参考:
CrossRef、剽窃行為発見サービスを開始
http://current.ndl.go.jp/node/7715

「もったいない図書館」の矢祭町、「子ども司書」制度を開始へ

「もったいない図書館」で知られる福島県矢祭町が、「子ども読書の街づくり」事業を開始すると報じられています。町ぐるみで子どもの読書活動の支援体制を充実させることで子どもの学習能力を高めることを狙いとしており、独自の「子ども司書」認定制度のほか、小中学校と図書館のネットワーク化等が実施されるとのことです。「子ども司書」制度とは、司書業務に関心のある児童を対象に司書のノウハウを教える講座を開き、修了者を「子ども司書」に認定する、というものとのことです。

読書の街へ「子ども司書」制度 矢祭のもったいない図書館(2009年5月9日付け福島民報のウェブサイトの記事)
http://www.minpo.jp/view.php?pageId=4147&blockId=3191358&newsMode=article

英国図書館、ビートルズのジョージ・ハリスンの直筆歌詞を展示

英国図書館(BL)は、2009年5月8日から、ビートルズのジョージ・ハリスンの未発表の直筆歌詞の展示を開始しました。これはビートルズの公式伝記の著者でコレクターのHunter Davies氏が最近発見したもので、1967年に書かれたものと見られ、タイトルもつけられていないものとのことです。英国図書館では、ジョン・レノンの「Help」 やポール・マッカートニーの「Yesterday」等の直筆歌詞も所蔵していますが、これらビートルズ関連のコレクションの多くはDavies氏からの貸出しを受けているものとのことです。展示は「マグナ・カルタ」等を所蔵しているSir John Ritblat Galleryで行われるとのことです。

Mystery Beatles lyric is a dream display at the British Library
http://www.bl.uk/news/2009/pressrelease20090508.html