アーカイブ - 2009年 4月 30日

人文科学のテキスト符号化イニシアチブ(TEI)の符号化・交換ガイドラインを図書館はどう使うべきか?

人文科学のテキストの符号化(encoding)・交換(interchange)のための標準を定めるイニシアチブ“Text Encoding Initiative(TEI)”が2007年11月に定めたテキストのマークアップ方法等のガイドライン“P5”を、図書館、特に大規模デジタル化プロジェクトなどでどのように使えばよいのかを勧告する“TEI Text Encoding in Libraries: Guidelines for Best Encoding Practices”のドラフト版が、TEI図書館・電子図書館連合特別関心グループから発表されています。

DRAFT: TEI Text Encoding in Libraries: Guidelines for Best Encoding Practices
http://www-personal.umich.edu/~kshawkin/teiinlibraries/

TEI: P5 Guidelines
http://www.tei-c.org/Guidelines/P5/

UVa Library Etext Center: Japanese Text Initiative
http://etext.lib.virginia.edu/japanese/index.euc.html

総務省、利用者視点を踏まえたICTサービスに係る諸問題に関する研究会(第1回会合)を開催

総務省が2009年4月9日、利用者視点を踏まえたICTサービスに係る諸問題に関する研究会(第1回会合)を開催しました。今回の会合では、利用者視点を踏まえたICTサービスに関する諸問題(インターネット地図情報サービス(Googleストリートビュー等)、違法音楽配信、ライフログ活用サービスなど)、個人情報保護ガイドラインの見直しなどが議題にあがっています。同省ウェブサイトで資料が公開されています。

総務省|利用者視点を踏まえたICTサービスに係る諸問題に関する研究会 |利用者視点を踏まえたICTサービスに係る諸問題に関する研究会(第1回会合)
http://www.soumu.go.jp/menu_sosiki/kenkyu/11454_2.html

参考:
ユーザの行動履歴記録「ライフログ」の扱いに関する総務省、経済産業省の検討状況紹介記事
http://current.ndl.go.jp/node/12223

LCのIT戦略についての報告書(米国)

米国議会図書館(LC)のIT戦略について、LCの監察官(Inspector General)が2009年4月29日の下院の議院運営委員会の公聴会で報告を行っています。監察官による報告書がウェブ上に掲載されています。

Library Of Congress Needs IT Strategy (April 29, 2009付けNational Journal Onlineの記事)
http://techdailydose.nationaljournal.com/2009/04/library-of-congress-needs-it-s.php

PEERプロジェクト、リポジトリへの原稿デポジットの手続きと利用ログのハーベスティングに関する報告書ドラフト版を刊行

出版社、図書館、研究コミュニティの協同による、欧州における研究成果の出版・生態系を評価するPEERプロジェクトが2009年3月31日、リポジトリへの原稿デポジットの手続きと利用ログのハーベスティングに関する報告書ドラフト版を刊行しました。これは、各々のワークフローのベストプラクティスを確立することを目的として、複数の出版社との交渉を行った成果だとされています。

D2.1 Draft report on the provision of usage data and manuscript deposit procedures for publishers and repository managers - PEER
http://www.peerproject.eu/fileadmin/media/reports/PEER__D2.1.pdf

英国の歴代“Children's Laureate”5名が選んだ、偉大なる児童書35作品

英国の歴代“Children's Laureate”(Poet Laureate(桂冠詩人)に倣い、優れた児童書作家・挿絵画家に与えられる賞。1999年から隔年で選定)5名が選んだ、偉大なる児童書35作品が発表されています。これは、Children's Laureateの開始から10周年を記念して行われたもので、5名が7作品ずつ選定しています。1838年刊行の『オリバー・ツイスト』など、古典と呼ばれ得る作品が多く選ばれているのが特徴として挙げられています。

Children's laureates choose their classics | theBookseller.com
http://www.thebookseller.com/news/83723-childrens-laureates-choose-their-classics.html

鹿児島県立図書館の「自ら本に手を伸ばす子ども」育成事業

鹿児島県立図書館は、平成19年度から3カ年計画で、「自ら本に手を伸ばす子ども」育成事業を展開しています。

子どもたちの発達段階に応じた「読み聞かせ」等の読書指導技能のスキルアップを図る研修会を開催しています。

「自ら本に手を伸ばす子ども」育成事業について
http://www.pref.kagoshima.jp/kentosho/kodomo/mizukarahon.html

佐賀県立図書館、新型インフルエンザ発生時の臨時休館の可能性を通知

新型インフルエンザの流行を受け、佐賀県立図書館は県の対策の紹介とともに、万が一の際には感染予防及びまん延防止のために臨時休館する可能性があることを通知しています。

佐賀県の新型インフルエンザの対応について - 佐賀県立図書館
http://www.pref.saga.lg.jp/kentosyo/pig.html

このほか、図書館ウェブサイトトップページからの、パスファインダーや資料・情報源リストへの案内(福井県立図書館、青森県立図書館、鳥取県立図書館。ただし後2者は鳥インフルエンザ流行時に作成されたもの。)、県知事による呼びかけの紹介(三重県立図書館)など、関連する情報の提供を行う図書館も出てきています。

パスファインダーNo.25 新型インフルエンザについての情報 - 福井県立図書館
http://www.library.pref.fukui.jp/reference/pathfinder/pathfinder25.pdf
「新型インフルエンザ」 に関するweb資料紹介 - 青森県立図書館
http://www.plib.net.pref.aomori.jp/top/info/2008/infuru.html
新型インフルエンザから身を守る!(資料リスト) - 鳥取県立図書館

SPARCとACRL、SCOAP3に関するQ&Aを作成

高エネルギー物理学分野のコアジャーナルの予約購読にかかっていた費用を転用してオープンアクセス化することを目ざす、研究助成機関・研究図書館によるコンソーシアム“SCOAP3”に関するQ&Aを米国大学・研究図書館協会(ACRL)とSPARCが共同で作成し、公開しています。このモデルの周知や評価に役立てることを目的としており、「ビジネスモデルは?」「このモデルを図書館が支持することの意義は?」「SCOAP3を支持するために自図書館ができることは何か?」といった19の疑問に対する回答がまとめられています。

SPARC and ACRL release new SCOAP3 FAQ - More libraries commit to innovative new proposal with answers to key questions
http://www.arl.org/sparc/media/09-0428.shtml

SCOAP3 – Frequently Asked Questions and Answers
http://www.arl.org/sparc/publications/papers/scoap3_09april.shtml

参考:
E812(No.132)高エネルギー物理学は再び学術情報流通に革新をもたらすか?

福井県立図書館、「「福井県地域共同リポジトリ」への参加について」を発表

福井大学附属図書館が運営する福井県地域共同リポジトリ(CRFukui)に参加した福井県立図書館が、「「福井県地域共同リポジトリ」への参加について」で、その趣旨等を発表しています。

福井県立図書館の貴重資料データベースを世界に向けて発信!
「福井県地域共同リポジトリ」への参加について
http://www.library.pref.fukui.jp/guide/crfukui.html

福井県地域共同リポジトリ(CRFukui)
http://crf.flib.u-fukui.ac.jp/

参考:
公共図書館に機関リポジトリ
http://current.ndl.go.jp/node/4276

電子書籍をオンデマンドで印刷・製本・販売する“Espresso Book Machine”、英国でも話題に

Open Content Alliance(OCA)がデジタル化した電子書籍や、オンデマンド出版の大手Lightning Source社の電子書籍をオンデマンドで印刷・製本・販売する、米国On Demand Books社の機器“Espresso Book Machine(EBM)”が英国に上陸し話題になっているようです。導入したBlackwell社が、プレスリリースのページで各紙・誌の報道を紹介しています。

なお、このEBMを利用したオンデマンド印刷・販売に、米国の大手出版社10数社が試験的に参加する旨、Lightning Source社が4月16日に発表しています。

'ATM for book' launches 24 April
Blackwell Revolutionises Reading with Print-On-Demand Book Machine
http://bookshop.blackwell.co.uk/jsp/editorial/browse/espresso.jsp
(各紙・誌のニュースのほか、動画へのリンクも張られています。)

Googleブック検索和解案への回答期限が9月4日まで延長

Googleブック検索和解案への回答期限が、米国連邦裁判所の決定により、2009年5月5日から9月4日に4か月延長することになったということです。

Extending notice on the Google Book Search settlement
- Google Pulic Policy Blog 2009/4/27付けの記事
(4/28のUpdateとして、裁判所の決定を掲載)
http://googlepublicpolicy.blogspot.com/2009/04/extending-notice-on-google-book-search.html

「インフルエンザ」をGoogleで検索する人の数から、インフルエンザの流行を推測

Google社が開設している社会貢献部門“Google.org”では、Google検索で「インフルエンザ」が検索される回数と、実際のインフルエンザとの流行との間に高い相関関係があることに注目し、米国各州におけるインフルエンザの流行を、従来のシステムよりも2週間早く予測する試み“Google Flu Trends”を行っています。このほど、同プロジェクトの一環として、豚インフルエンザ(swine influenza)の発生源とされるメキシコでの流行を予測する“Experimental Flu Trends for Mexico”が開設されました。

Experimental Flu Trends for Mexico - Google.org
http://www.google.org/flutrends/intl/en_mx/index.html

Explore flu trends across the U.S.
http://www.google.org/flutrends/
Google Flu Trends | How does this work?
http://www.google.org/about/flutrends/how.html
(※従来から開設されていた米国におけるインフルエンザの流行予測サイトとその解説)