アーカイブ - 2009年 4月 23日

ヴァーチャル・レファレンスに関する文献データベース

ラトガース大学コミュニケーション・情報・図書館研究学部(Rutgers University's School of Communication, Information, and Library Studies)が、ヴァーチャル・レファレンス(メール、チャット、IMなど)に関する論文・記事についての文献データベース"Virtual Reference Bibliography"を作成し、公開しています。

Virtual Reference Bibliography
http://vrbib.rutgers.edu/

参考:
学部名から「図書館」をなくすことにつき、地元図書館協会が反発(米・ニュージャージー州)
http://current.ndl.go.jp/node/11906

千葉大学附属図書館、2009年度授業資料ナビゲータ(PathFinder)を公開

千葉大学附属図書館が、2009年度授業資料ナビゲータ(PathFinder)を作成し、公開しています。

教員と図書館との協働作業として、教養コア科目の授業で学ぶ内容の基本的な知識が得られる情報源やキーワードをコンパクトにまとめたリスト(=パスファインダー)を提供しています。

OPACやデータベースへのリンクのほか、教員の論文については同大のリポジトリ"CURATOR"へのリンクも提供されています。

授業資料ナビゲータ(PathFinder)公開
http://www.ll.chiba-u.ac.jp/~news/modules/news/index.php?page=article&storyid=173

2009年度 授業資料ナビゲータ(PathFinder)一覧
http://www.ll.chiba-u.ac.jp/pathfinder/

授業資料ナビゲータ(PathFinder)の作成と活用
http://www.nii.ac.jp/hrd/ja/literacy/h20/txt4.pdf
http://www.nii.ac.jp/hrd/ja/literacy/h20/curritxt.html

参考:

シアトル公共図書館、市の財政難のため夏休みに1週間、休館へ

財政難による予算不足のため、シアトル市長が、市職員30名のレイオフとともに、公共図書館を夏休みの1週間閉館する計画を発表しました。図書館側は当初、3%の予算削減指示を受け分館の開館時間を削減する案を提案しましたが、市長が図書館向けの予算を復活したことにより、開館時間短縮およびレイオフを免れ、1週間閉館と管理職の給与削減という形になりました。

Politics | City budget plan: 30 layoffs, 1-week closure for libraries | Seattle Times Newspaper
http://seattletimes.nwsource.com/html/politics/2009078866_citybudget18m.html

IPA、GPLバージョン3の逐条解説書(日本語)を公開

情報処理推進機構(IPA)が2009年4月23日、2007年6月にリリースされたオープンソースライセンス“GNU General Public License(GPL)”のバージョン3の逐条解説書(日本語)を公開しました。

ソフトウェアライセンシングとIPR関連情報
http://ossipedia.ipa.go.jp/legalinfo/
(※GPLバージョン3の解説書、日本語訳が公開されています。)

プレス発表 オープンソースライセンスGPLバージョン3の解説書を公開
~わが国初の詳細な条文解説書~ - 情報処理推進機構
http://www.ipa.go.jp/about/press/20090423.html

参考:
GNU GPL/LGPLバージョン3の日本語訳
http://current.ndl.go.jp/node/6423

SLA、協会認定のオンライン研修コースを非会員にも公開

米国に本部を置く専門図書館協会(SLA)が2009年3月24日、経済が厳しい中、情報専門家が新しいスキルを身につけ、組織の力を上げていくことを支援するとして、これまでは会員に限定していたナレッジマネジメント、著作権管理などに関するオンライン研修コース(有償)を非会員にも公開することにしたと発表しています。

Course Index - Special Libraries Association
http://www.sla.org/content/learn/courseindex/index.cfm

SLA Opens Certificate Programs to Non-Members - SLA Press Release - 24 March 2009
http://www.sla.org/content/SLA/pressroom/pressrelease/09pr/pr2906.cfm

2008年米国大統領選挙活動にインターネットが果たした役割に関する調査レポート

米国におけるインターネットの社会的影響について調査を行っているPew Internet & American Life Projectが2009年4月15日、2008年米国大統領選挙の選挙運動においてインターネットが果たした役割についての調査レポートを発表しています。インターネット利用者の74%(=全人口の55%)が、ニュースや選挙に関する情報を入手するためにインターネットを利用したという結果をはじめ、オバマ候補に投票した人とマケイン候補に投票した人との差異なども分析されています。

The Internet's Role in Campaign 2008 - Pew Internet & American Life Project
http://www.pewinternet.org/Reports/2009/6--The-Internets-Role-in-Campaign-2008.aspx

OPACに、利用者と図書館員は何を求めるか?-OCLCが報告書を刊行

OCLCが、これからのOPACの目指していくべき方向性を見極めるための調査を実施し、その成果を“Online Catalogs: What Users and Librarians Want”として公表しています。この調査は、Worldcat.orgの利用者と世界中の図書館員を対象として行われました。
調査の結果、

・その資料がニーズに合っているかどうかを決定する際、エンドユーザーにとて最も重要なのはメタデータの要素となる。

・適切な資料の特定を支援していくれるOPACがエンドユーザーに求められている。

・業務を支援してくれるようなOPACが図書館員に求められている。

といったことが明らかになったそうです。

Online Catalogs: What Users and Librarians Want
http://www.oclc.org/reports/onlinecatalogs/default.htm