アーカイブ - 2009年 3月 9日

NII、次期CiNiiを試験公開

国立情報学研究所(NII)が、次期CiNiiを試験公開しています。4月正式公開予定になっています。

CiNii - NII論文情報ナビゲータ[サイニイ]
http://ciexam.nii.ac.jp/

次期CiNiiを試験公開しました
http://ci.nii.ac.jp/cinii/pages/index.html#20090309

参考:
NII、次期CiNiiの各画面イメージとAPI機能の仕様を公開
http://current.ndl.go.jp/node/11912

書棚を模した外装で注目を集めていた図書館、新館は緑化で注目を集める(英国)

英国ウェールズのカーディフ公共図書館の新しい中央館が、2009年3月14日、オープンします。このカーディフ公共図書館は、新館完成までの仮の建物として、書棚を模した外装の建物でサービスを行い注目を集めていましたが、このたびオープンする中央館は、フットサル場と同じ広さの大規模な屋上緑化が注目を集めています。また、音楽資料コーナーに置かれたコンサート用小型グランドピアノや、家具類も注目の的だそうです。

BBC NEWS | UK | Wales | First look at new 'green' library
http://news.bbc.co.uk/2/hi/uk_news/wales/7929177.stm

March 08, 2009付けPeter Scott's Library Blogの記事

Googleウェブ検索、Google Scholar検索の結果にGoogleブック検索コンテンツも表示

Google社が、Googleウェブ検索、Google Scholar(学術文献)検索の結果として、適合する場合にはGoogleブック検索のコンテンツも表示するようにした、と発表しています。

Inside Google Book Search: From the Mailbag: Blending books when you want them
http://booksearch.blogspot.com/2009/03/from-mailbag-blending-books-when-you.html

2009年アジア太平洋図書館・情報教育国際会議(A-LIEP)会議録

2009年3月6~8日に筑波大学で開催されたアジア太平洋図書館・情報教育国際会議(A-LIEP)の会議録が公開されています。

Asia-Pacific Conference on Library & Information Education and Practice
(A-LIEP 2009)
http://a-liep.kc.tsukuba.ac.jp/proceedings/index.html

参考:
2009年アジア太平洋図書館・情報教育国際会議(A-LIEP)のプログラム
http://current.ndl.go.jp/node/11909

米Creative Commons、「著作権なし」のためのライセンスを策定

米国のCreative Commonsが、「著作権なし」であることを表示するためのライセンス“CC0 1.0 Universal”を策定しました。Creative Commonsにはこれまで、パブリックドメインであることを表すライセンス表示として“Public Domain Dedication and Certification(PDDC)”がありましたが、このPDDCが米国の法律に基づくものであったのに対し、CC0は全世界で著作権なしとして扱われるためのものとなっています。

Creative Commons - CC0 1.0 Universal
http://creativecommons.org/licenses/zero/1.0/

Creative Commons Legal Code

米国における機関リポジトリの課題

2008年にハーバード大学文理学部が、所属研究者の研究成果のオープンアクセス化を義務化し、大学の機関リポジトリで公開することを全会一致で採択するなど、米国では機関リポジトリの役割の重要性が改めて認識されているところです。しかしその認識に比して、コンテンツの量が増えていないなど、機関リポジトリに関する活動は依然として課題が多い状況とのことです。この理由と、今後取り組むべき方向性について、Library Journal誌が論評記事を掲載しています。端的には、「機関」の関与が低いということが、大きな課題として指摘されています。

Institutional Repositories: Thinking Beyond the Box - 3/1/2009 - Library Journal

知的財産戦略本部、「知的財産推進計画2008」の見直しに関する意見を募集

内閣の知的財産戦略本部が、「知的財産推進計画2008」の見直しに当たり新たに盛り込むべき政策事項について意見募集を行っています。

「知的財産推進計画2008」の見直しに関する意見募集
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/titeki2/pc/090302/090302comment.html

参考:
E805 - 知的財産戦略本部,知的財産推進計画2008を発表
http://current.ndl.go.jp/e805

ACLS、人文学書籍デジタル画像のXML化に関する同会の事例報告を公表

米国学術団体評議会(ACLS)が2008年、同会が有償提供している電子書籍“Humanities E-Book”2,200タイトルのうち20タイトルについて、アクセシビリティを高め利活用の可能性を拡大すべく、デジタル画像をXML化する実験を行いました。このほど、そのワークフロー、費用、利用者の評判に関して分析し、今後のXML変換やデジタル化について望まれることを提言するレポートが、同会から公表されています。

ACLS Humanities E-Book XML Conversion Experiment:
Report on Workflow, Costs, and User Preferences
http://www.humanitiesebook.org/HEBWhitePaper2.pdf

March 1st, 2009付けDigitalKoansの記事

青森県立図書館、自己評価の一環として利用者/非利用者アンケートを実施

青森県立図書館が、自己評価の一環として2008年に実施した、利用者アンケート、非利用者アンケート、市町村立図書館等へのアンケートの結果を公表しています。

青森県立図書館自己評価
http://www.plib.net.pref.aomori.jp/top/guid/hyouka.html

ALA、ARL、ACRL、Google Book Search和解の施行延期を求める意見陳述書を提出へ

米国図書館協会(ALA)、北米研究図書館協会(ARL)、米国大学・研究図書館協会(ACRL)の3団体が、Google Book Searchに関する和解に対して、施行を延期するよう求める意見陳述書を提出する予定であると報じられています。図書館や書籍市場の将来にとって大きな影響があると考えられ、とりわけアクセス性、プライバシー、知的自由、公平な取扱い、利用条件の5点について懸念があるとして、意見陳述書を提出することにしたとのことです。

Library Organizations To File Amicus Brief in Google Book Search Settlement - Library Journal
http://www.libraryjournal.com/article/CA6640461.html