アーカイブ - 2009年 3月 6日

緊急メンテナンスは終了しました。(3/6)

当サイトの緊急メンテナンスは3/6(金)午後8時07分に無事終了いたしました。
ご迷惑をおかけしました。

緊急メンテナンスのため、一時サービスを停止いたします。(3/6)

当サイト「カレントアウェアネス・ポータル」の緊急メンテナンスのため、3/6(金)19時にシステムを一時停止いたします。同日中に再開する予定です。

ご迷惑をおかけしますが、どうぞご了承ください。

Swets社、電子ジャーナル1万1千タイトルをiPhone/iPod Touchからアクセス可能に

学術雑誌の取次大手Swets社が、“SwetsWise Online Content”で提供している1万1千タイトル以上の電子ジャーナルについて、iPhone/iPod Touchからアクセス可能にしたと発表しています。

Swets - SwetsWise Online Content Available on Apple iPhone and Apple iPod Touch
http://www.swets.com/web/show/id=46021/langid=42/contentid=376

March 01, 2009付けPeter Scott's Library Blogの記事
http://xrefer.blogspot.com/2009/03/swetswise-online-content-available-on.html

BL、「第5回デジタルオブジェクトの保存に関する国際会議」の会議録を刊行

英国図書館(BL)が、2008年9月29日・30日に開催した第5回デジタルオブジェクトの保存に関する国際会議(International Conference on Preservation of Digital Objects: iPRES)の会議録を刊行しています。

Proceedings of The Fifth International
Conference on Preservation of Digital Objects
Joined Up and Working: Tools and Methods
for Digital Preservation
http://www.bl.uk/ipres2008/ipres2008-proceedings.pdf

参考:
第5回デジタルオブジェクトの保存に関する国際会議、BLで開催

ARL、“Bimonthly Report”誌を“Research Library Issues”に改題し電子版のみでの刊行に切り替え

北米研究図書館協会(ARL)が、これまで隔月で刊行してきた“ARL: A Bimonthly Report”誌を“Research Library Issues”に改題し、電子版のみでの刊行に切り替えることを発表しています。ARLは電子版のみでの刊行により、より多くの人に見られるとともに、講演音声を付録でつけるなど、新たな特徴を発揮できる、としています。

Association of Research Libraries :: Research Library Issues (RLI)
http://www.arl.org/resources/pubs/rli/

Research Library Issues, no. 262 (February 2009)

英国の9国立博物館・ギャラリーのデジタルコンテンツとユーザとを結びつけるサイト“Creative Spaces”

大英博物館など英国の9国立博物館・国立ギャラリーのデジタルコンテンツと、ユーザとを結びつけるウェブサイト“Creative Spaces”が立ち上がっています。これは、英国の全国博物館オンライン学習プロジェクトの一環として作られたもので、好きなデジタルコンテンツを集めたノートブックの作成、他の同好の士とのコミュニケーションができるようになっているほか、著名人が感銘を受けた博物館・所蔵資料について語る動画も公開されています。

Creative Spaces | Home | British Museum
http://bm.nmolp.org/creativespaces/

March 05, 2009付けPeter Scott's Library Blogの記事
http://xrefer.blogspot.com/2009/03/creative-spaces.html

図書館労働者に「星」を!-4月14日は全米図書館労働者の日(米国)

2009年、米国では4月12~18日が全米図書館週間(National Library Week)になっています。この週間には全国的なイベントとして、ヤングアダルト図書館サービス協会(YALSA)による「ティーン向け文学を支える日(Support Teen Literature Day)」(4月16日)とともに、「全米図書館労働者の日(National Library Workers Day;NLWD)」(4月14日)が開催されます。このNLWDは、ライブラリアンから学生スタッフまでを含む、すべての図書館労働者の貢献を顕彰するための日です。主催するALA-APAのウェブサイトでは、「あなたのお気に入りの図書館労働者に星をあげよう!」として、顕彰する図書館労働者(自薦も可)が募集されています。

大阪府の「国際児童文学館の中央図書館移転事業」予算に係る資料

大阪府が、国際児童文学館の所蔵資料を府立中央図書館に移転するための事業に関する予算編成過程に係る資料を公表しています。

大阪府予算編成過程公表 > 国際児童文学館の中央図書館移転事業
http://www.pref.osaka.jp/annai/yosan/cover/index.php?year=2009&acc=1&form=01&proc=4&ykst=1&bizcd=20090446&seq=1

ALA、図書館への資金提供拡大に向けたマスメディア戦略を展開

米国図書館協会(ALA)が、経済危機下における図書館の意義・役割を訴え、図書館への資金提供への理解を求めるべく、マスメディア戦略を活発に行っています。証券業界の自主規制機関である金融取引業規制機構(FINRA)の投資家教育財団による、偏りのない金融教育リソースを提供する図書館への助成事業“Smart Investing @ your library”が、米国の公共ラジオ局(NPR)の経済番組で取り上げられたほか、テレビ局・新聞社の経済ニュース等でも「経済危機下の図書館」に関するニュースが多く発信されています。これらのマスメディア戦略は主に、ALA公共情報局(PIO)が担っています。

ALA | Need accurate and free financial information? Ask a librarian

和歌山県、ふるさと納税制度を活かし図書館蔵書の充実へ

和歌山県では、ふるさと納税制度によって3000万円以上の寄附の申し出が寄せられています。この中から、1500万円を「県立学校の図書館の蔵書の充実」「県立図書館に特設コーナーを設置」に充てる計画を発表しています。

平成21年度当初予算・新政策 - 和歌山県
http://www.pref.wakayama.lg.jp/prefg/010400/yosan/h21tousho/h21top.html

「ふるさと応援寄附」を活用して行う県の取り組み - 和歌山県
http://www.pref.wakayama.lg.jp/prefg/furusato/kifumenu.html

ふるさと納税 平成21年度事業に2580万円活用 和歌山 - MSN産経ニュース