アーカイブ - 2009年 3月 23日

京都大学図書館機構、リンクリゾルバのAPIを使ったOPACから電子ジャーナルへのナビゲーション向上機能を試験公開

京都大学図書館機構が、リンクリゾルバのAPIを使ったOPACから電子ジャーナルへのナビゲーション向上機能を試験公開しています。

ある雑誌が京都大学で電子ジャーナルとして契約・提供されている場合、同大学のOPAC"KULINE"の雑誌書誌レコード上に、電子ジャーナルへのリンクを知らせる小窓が自動的に現れ、1クリックで電子ジャーナルにアクセスできるようになっています。

Serials Solutions社のリンクリゾルバ360LINKのXML APIを使い、実現しています。

KULINEから1クリックで電子ジャーナルへ - 京都大学図書館機構
http://www.kulib.kyoto-u.ac.jp/modules/bulletin/article.php?storyid=446

学術図書館のライブラリアンのための戦略的思考ガイド(米国)

米国図書館協会(ALA)傘下の米国大学・研究図書館協会(ACRL)が、現在の経済的な危機、テクノロジー革新の中で、学術図書館や大学図書館が変革していくためのライブラリアン向け思考ガイド、“ACRL 2009 Strategic Thinking Guide for Academic Librarians in the New Economy”を発表しています。これは企画当初、2009年3月12日から15日に開催されたACRLの全国会議において議論を活発にするための資料としてまとめられる予定でしたが、経済状況、政府の動き、高等教育における現状報告のはんらん、などの情勢変化を受けて方針を変換し、今回の形式での発表となったということです。

文化庁、「国語に関する世論調査」を実施

文化庁は1995年度から「国語に関する世論調査」を実施していますが、2008年度の調査が2009年3月20日から行われます。2008年度は、読書に関する意識や、インターネットで用いられる言葉についての意識、慣用句等の使い方に関する意識等について調査するということです。結果は2009年の夏ごろに発表されるということです。

「国語に関する世論調査」への御協力のお願い(文化庁)
http://www.bunka.go.jp/oshirase_other/2009/kokugo_yoronchosa.html

「国語に関する世論調査」
http://www.bunka.go.jp/kokugo_nihongo/yoronchousa/index.html

米ソニーとGoogle、協同でパブリックドメインの書籍50万点をデジタル化

米ソニー社とGoogle社が協同で、パブリックドメインの書籍50万冊をデジタル化し、ソニー社の電子書籍リーダー、PC用電子書籍閲覧ソフト(要登録)向けに無料提供を開始しました。World Street Journal紙をはじめとする各種メディアは、「Amazon/Kindleへの挑戦」と銘打って、このニュースを紹介しています。

Google eBooks :: The eBook Store at Sony
http://ebookstore.sony.com/google-ebooks/

Sony, Google Challenge Amazon - WSJ.com
http://online.wsj.com/article/SB123741774747277821.html

ヴァージニア工科大学図書館、90万ドル分の電子ジャーナル削減へ

ヴァージニア工科大学(Virginia Tech University)図書館が、約90万ドル(約9000万円)分の雑誌購読をカットする計画を発表しています。

これは、金融危機のあおりによる予算削減、電子ジャーナルのインフレを受けたもので、図書館は研究者に優先度の高いジャーナルを選定するよう求めています。

Libraries invite comments on reductions in serial subscriptions
http://news.lib.vt.edu/libnews/modules.php?name=News&file=article&sid=692

Serials review project - Virginia Tech University Libraries
http://www.lib.vt.edu/budget/

国立大学図書館協会、「オープンアクセスに関する声明」を発表

国立大学図書館協会が2009年3月16日付けで、オープンアクセスへの支持と促進を強く訴え、関係者(政府及び公的助成機関、研究者、大学・研究機関、学協会、出版社、大学図書館)に協同を呼びかける「オープンアクセスに関する声明~新しい学術情報流通を目指して~」を発表しています。

オープンアクセスに関する声明~新しい学術情報流通を目指して~
平成21年3月16日 国立大学図書館協会
http://wwwsoc.nii.ac.jp/anul/j/operations/requests/statement_09_03_16.pdf

同英語版
http://wwwsoc.nii.ac.jp/anul/j/operations/requests/statement_09_03_16_e.pdf