アーカイブ - 2009年 3月 17日

米国で2009会計年度包括的歳出法案が成立-州立図書館への資金提供拡大、NIHパブリックアクセス方針恒久化

米国で2009年3月11日、2009会計年度包括的歳出法案が上院で可決され、大統領署名を経て成立しました。この中には図書館関係への支出も含まれており、州立図書館機構プログラムへの1億7,150万ドル(前年度は1億6,086万ドル)、米国議会図書館(LC)の録音資料作成プログラムへの2,900万ドル(前年度は1,250万ドル)など、増額になったものが多く見られます。米国図書館協会(ALA)はこれを、図書館コミュニティの勝利として受け止めています。

また“Alliance for Taxpayer Access”によると、同法案により、米国国立衛生研究所(NIH)のパブリックアクセス方針の恒久化もなされたとされています。

図書館におけるゲーム購入、SNS利用は「公金の不適切な使用」?(米国)

米国ネブラスカ州で、ネブラスカ州図書館委員会(州立図書館機構)がおよそ1年前に購入したテレビゲーム機とソフトに対する支出と、Second LifeとFlickrのサービス利用に支払っている支出が、「公金の不適切な使用にあたる」と監査委員から指摘されるという事態が発生しました。テレビゲーム機等については本来、非営利の州立機関は支払う必要のない税金分も含めて支出されたことが無駄遣いと指摘され、また公共施設、公共サービスに従事する者の時間がSNS(料金を支払わないものも含め)やゲームに費やされることも「不適切だと思われる」と指摘されました。これに対し州立図書館長は、これらの技術の利用が一般的なものとなっていること、新しく、効果的なコミュニケーションや教育を可能にするものであること、SNSはマーケティングの重要なツールであることなどを文書で主張し、支出の正当性を訴えています。

日本の小説・ノンフィクションの翻訳版を米国の図書館に―ALAとトヨタ自動車が助成

米国コネティカット州のRowayton図書館は、米国図書館協会(ALA)とトヨタ自動車の助成により、同館の蔵書に、小説、ファンタジー、ミステリー、歴史、漫画など、多様なジャンルの日本の書籍の翻訳版50冊を加えたということです。

Rowayton Library receives Japanese translated books ALA/Toyota grant
- Willton VILLAGER 2009/3/17付けの記事
http://wiltonvillager.com/story/466587

Webcat日本語版、3/23から多言語対応

国立情報学研究所(NII)が、2009年3月23日からNACSIS Webcat日本語版の文字コードをUTF-8に変更すると発表しています。

<システム>Webcat日本語版の文字コード変更について
http://www.nii.ac.jp/CAT-ILL/2009/03/webcat.html

NACSIS Webcat
http://webcat.nii.ac.jp/

ユーザの行動履歴記録「ライフログ」の扱いに関する総務省、経済産業省の検討状況紹介記事

実生活やウェブ上での、ユーザの行動履歴記録「ライフログ」について、その活用可能性とプライバシー保護とを考慮したガイドライン策定を、総務省、経済産業省が検討している状況を紹介した記事(日経コミュニケーション誌2009年2月1日号に掲載)が、日経IT Proで公開されています。

事業化を阻む「ライフログ」のプライバシ問題:ITpro
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20090302/325729/

米Library Journal誌の「図書館界を動かした人、揺るがせた人」2009

米国のLibrary Journal誌が、2009年版「図書館界を動かした人、揺るがせた人(Movers and Shakers)」51名を発表しました。

今回の特徴として、2002年の開始以来初めて、米国・カナダ以外から受賞者が出ています。英国ハダースフィールド大学で表紙の色から検索できるOPACや、貸出履歴を活用したレコメンデーション(推薦)システムを開発したパターン(David Pattern)氏と、オランダ・デルフト市で、有料制にもかかわらず市民の80%が利用登録している「世界で最もモダンな図書館/図書館コンセプトセンター」“DOK”のマネージャーを務めているErik Boekesteijn氏ほか2名です。DOKのマネージャー3名は、RV車で米国、ジャマイカ、オーストラリアを横断して各地の大小さまざまな図書館を紹介するツアー(記録旅行)を行ったことでも知られています。

マイクロソフト「ぜんぶ検索」のベータ版を公開

マイクロソフトは2009年3月30日にポータルサイト“MSN Japan”をリニューアルします。正式公開に先立ち、このほど新サイトの試験公開が開始されました。新しく始まるサービスの1つである、ウェブ検索、画像、地図、動画、MSN相談箱などをまとめて一度に検索できる「ぜんぶ検索」のベータ版を試すことも可能です。

ぜんぶ検索
http://zenbu.jp.msn.com/default.aspx

ぜんぶ検索(説明ページ)
http://zenbu.jp.msn.com/about.aspx?form=HPEM

LibraryThing、小さな図書館の目録作成を手伝う「オフ会」を開催

バーチャル本棚を作成・共有できるソーシャルブックサイト“LibraryThing”が、小さな図書館の目録作成を手伝うイベント“Flash-Mob Cataloging Party”を開催しています。

「ライブラリアンについて知っておいてほしいこと」エッセイコンテスト(米国)

米国フロリダ州にある子供向け教育出版社であるSmart Poodle Publishing社は、過小評価されたり、ステレオタイプで判断されたりすることが多いライブラリアンの仕事の本当の素晴らしさを伝えるきっかけ作りのために、ライブラリアン自身が「ライブラリアンについて知っておいてほしいこと」をテーマにエッセイを書くコンテスト“What I Wish Everyone Knew About Librarians Contest”を昨年夏、スタートさせました。このほど第1回の受賞者が発表され、優勝者に500ドルが贈られました。

Winning Entries of the Smart Poodle Publishing Writing Contest for Librarians(出版社によるニュースリリース)

福岡県立大学、本を返却しない学生には卒業証書授与を保留する方針

福岡県立大学が、附属図書館の図書を借りたまま督促しても返却しない学生に対し、卒業証書の授与を保留する方針を打ち出している、と新聞各紙が伝えています。

福岡県立大:図書館の本、未返却学生は卒業証書渡しません 強硬策「社会人のルール」 - 毎日新聞
http://mainichi.jp/life/edu/news/20090305dde041040011000c.html
「本を返すまで卒業証書渡しません」 福岡県立大 - 朝日新聞
http://www.asahi.com/national/update/0305/SEB200903050002.html
本返さない学生に「卒業証書渡しません」福岡県立大 - 読売新聞
http://kyushu.yomiuri.co.jp/local/fukuoka/20090308-OYS1T00454.htm

Delicious、Flickr、YouTubeのタグの性格の違いは?

多くのユーザが参加しているソーシャルネットワーキングサービス(SNS)のうち、コンテンツへのタグ付けと共有を可能とするソーシャルタギングを提供しているDelicious、Flickr、YouTubeについて、そのタグの特徴を分析した論文が、D-Lib Magazine誌の2009年3/4月号に掲載されています。DeliciousではIT関連の用語がタグとして多く付与されており、また年を経ることにタグとして付与される語彙が少し変化しているなど、各々のサービスをよく利用している利用者(コミュニティ)の特徴がタグ付与に反映されているという結果が報告されています。

Ying Ding et al. Profiling Social Networks: A Social Tagging Perspective. D-Lib Magazine. 2009, 15(3/4).

白黒二値画像とグレイスケール画像とで、OCRの正確さに差はあるか?(Nz)

ニュージーランド国立図書館が、2001年から実施している新聞デジタル化プロジェクト(ウェブサイト“Papers Past”で公開中)に関連して、デジタル化した画像をOCRを使ってテキスト化する際に、白黒二値(bitonial)画像とグレイスケール(greyscale)画像とで正確さにどの程度相違があるかを調査した結果を、D-Lib Magazine誌2009年3/4月号で発表しています。これによると、白黒二値の方が少し正確性が高いが、双方に有意な差は見られなかったとのことで、プロジェクトチームは同館に対し、当面は白黒二値でのデジタル化を続けることと、継続的に関連情報を収集しデジタル化方針をレビューすることを勧告しています。