アーカイブ - 2009年 12月 28日

2009年もご愛読いただき、ありがとうございました。

本年も「カレントアウェアネス・ポータル」をご愛読いただき、ありがとうございました。

本日、2009年12月28日が年内最後の記事更新日となります。新年は2010年1月4日より記事更新を再開いたします。

今後もより一層のコンテンツの充実に努めてまいりますので、引き続きご愛読のほど、よろしくお願い申し上げます。

イタリアの読書と図書館をめぐる状況についての記事

毎日新聞の記事で、イタリアの図書館や読書に関する事情が紹介されています。国立図書館の利用者減や予算減などに言及されています。

イタリア:書籍は売れるが、図書館利用者減少 予算も半減(毎日.jpの記事)
http://mainichi.jp/select/today/news/20091228k0000e030054000c.html

参考:
E940 - イタリアの図書館事情
http://current.ndl.go.jp/e940

廃刊になった地方紙のアーカイブを地域の図書館が引き受ける試み(米)

米国ミシガン州にあるアナーバー地域図書館が、2009年7月に廃刊になった地方紙“Ann Arbor News”のアーカイブの管理者となる契約を、アナーバー地域図書館とHerald Companyが交わしたということです。Ann Arbor Newsは174年の歴史があり、アナーバー地域図書館は100万オブジェクト以上から成る新聞アーカイブをデジタル化することが可能になる予定です。ただし、新聞全てについてデジタル化する権利はHerald Campanyが保持します。この契約に関し、アナーバー地域図書館の関係者は、「Ann Arbor Newsのオーナーが、新聞が廃刊になってもその情報遺産を生き続けさせられる組織として、地域の公共図書館を見なしてくれたことが非常に光栄である。他の新聞もこの動きに続いてほしい」とコメントしています。

【イベント】DAISYの活用についての国際シンポジウム(2月・東京)

視覚障害などを持つ人の読書を支援するシステムである「DAISY(デイジー)」に関する国際シンポジウム「デイジーの活用による情報アクセスの保障と促進」が、財団法人日本障害者リハビリテーション協会の主催により、2010年2月19日に東京の日本財団ビルで開催されます。海外のDAISYの研究開発の専門家の講演とともに、日本におけるデイジーの普及についての関係者による意見交換が予定されており、パネルディスカッションには長尾真・国立国会図書館長も参加する予定とのことです。

国際シンポジウム「デイジーの活用による情報アクセスの保障と促進」
http://www.normanet.ne.jp/info/seminar100219.html

Amazon.com、クリスマス1日の販売数は印刷書籍よりも電子書籍

米国のAmazon.com社は、2009年12月25日に電子書籍の販売数が物理的な印刷書籍の販売数を初めて上回ったと発表しています。

Amazon Kindle is the Most Gifted Item Ever on Amazon.com(Amazon.comのニュースリリース)
http://phx.corporate-ir.net/phoenix.zhtml?c=176060&p=irol-newsArticle

クリスマスの売上、電子書籍が紙の本を超える 米アマゾン・ドットコム(AFPBB News 2009/12/27付けの記事)
http://www.afpbb.com/article/economy/2678141/5091296

LC、Internet Archiveと協力して歴史的書籍数万冊をデジタル化

米国議会図書館(LC)は、Internet Archiveと協力し、19世紀から20世紀初頭の書籍を中心にした約6万冊のデジタル化に取り組むということです。今回デジタル化されるのは、歴史家や作家、系図学者らに高く評価され、人々にも求められている資料であるものの、老朽化し、壊れ易くなっている書籍です。デジタル化された書籍は、LCのウェブサイトで利用可能なほか、Internet Archiveのウェブサイトでも提供されます。また、LCの蔵書に加えて、Internet Archiveも参加する書籍デジタル化コンソーシアム“Open Content Alliance”の参加館の資料もデジタル化される予定です。