アーカイブ - 2009年 12月 15日

コロンビア大学、“Compact for OA Publishing Equity”への参加を表明

コロンビア大学が、オープンアクセス出版に関する共同支援組織“Compact for Open-Access Publishing Equity”への参加を表明しています。オープンアクセス誌の記事の著者に対して出版費用を援助することを目的としており、ハーバード大学、マサチューセッツ工科大学などが参加しています。

Columbia University Commits to Open-Access Publication Compact(コロンビア大学図書館のニュースリリース)
http://www.columbia.edu/cu/lweb/news/libraries/2009/20091211.compact.html

参照:
ハーバード・MITなど5大学がオープンアクセス出版の支援組織を結成
http://current.ndl.go.jp/node/14504

「多くの書籍を所蔵する図書館」よりも「場所としての図書館」としてのあり方を重視(米国)

米国のインディアナ大学の支部図書館の1つが、現物の資料を別の場所に移動させて場所を確保し、カフェやグループ学習エリア、コンピュータエリアを広く取った図書館へとリニューアルされるということです。図書館には核となるコレクションとして35,000冊の資料は残されますが、65,000冊が別置されます。インディアナ大学の図書館の関係者は取材に対し、「現物の資料を少なくし、学習スペースをより広く取るのが最近のトレンドだ」とコメントしています。

Libraries get technological touch
- INDIANA DAILY STUDENT 2009/12/14付けの記事
http://www.idsnews.com/news/story.aspx?id=72608

Renovations at Indiana University: Libraries Get Technological Touch
- Resource Shelf 2009/12/11付けの記事
http://www.resourceshelf.com/2009/12/11/libraries-get-technological-touch/

参考:
CA1668 研究文献レビュー 学習・教育基盤としての図書館
http://current.ndl.go.jp/ca1668

フランス、文化遺産のデジタル化に約1000億円を投入へ

フランス政府が、文化遺産のデジタル化に7億5000万ユーロ(約975億円)を投じると報じられています。大規模な官民のパートナーシップにより、図書館・博物館・美術館・文書館などの資料をデジタル化するとのことです。45億ユーロを投じる高速インターネット整備計画の関連で行われるようです。

France earmarks millions to digitise treasures(2009/12/14付け)
http://news.yahoo.com/s/afp/20091214/tc_afp/francetechnologyinternetbookscompanygoogle

France to Digitise Treasures; Frederic Mitterrand Meets with Google V.P. David Drummond(2009/12/14付けResourceShelfの記事)
http://www.resourceshelf.com/2009/12/14/france-to-digitise-treasures-frederic-mitterrand-meets-with-google-v-p-david-drummond/

Ref:
フランス大統領、国債による資金で書籍をデジタル化すると発言

様々なオープンアクセス百科事典の取組

編集作業が開かれており、無料で利用可能で、項目数も莫大なWikipediaと、有料だが、一流の専門家の編集による事典としての品質をアピールするEncyclopaedia Britannicaの2つの方向性が注目を集めています。このほど“INSIDE HIGHER ED”に、高い品質のオープンアクセス事典を作る試み、項目の少ない質の高いオープンアクセス事典を統合し、百科事典にする試みなど、Wikipediaとは異なるオープンアクセス事典の方向性を紹介する記事が掲載されました。

Open Access Encyclopedias
- INSIDE HIGHER ED 2009/12/14付けの記事
http://www.insidehighered.com/news/2009/12/14/encyclopedias

IBM、エジプト国立公文書館とデジタル化の共同プロジェクトを開始

IBMは、エジプト国立公文書館と資料のデジタル化に関する共同プロジェクトを開始すると発表しています。構築されるデジタルアーカイブは、2,500万件以上のレコードを有する世界最大級のものになる見込みだとのことです。IBMとエジプト政府との提携は2005年6月に合意に至っており、このほどプロジェクトの準備段階が完了したため、次なる段階へと進むことになったようです。

IBM Helps the Egyptian Government Preserve National Archives(IBMのプレスリリース)
http://www-03.ibm.com/press/us/en/pressrelease/29026.wss

OCLC、誰でも利用できるAPI“WorldCat Basic API”を公開

OCLCが、WorldCatのデータを活用するためのAPI“WorldCat Basic API”を公開しています。これは従来の“WorldCat Search API”を簡略化したもので、登録すれば誰でも利用でき、非商用であれば一日1000クエリまでの利用が可能とのとのことです。

WorldCat Basic API now available(2009/12/10付けOCLC Developer Network Blogの記事)
http://worldcat.org/devnet/blog/2009/12/worldcat_basic_api_now_availab.html

WorldCat Basic API
http://worldcat.org/devnet/wiki/BasicAPIDetails

Let Your Developer Friends Know! It’s Here! The Basic WorldCat API(2009/12/14付けResourceShelfの記事)
http://www.resourceshelf.com/2009/12/14/let-your-developer-friends-know-its-here-the-basic-worldcat-api/

参考: