アーカイブ - 2008年 9月 18日

参照文献をフィールド単位に分割しXML化するオープンソースのウェブツール“FreeCite”

米国のブラウン大学と民間企業が、アンドリュー・メロン財団の助成を得て作成した、送信されてきた参照文献記述を解釈してフィールドに分割しXML形式にして返送するというオープンソースのウェブツール“FreeCite”が公開されています。

FreeCite
http://freecite.library.brown.edu/

September 17, 2008付けCatalogablogの記事
http://catalogablog.blogspot.com/2008/09/citation-software.html

JISC、エンタープライズアーキテクチャ等4点のブリーフィングペーパーを刊行

英国情報システム合同委員会(JISC)が、エンタープライズアーキテクチャの概要紹介、テキストマイニングサービスを提供している国立テキストマイニングセンターの紹介、の2点の新規ブリーフィングペーパーと、テキストマイニング、国立グリッドサービスの2点の既存ブリーフィングペーパーの改訂版を刊行しています。

Enterprise Architectures: an introduction
http://www.jisc.ac.uk/Home/publications/publications/bpenterprisearchitecturev1.aspx

National Centre for Text Mining: an introduction to tools for researchers

TRCデータ部ログ、雑誌MARCの概要と作成工程を連載で紹介

図書館流通センター(TRC)社が開設しているブログ「TRC データ部ログ」で、同社が2008年4月から作成を開始した雑誌MARCの概要・作成工程を紹介する連載が始まっています。

企画記事 雑誌データ概論 - TRC データ部ログ
http://datablog.trc.co.jp/cgi-bin/mt/mt-search.cgi?tag=%E9%9B%91%E8%AA%8C%E3%83%87%E3%83%BC%E3%82%BF%E6%A6%82%E8%AB%96&blog_id=1

LCのオーディオ・ビジュアル保存センターに新センター長

米国議会図書館(LC)が2007年7月にバージニア州カルペパーのパッカード・キャンパスにオープンさせた国立オーディオ・ビジュアル保存センターの新センター長として、2008年9月、Patrick Loughney氏が着任したとLCが発表しています。同氏はかつて約10年間、同館で映像・録音資料部門の長を務めた後、ジョージ・イーストマン・ハウス美術館で動画担当のキュレーターを務めるなど、動画・映像の保存に携わってきた専門家です。

Library of Congress Announces New Chief of the Packard Campus of the National Audio-Visual Conservation Center
http://www.loc.gov/today/pr/2008/08-159.html

研究者間の関係を樹形図で表すウェブサイト“Academia.edu”

世界中の研究者の関係を樹形図で表し、自分の研究関心に近い人を見つけたり、自分の研究関心に近い論文などを見つけることができるというウェブサイト“Academic.edu”が、現役学生や学術出版の編集者たちの手により、立ち上げられました。研究の関心領域と、大学名をキーにして、自分の関心領域からの学者界の広がりを、樹形図を辿って見ていくことができます。興味を持った研究者は、自分の業績や関心領域を登録し、樹形図に加わることもできます。

Academia.edu
http://www.academia.edu/

Academia.eduは研究者のためのGeni
- TechCrunch Japanese 2008/9/17付けの記事

死ぬまでに「読んではいけない」本10冊

英国タイムズ紙のオンライン版の記事に、死ぬまでに「読んではいけない」本10冊のリストが掲載されています。記事は、本を読むという行為は、その本の選び方によっては、私たちの時間と脳を浪費する可能性があり、大きな投資であるとし、投資の失敗を避けるためにこのようなリストを作成したようです。選ばれた10冊には、「ユリシーズ」「指輪物語」「誰がために鐘は鳴る」「失われた時を求めて」「戦争と平和」など、日本でもよく知られ、日本語訳も出ている本が多数、含まれています。

10 Books Not To Read Before You Die
- TIMES ONLINE 2008/9/17付けの記事

OCLC、WorldCat書誌レコードのフォーマット定義・データ作成ガイドライン資料を公開

OCLCが、WorldCat書誌レコードのフォーマット定義・データ作成ガイドライン資料(第4版)を公開しています。

OCLC Bibliographic Formats and Standards. Fourth Edition.
http://www.oclc.org/bibformats/default.htm

September 17, 2008付けCataloging Futuresの記事
http://www.catalogingfutures.com/catalogingfutures/2008/09/new-print-edition-oclc-bibliographic-formats-and-standards.html

WorldCat、iPhoneに対応

OCLCが、apple社の携帯電話iPhoneに対応したWorldCatインターフェースを公開しています。apple社のウェブサイトからリンクが貼られています。なお但し書きとして、「iPhone、iTouch以外のモバイルデバイスではうまく動かないところがあるかもしれない」と記載されています。

WorldCat(iPhone対応版)
http://mobileworldcat.org/

Apple - Web apps - WorldCat
http://www.apple.com/webapps/searchtools/worldcat.html

September 17, 2008付けCatalogablogの記事
http://catalogablog.blogspot.com/2008/09/iphone-app.html

ハリケーン「アイク」による図書館の被害、徐々に明らかに-屋根が吹き飛んだ図書館も

米国メキシコ湾岸を襲った大型ハリケーン「アイク」による図書館の被害状況が、徐々に明らかになってきています。テキサス図書館協会の速報によると、

・屋根から水が入りドアの下まで浸水。カーペットはずぶぬれ。(ハリス郡Evelyn Meador図書館)
・中央館は9月16日に開館し、分館も9月17日に開館予定であるが、市内のほとんどのバスが運休しているため、ILL担当職員が出勤できず、ILLは今週受け付けられない。(ヒューストン公共図書館)
・本館はリニューアル中であり、分館・仮設の建物で業務を行っていたが、仮設の建物が大きな被害を受けた。(パサディナ公共図書館)
・(大学および図書館が所在する)島に渡る道路が通行止めであり、島のインフラも復旧していない。建物は大丈夫だと思われるが、温度・湿度のため資料の状態が懸念される。(テキサスA&M大学ガルヴェストン子校図書館)

ドイツ発の学術・研究・教育情報共有コミュニティサイト“ScienceStage”

ドイツのeinheit.berlin社が、学術・研究・教育情報を共有できるコミュニティサイト“ScienceStage.com”を開設しています。自然科学・社会科学・人文科学の各分野を網羅しており、今は亡き哲学者へのインタビュー映像なども公開されている点が特徴的です。

sciencestage.com :increasing knowledge transfer:
http://sciencestage.com/

September 17, 2008付けPeter Scott's Library Blogの記事
http://xrefer.blogspot.com/2008/09/sciencestage.html