アーカイブ - 2008年 9月 17日

『カレントアウェアネス-E』135号発行

英国研究公正局、研究機関・研究助成機関向けの「研究における不正行為の調査手順」書を作成

英国の独立機関、研究公正局(UKRIO)が2008年8月、

・研究における不正行為が告発された際の完全・公平な調査を保証する
・合意が形成されている標準プロセスを用いて調査することにより調査ミスを減らすことができることを例示する
・大学・研究機関によって全国的に採用されている標準的な手順に従って調査が行われていることを被調査者に改めて保証する

の3点を目的とした、研究機関・研究助成機関向けの「研究における不正行為の調査手順」書を作成、公開しています。

UKRIO: Procedure for the Investigation of Misconduct in Research
http://www.ukrio.org/sites/ukrio2/the_programme_of_work/procedure.cfm

ハリケーン「アイク」、メキシコ湾沿いの図書館に被害をもたらす(米国)

2008年9月13日に米国テキサス州に上陸した大型ハリケーン「アイク」が、同州・ルイジアナ州のメキシコ湾岸地域の図書館に被害をもたらしています。3年前のハリケーン「リタ」の後、ルイジアナ州キャメロン郡に設置された仮設の図書館分館が全壊したほか、浸水した図書館、避難勧告のため状況はわからないが所在地区が大きな被害を受けているという図書館も少なからず発生しているようです。

Hurricane Ike Destroys Louisiana Library; Is Galveston Library Lost? - 9/16/2008 - Library Journal
http://www.libraryjournal.com/article/CA6596503.html

ALA、「セレブ」に図書館への愛を語ってもらうビデオシリーズを開始

米国図書館協会(ALA)の公共情報局(PIO)が、「セレブ」な人に図書館への愛を語ってもらうビデオシリーズを開始しています。第一弾はシンガーソングライターのリサ・ローブ(Lisa Loeb)氏です。ビデオは、YouTubeで見ることができます。

Singer-songwriter Lisa Loeb shares her love of libraries
http://www.pio.ala.org/visibility/?p=158

E833 - ユネスコ,情報公開法に関する報告書の改訂第2版を刊行

2008年3月18日,ユネスコは情報公開法に関する国際的な動向について調査した報告書“Freedom of Information: A Comparative Legal Survey(情報の公開:比較法調査)”の第2版を公開した。...

E835 - 世界図書館情報会議(WLIC):第74回IFLA年次大会 <報告> 

2008年8月10日から14日まで,世界図書館情報会議(WLIC):第74回国際図書館連盟(IFLA)年次大会が「国境なき図書館:国際理解への航 海(Libraries Without Borders: Navigating Toward Global Understanding)」をテーマとして,カナダのケベックシティ・コンベンション・センター(QCC)で開催された。150か国以上から 3,000名以上が参加し,日本からは,長尾真国立国会図書館(NDL)館長を団長とするNDLからの代表団7名を含め,30名以上が参加した。...

E834 - 紀要電子化の周辺には,どんな世界が広がっているか?<報告>

2008年9月2日・9月3日の両日にわたり,京都大学数理解析研究所(RIMS)の主催,国立情報学研究所 国際学術情報流通基盤整備事業(SPARC Japan)の共催でRIMS研究集会(第4回 SPARC Japan セミナー2008)「紀要の電子化と周辺の話題」が開催された。...

E832 - BL,2011年までのデジタル化戦略を発表

英国図書館(BL)はこのほど,2008年から2011年にかけてのデジタル化戦略を発表した。戦略は,(1) イントロダクション,(2) 今後3年間のわれわれの活動の要因と優先順位,(3) 指針,(4) 実施上の留意点,(5) 戦略の見直し,(6) 成果の評価という6つのパートから構成されている。...

E831 - ブックトラックで図書館広報?!

『図書館情報学用語辞典 第3版』(丸善,2007年)によるとブックトラックは,「図書館内で資料の運搬用に利用する台車」「資料の運搬以外にも,返却 された資料や新着資料の一時的な展示用,返却台用,整理作業中の資料の積載用,参考係用のレファレンスブックの積載用など,図書館で多様に利用されてい る」と説明される。日本では,この辞書の説明にあるとおりの仕方で利用している図書館が多いのではないだろうか。...

E830 - 経営破綻したカレッジ図書館の悲劇(米国)

米国アラスカ州にある私立のシェルドン・ジャクソン・カレッジは2007年6月29日,長年にわたる経営トラブルから資金繰りに窮し,突如,全教職員を解 雇し,運営を停止した。これに伴い,同校の附属図書館も閉鎖を余儀なくされたばかりか,空調設備の停止等により,多くの貴重資料を含む蔵書が危機に瀕する 事態に陥っている。この惨状を,American Libraries誌が報じている。...

E829 - Google,過去の新聞記事のデジタル化・オンライン提供に着手

Google社は2008年9月8日,新聞社や出版社と提携して,過去の新聞記事をデジタル化し,オンライン上で検索・閲覧可能にするプロジェクトを開始 した。Google社の最終目標は,同社が数十億ページあると試算する,あらゆる新聞の紙面にすべての人々がアクセスできるようにすることだという。...

図書館が情報提供していないのに、図書館のPCで火炎瓶作成方法を検索したことが容疑事実とされた「謎」(米国) ※訂正あり

2008年8月30日、火炎瓶を用いて米国の共和党全国集会を妨害しようと計画した容疑で、米国の一人の男性が逮捕されました。この容疑者の容疑事実の中には、公共図書館のPCを用いて、より効果的な爆発物の作成方法を検索し、メモしたということが含まれていましたが、当該の公共図書館は、令状なしに情報を提供することはなく、連邦捜査局(FBI)からの情報提供依頼はなかったと語っています。そのため、この容疑事実がどこから来たのかということについて、地元のラジオ局を中心に議論を呼び起こしていました。

全米25図書館でアフリカ系米国人野球選手に関する巡回展を開催

米国図書館協会(ALA)が、米国野球殿堂博物館(National Baseball Hall of Fame)と協同し、全米人文科学基金(NEH)の助成を受けて、全米25の図書館を巡回する展示「誇りと情熱:アフリカ系米国人野球選手の経験」を開催すると発表しています。この展示は、野球殿堂博物館で常設展示されているものです。多くは大規模な公共図書館ですが、大学図書館もいくつか含まれています。各図書館はNEHから、2,500ドルを開催費用として受け取るとともに、6週間の開催期間中、少なくとも2回、無料の一般向けレクチャー等を開催する、とのことです。

ALA | Twenty-five libraries selected to host "Pride and Passion" traveling exhibit

LCのWorld Digital Library構想に米州機構も参加

米国議会図書館(LC)のWorld Digital Libraryに、北・中・南米の35か国が加盟している米州機構(OAS)が参加することが、OASから発表されています。一度に35か国を代表するコンテンツが加わること、またこの中には非英語・非西洋の国が含まれていること、さらにOASの協力により7つの言語の専門家を確保できることが、重要な貢献とされています。ちなみに、OASの附属図書館であるコロンブス記念図書館は、ワシントンD.C.に所在しています。

OAS JOINS WITH LIBRARY OF CONGRESS ON WORLD DIGITAL LIBRARY ENDEAVOR
http://www.oas.org/OASpage/press_releases/press_release.asp?sCodigo=E-343/08

英国公文書館、第二次世界大戦について対話的に学べるオンラインサイトを開設

英国公文書館(NA)が、第二次世界大戦について、デジタル化された公文書・記録資料・録音資料をもとに学習できるウェブサイト“Learning Curve: World War II”を開設しました。公文書・記録資料に基づき、学習者が「なぜ、○○が起こったと考えられるか」を解き明かすといった課題が設定されており、インタラクティブに学べるようになっています。内容はKey Stage(KS)3~4(=日本の中学生・高校1年生)向けとされています。

The National Archives Learning Curve | World War II
http://www.learningcurve.gov.uk/worldwar2/default.htm

なおLearning CurveはNAが提供する学習コンテンツの総称で、このほかにも歴史や歴史上の人物について学べる数多くのコンテンツが提供されています。

The National Archives Learning Curve
http://www.learningcurve.gov.uk/

September 16, 2008付けPeter Scott's Library Blogの記事

UK PubMed Central、さらに発展へ

このほど、英国の政府機関、研究会議、慈善基金といった8つの研究助成機関が、UK PubMed Centralのウェブサイトをさらに充実させる3年計画に資金提供を行うことで同意したということです。このUK PubMed Centralの発展プロジェクトは、英国図書館(BL)、マンチェスター大学、欧州分子生物学研究所の欧州生命情報学研究所 (EMBL-EBI)によって実施され、下記の4点を目標にしています。

・米国のPubMedで利用可能な1,800万のデータに直接リンクを張る。
・テキスト分析やデータマイニングのツールを用い、研究論文から生物学に関連する情報を抽出する新手法を開発する。
・伝統的な雑誌文献には含まれないコンテンツへのアクセスを確保する。
・簡単に、直感的に使用できるインターフェースを開発する。

BLのプレスリリース

ウェブで自分の名前を検索したことがある人はどれくらい?

インターネットコムとgooリサーチが行った「web検索に関する調査」(全国10代~50代のgoo利用者1,060人を対象)によると、ウェブで自分の名前を検索したことがある人は半数近くの480人(45.58%)という結果になりました。そのうち、自分に関する情報が実際に見つかった人は、約6割にのぼったということです。

エゴサーチ経験者の6割弱が自身の情報を発見
http://japan.internet.com/research/20080916/1.html

高山市図書館、音楽配信サービスの提供を開始

高山市図書館が、音楽のストリーミング配信サービスを導入したと、複数のメディアで報じられています。ナクソス・ジャパン株式会社が提供する「ナクソス・ミュージック・ライブラリー(NML)」を導入したそうです。
なお同様のサービスは、岐阜市立図書館でもすでに導入しています。

33万曲以上を聴き放題:岐阜県の高山市図書館、音楽配信サービスを開始(ITMedeia 2008年9月16日記事)
http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/0809/16/news104.html

高山市図書館
http://www.library.takayama.gifu.jp/

ナクソス・ミュージック・ライブラリー(岐阜市立図書館)
http://lib-gifu.city.gifu.gifu.jp/notice-naxos.htm

世界恐慌から第二次世界大戦にかけての人々の生活の様子を記録した写真集を、LCが刊行

世界恐慌が起こった1930年代から、第二次世界大戦下の1940年代までにかけて、米国の人々の様子を写真で記録した「FSAプロジェクト」の写真を、米国議会図書館(LC)が写真集にまとめ、シリーズ“Fields of Vision”として刊行することになりました。写真集は撮影した写真家ごとに1冊にまとめられるとのことで、第1弾として3冊が発売されます。

FSAプロジェクトで撮影された写真は、現在LCが所蔵しており、うちカラーで撮影された約1,600点は、flickrで公開されています。

New Series "Fields of Vision" Features 20th-Century Photographers And Contemporary Writers
http://www.loc.gov/today/pr/2008/08-152.html

ページ