アーカイブ - 2008年 3月

3月 5日

図書館が開発中の研究ツール25

オンラインで学位を取る人のためのサイト"collegedegree.com"が、図書館が(協力して)開発中の研究ツール25を紹介しています。

25 Awesome Beta Research Tools from Libraries Around the World
http://www.collegedegree.com/library/college-life/25-awesome-beta

Vera Multi-Search: MIT

出雲市、全小中学校に読書ヘルパーを配置する方針

島根県の出雲市教育委員会は、2008年度から市内の全小中学校に「読者ヘルパー」を配置する方針を打ち出しています。

出雲市が読書ヘルパーを全小中校配置へ - 山陰中央新報
http://www.sanin-chuo.co.jp/news/modules/news/article.php?storyid=500478004

読書ヘルパー配置へ/行きたくなる図書室づくり進め/出雲市教委、新年度から - 島根日日新聞
http://www.shimanenichinichi.co.jp/kiji/show/1955

北海道教育委員会、「次代を担う子どもの心をはぐくむ北の読書プラン(計画案)」を公表

北海道教育委員会は、2008年度から5ヵ年の「次代を担う子どもの心をはぐくむ北の読書プラン(計画案)」を公表しています。

次代を担う子どもの心をはぐくむ北の読書プラン(計画案)について - 北海道教育委員会
http://www.dokyoi.pref.hokkaido.lg.jp/hk/sgg/move/dokusyo/keikakuan.htm

北の読書プラン:環境向上、全道で取り組み強化 道教委、5年計画案を策定 /北海道 - 毎日新聞
http://mainichi.jp/hokkaido/shakai/news/20080207ddlk01040149000c.html
新教育の森:ほっかいどう 北広島の取り組み 学校・学級間で新刊巡回 /北海道 - 毎日新聞

3月 4日

「L-1グランプリ2008 未来のスーパーライブラリアンは君だ」

3月24日の第34回ディジタル図書館ワークショップのパネルディスカッションとして「L-1グランプリ2008 未来のスーパーライブラリアンは君だ」が開催されるそうです。

「猫の司書さん」を開発した岐阜県立東濃実業高校の生徒と"Project Shizuku"の筑波大学図書館情報専門学群の学生がパネリストとして、また、コメンテータとして"Project Next-L"のメンバーが議論をたたかわすようです。

第34回ディジタル図書館ワークショップ
「L-1グランプリ2008 未来のスーパーライブラリアンは君だ」
http://www.dl.slis.tsukuba.ac.jp/DLworkshop/DLW-program.html

参考:
利用者がつながる図書館システムを作る試み「Project Shizuku」

茨城県立図書館、読み聞かせコンクールを開催

茨城県立図書館は、読み聞かせコンクール(2月2日に朗読部門、2月23日に自由部門)を開催しています。

「読み聞かせコンクール朗読部門」を開催 - 茨城県
http://www.pref.ibaraki.jp/hotnews/2008_02/20080206_01/
読み聞かせコンクール「自由部門」を開催 - 茨城県
http://www.pref.ibaraki.jp/hotnews/2008_02/20080227_02/

世界で最もヘンな書名コンテスト2008

Bookseller.comが、「世界で最もヘンな書名」に与えるダイアグラム賞(Diagram Prize for Oddest Book Title of the Year)の候補作を発表し、投票を受け付けています。結果は3月28日に発表されます。

ダイアグラム賞は毎年選考されており、昨年度は"The Stray Shopping Carts of Eastern North America: A Guide to Field Identification"(北米東部で迷子になったショッピングカート:フィールド識別のためのガイド)が受賞したそうです。

Oddest book titles prize shortlist announced

「図書館員」という職業に満足していますか?(米国)

Library Journal誌に、公共図書館で働く図書館員を対象とした職業満足度調査の結果が発表されています。全体の結果を見ると、70%近くが「とても満足」または「満足」と答え、約30%が「やや満足」または「不満足」と答えたということです。調査結果は、「職業の平等性」、「官僚的組織の苦境」、「切羽詰った予算」、「給与に対する不満」、「図書館学修士号(MLS)の強み」、「職業の寿命」といった観点からさらに詳しく分析を加えられています。

LJ Series "Job Satisfaction": I ♥ Librarianship
Library Journal 2008/3/1付けの記事
http://www.libraryjournal.com/article/CA6533042.html

参考:
“Library Journal”誌、図書館職員満足度調査を実施中

大手出版社、オーディオブックのコピー防止の段階的な廃止を検討

ニューヨークタイムズ紙が報じるところによると、Random House社、Penguin社など、世界を代表する大手出版社のいくつかは、ダウンロードしたオーディオブックに付されているコピー防止用のソフトを、廃止していく方針だということです。現在では、ダウンロードしたデジタルデータを、コンピュータ、iPod、携帯電話など異なる機器の間で自由にやり取りし、利用することや、そういったデジタルデータを共有するやり方がトレンドとなっており、これをオーディオブックにおいても実現していこうという意図があるようです。

Publishers Phase Out Piracy Protection on Audio Books
- New York Times 2008/3/3付けの記事

EUの研究・教育機関向け世界最速コンピュータネットワーク「GEANT」がグローバル化

EUは2008年2月29日、研究・教育機関向けに整備されてきたギガビットを超える世界最速のコンピュータネットワーク「GEANT」を、単一の地球規模の研究ネットワークを作り上げることに貢献するため、同種の世界中のネットワークへ解放することを発表しました。

EUのプレスリリース
http://europa.eu/rapid/pressReleasesAction.do?reference=IP/08/354&format=HTML&aged=0&language=EN&guiLanguage=en

“Facebook”にBLのページが登場

SNSサイトの1つ、“Facebook”に英国図書館(BL)のページが登場しています。“Facebook”の利用者からのBLに関する質問に対し、利用者同士が情報交換をしているほか、BLの担当者もその質問に答えるなど、コミュニケーションをしています。

FacebookのBLのページ
http://www.facebook.com/pages/The-British-Library/8579062138

British Library
http://www.bl.uk/

ウェブ上に「本」を作れるサービス「BCCKS」、オープンテストを開始

BCCKS社は、ウェブ上に本や雑誌を自分で作ることのできるサービス「BCCKS(ブックス)」のオープンテストを開始したと発表しました。現在このテストへ参加する会員の1次募集をしています。「BCCKS(ブックス)」はブログの作成と同じような手順で、日記、写真集、小説、レシピ集・・・といった内容を、ウェブ上に本や雑誌のように表示できるようにするサービスです。現在、実際の「BCCKS(ブックス)」もウェブサイトで公開されており、その使用感などが体験できます。

BCCKS
http://bccks.jp/

ウェブ上に「本」を作成--新コンセプトのブログ風サービス「BCCKS」、オープンテスト開始
- CNET Japan 2008/2/29付けの記事

3月 3日

2007年の不正アクセス行為の実情(日本)

国家公安委員会、総務省、経済産業省が2008年2月29日、2007年における不正アクセス行為の発生状況などを公表しました。これによると、2007年の不正アクセス行為の認知件数は1,818件で、2006年と比べると倍近くに増えているということです。不正アクセス禁止法違反による2007年の検挙検数は1,442件、全ての不正アクセス行為の様態は識別符盗用型で、その入手方法としては、「フィッシングサイトから」が大多数を占めたということです。

総務省(報道資料)
http://www.soumu.go.jp/s-news/2008/080229_6.html

フィッシングによる不正アクセスが急増、総務省などが2007年の状況を公表
http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2008/02/29/18633.html

ミシガン大学図書館、図書館サイトのコンテンツへのタグ付け機能“MTagger”をスタート

ミシガン大学図書館が、大学関係者に対し、図書館のウェブサイトのコンテンツへのタグ付け機能“MTagger”の提供を開始しました。今のところタグ付けができるのは、(1)図書館のウェブページの大半、(2)図書館目録の資料のページ、(3)デジタル画像コレクションの中の画像ページ、(4)図書館の学術出版局によって出版された電子ジャーナルの大半、だということです。

University of Michigan M Library
http://www.lib.umich.edu/

伝統ある学術雑誌出版社はオープンアクセスを受け入れているか?

オランダのSURF基金が、英国情報システム合同委員会(JISC)とSURFが定式化した、オープンアクセスに関する出版原則や出版ライセンスを、伝統ある学術雑誌出版社47社(現在はオープンアクセス誌を出版していない会社)が支持するかどうかを調査し、その結果をまとめた最終報告書“Acceptance of the JISC/SURF Licence to Publish & accompanying Principles by traditional publishers of journals”を公表しました。調査結果によると、この原則の一部あるいは全てを支持する出版社や、この原則に沿った形で出版ポリシーの変更を検討している出版社は増加傾向にあるということです。

ページ