アーカイブ - 2008年 3月 26日

TIFFに代わるデジタル画像マスターデータ用フォーマットとして最適なのは?

資料のデジタル化事業を進めているオランダ王立図書館では、現在、デジタル画像の保存用マスターデータのフォーマットとして、TIFFを用いていますが、デジタル化が完了する暁には650テラバイトものディスク容量が必要になる見込みです。そこで、保存戦略を見直すべく、TIFFの代わりとなり得る5つのフォーマットについて、標準性、ディスク容量、画像の品質、長期的な持続性、機能の各点からレビューし、その結果を報告書“Alternative File Formats for Storing Master Images of Digitisation Projects”として発表しました。

LibraryThingもリンク用APIを公開

Google Book Searchに続き、ソーシャルブックサービス“LibraryThing”も、ISBN、LC番号、OCLC番号から対応するLibraryThingのデータ(書誌データ、書影、レイティング、タグなどが表示されている画面)に遷移できるAPIを公開しました。

First cut: Works JSON API - Thingology Blog
http://www.librarything.com/thingology/2008/03/first-cut-works-json-api.php

JSON API Test
http://www.librarything.com/test_JSON.php

March 25, 2008付けCatalogablogの記事

スウェーデン国立図書館、OAI-PMH/ORE用のJavaライブラリを開発

スウェーデン国立図書館が、OAI-PMH(オープンアーカイブのメタデータの収集に関するプロトコル)及びOAI-ORE(オープンアーカイブのオブジェクトの再利用・交換に関するプロトコル)のためのクライアントAPIを含むJavaライブラリ“OAI4J”を開発、公開しました。

OAI4J: a client library for PMH and ORE
http://oai4j-client.sourceforge.net/

March 24, 2008付けCatalogablogの記事
http://catalogablog.blogspot.com/2008/03/oai-toolkit.html

参考:
CA1513 - 動向レビュー:OAI-PMHをめぐる動向 / 尾城孝一
http://current.ndl.go.jp/ca1513

エル・ネット事業が2007年度で終了

衛星通信を利用して、教育・文化・スポーツ・科学技術等に関する情報を、約350館の図書館を含む全国約2,000機関に発信していた文部科学省の事業「エル・ネット」が、2007年度をもって終了すると発表されています。

エル・ネット(el-Net:教育情報衛星通信ネットワーク)-文部科学省
http://www.mext.go.jp/a_menu/shougai/elnet/index.htm

LC、野球の歴史的資料に関するウェブサイトを開設

米国議会図書館(LC)は、写真、個人成績、公式ゲームガイド、新聞記事、映画、ベースボールカードといった、野球の歴史的資料を閲覧できるウェブサイト“Historic Baseball Resources”をスタートしました。このウェブサイトを参考にすることにより、19世紀から20世紀にかけての、米国における野球の発展の歴史を知ることができます。このウェブサイトの開設と呼応して、2008年4月4日には、ウェブ会議“Batter Up! Baseball at the Library of Congress”が開催される予定で、現在参加者を募集しています。

LCのニュースリリース
http://www.loc.gov/today/pr/2008/08-055.html

Historic Baseball Resources

ケータイで読む「絵本」

大日本印刷株式会社が、携帯電話向け電子書籍サイト「よみっち」で「ケータイ絵本」のジャンルを新設、コンテンツの配信を開始したということです。ケータイ絵本は、画面が静止画と文章で構成されており、紙芝居形式で楽しめるようになっています。今後は、プロの作品だけでなく、アマチュアからも作品を募集し、コンテンツとして発行していく予定だということです。

大日本印刷、携帯電話向け電子書籍販売サイト「よみっち」で『ケータイ絵本』を配信
- hon.jp DayWatch
http://hon.jp/news/1.0/0/1102/

『カレントアウェアネス-E』125号発行

E770 - NDL,和図書劣化に関する調査結果を公表

国立国会図書館(NDL)はこのほど,2005~2006年度に実施した和図書の劣化傾向に関する調査結果をまとめた『図書館調査研究リポート』No.8をウェブサイト「カレントアウェアネス・ポータル」で公表した。...

E769 - オープンリールテープデジタル化のための手引き

欧州連合(EU)の“Culture 2000”プログラムの支援のもと,視聴覚資料保存のための教育活動を行っている「TAPE(Training for Audiovisual Preservation in Europe:欧州における視聴覚資料保存のための研修)」が,オープンリールテープのデジタル化の手順を示した作業手引きを作成,ウェブサイトで刊行し た。この手引きはオープンリールテープに限らず,カセットテープのデジタル化においても多くの点で適用できるとのことである。...

E768 - LC,LCSHの事前結合/事後結合方式等に関するレポート公表

結合索引の作成方法には,事前に有意味な順序で索引語を並べる「事前結合索引法(pre-coordination indexing)」と,個別の検索要求発生後に演算子を用いて索引語を組み合わせる「事後結合索引法(post-coordination indexing)」の2種類がある。米国議会図書館(LC)の目録政策・支援局(Cataloging Policy and Support Office)は,米国議会図書館件名標目表 (LCSH)の事前結合/事後結合方式の是非などに関する検討を行い,このほどその成果として“Library of Congress Subject Headings Pre- vs. Post-Coordination and Related Issues”が公表された。この検討作業は,LC収集・書誌アクセス部長による2006年の指示に基づき実施されたものである。...

E767 - 図書館職員の職業満足度は?(米国)

米国のLibrary Journal誌は2007年2月,1994年以来13年ぶりに図書館で働く人々の職業満足度調査を実施し,その結果を公表した。また結果の分析を2007年10月,2008年2月,2008年3月の3回に渡り連載している。...

E766 - 中教審,生涯学習の振興に係る答申を提出

文部科学省が設置している中央教育審議会(中教審)は2008年2月19日,答申『新しい時代を切り拓く生涯学習の振興方策について~知の循環型社会の構 築を目指して~』を文部科学大臣に提出した。これは2005年6月に文部科学大臣から受けた諮問に基づき,国民の学習活動の促進や地域社会における子ども の育ちの環境改善等のための生涯学習の振興方策について,2006年12月に改正された教育基本法を踏まえて中教審生涯学習分科会が審議し,その提言をま とめたものである。...

E765 - オンライン時代,図書館と博物館はどのように使われているか?

米国の博物館・図書館サービス機構(IMLS)が,博物館・公共図書館の利用に対するインターネットの影響に関する調査報告書「相互連結:図書館,博物 館,インターネットの利用に関するIMLS全国調査(InterConnections: The IMLS National Study on the Use of Libraries, Museums and the Internet)」を刊行した。この報告書は,オンライン時代の今,どのように人々が情報を探すかを明らかにし,図書館・博物館とインターネットとの相 互関係について分析している。この調査はIMLSが2006年にノースカロライナ大学チャペルヒル校と共同で成人を対象に行った5つの調査の結果を基にし ており,それぞれの調査に対し1,000~1,600名が回答している。...