アーカイブ - 2008年 1月 25日

OAI準拠リポジトリのメタデータ分析ツールのアルファ版

オープンソースの電子図書館ソフト“Greenstone”を開発しているニュージーランド・ワイカト大学が、OAI準拠リポジトリのメタデータ分析(統計生成・ビジュアル化)ツールのアルファ版を公開しました。Metadata Analysis Tool - Alphahttp://www.nzdl.org/greenstone3/matOAI Visualisation Tool online - Greenstone Bloghttp://www.…

大学の「旗艦」としての大学図書館建築−ベルリンの大学図書館から

英国の大学図書館司書で図書館デザインのコンサルタントでもあるウィルソン(Alison Wilson)氏が、ドイツ・ベルリンの大学図書館建築を「大学の旗艦」と位置づけてレビューした写真入りレポートが、図書館情報専門家協会(CILIP)の機関誌“Update”に掲載されています。Re-thinking Berlin's…

LibQUAL+®、2月にワークショップを東京・大阪で開催

研究図書館のサービス品質を調査・分析するサービス“LibQUAL+®”が、2月27日に東京、2月29日に大阪で国際ワークショップ&シンポジウム「図書館利用者を知る:LibQUAL+®によるサービス評価」を開催すると発表しています。図書館利用者を知る:LibQUAL+®によるサービス評価http://project.lib.keio.ac.jp/a

[お知らせ]当サイトの紹介記事が『静岡新聞』に掲載されました。

当サイト「カレントアウェアネス・ポータル」を紹介する記事が、2007年11月26日、12月3日の『静岡新聞』に掲載されました。同紙の図書館関係記事を許諾を取ってウェブサイトに転載している静岡県菊川市立図書館菊川文庫のウェブページで見ることができます。当該の記事は共同通信社配信の…

図書館の「専門性の解体」の危機に対しCILIPが取る4つのアドヴォカシー

英国でも、地方政府の財政難のため、図書館の閉鎖、サービスの縮小、スタッフの削減、地元コミュニティへの委託などを提案されている公共図書館があります。このような、公共図書館の「専門性の解体(de-professionalisation)」に対し、図書館情報専門家協会(CILIP)がどのようなアドヴォカシ…

BL、電子化した「国の宝」5件の公開を開始

英国図書館(BL)は2007年春に電子化すべき「国の宝」を全英で募集し、2007年秋に5件の電子化すべき「国の宝」が選ばれました。このほど、これら5件のデジタルギャラリー"Turning the Pages 2.0″での公開がスタートしました。なお、電子化された5件とは・第二次世界大戦期のイラスト付き戦争記録…

Wikipedia創設者、「図書館員もWikipediaに貢献を!」

英国のInformation World Review誌が、Wikipedia創設者の一人で現在はWikia Searchを手がけているウェールズ(Jimmy Wales)氏の独占インタビューを掲載しています。この中でウェールズ氏は、図書館員・情報専門職に対し、記事編集のスキルをWikipediaコミュニティに教え、将来の標準を作り上げていく編集者…